tel

0120-916-570

toptel
buyingrecord_img
機 種 名
Galaxy Note9 SC-01L
金 額
31,000
買取店舗
《iPhone・スマホ・パソコン高価買取》リンクサスモバイル埼玉所沢店
買 取 日
2021年5月5日
買取種別
Galaxy

店舗からのメッセージ

GalaxyNote9シリーズのGalaxy Note9 SC-01L 128Gを宅配買取で買取させていただきました。
GalaxyNote9シリーズは、1回の充電で1日中しようできるバッテリーの持ちが良いというところがポイントです。
端末を詳しく見させていただきましたが、あまり使用感がなく、傷もありませんでした。
付属品も一緒に送っていただき、買取させていただきました。今回は、31,000円で買取させていただきました。
buyingrecord_img
機 種 名
Galaxy Note9 SC-01L
金 額
28.000
買取店舗
《iPhone・スマホ買取》リンクサスモバイル川崎店 
買 取 日
2021年4月14日
買取種別
Galaxy

店舗からのメッセージ

GalaxyNote9シリーズのGalaxy Note9 SC-01L 128Gを宅配買取を利用して、買取させていただきました。
2018年10月の発売直後に購入されたそうで、毎日使用されていたそうです。
ノート感覚で手軽に使用きるということで、今でも人気があるシリーズのひとつです。毎日使用していたこともあり、端末には数か所傷がついていました。
付属品は未開封のまま保管していたということで、今回は28000円で買取させていただきました。
buyingrecord_img
機 種 名
Galaxy Note9 SC-01L
金 額
30.000
買取店舗
《iPhone・スマホ買取》リンクサスモバイル川崎店 
買 取 日
2021年3月11日
買取種別
Galaxy

店舗からのメッセージ

GalaxyNote9シリーズのGalaxy Note9 SC-01L 128Gをお持ちいただきました。
このシリーズは、バッテリーの持ちがよく、1日中使用していても充電切れになる心配がありません。
買取を希望された方も、外出先で使用することが多かったようです。
そのため、端末全体的に移動時についたであろう、細かい傷が確認できました。今回は付属品もお持ちいただいたため、30,000円で買取させていただきました。
buyingrecord_img
機 種 名
Galaxy Note9 128GB
金 額
28,000
買取店舗
横浜関内店
買 取 日
2020年11月25日
買取種別
Galaxy

店舗からのメッセージ

スマホを持つ時代になっても、未だに手帳に書き込みたい!という方もいらっしゃるはず。そんな方の要望に応えるスマホはこれでしょう。
今回は、GalaxyNote9を売っていただきました。というのも、こちらをお売りくださったお客様が、まさにそうした使い方をされて いらっしゃったんです。既にGalaxy Note10+に機種変更されて、不要になったGalaxyNote9の店頭買取を希望されました。
待っている間にSペンをすっと出してメモをしていらして、紳士な風貌にとても似あっていたので印象的でした。
査定金額は細かな傷などがあったので、28000円を提示、OKをいただきました。
金額をお伝えすると同時に、Galaxyかなり使い込んでいらっしゃるんですか?と伺ったところ、Sペンの使いやすさは、スーツにずっと 入れている手帳みたいなもので、どうせ携帯電話を所持しなくてはならないのなら、手帳と電話を両立できるものがいいということで、 ずっとGalaxyを使っているそうです。
ある種のこだわりを持ちつつ、新しい機種が出ると、手帳を買い替えるかのように、機種変更 しているということで、目新しいもの好きではなく、Sペンの進化と手帳が変わったときのワクワク感をスマホで味わっていると聞き、 かっこいいなぁと思いました。
Sペン、始め出たときはやはりちゃんと反応しないときがあったり、書いた文字が読みにくいなど、文字を書くだけのツールとしては 不十分な印象でした。しかし、シリーズをかさねる毎に進化を遂げ、独自の機種に発展したと思います。画質の良いスマホを持ちたければ 通常のGalaxy。手帳感覚で書き込んだり、写真のレタッチや、イラストを描いたりと楽しみたい方はGalaxyNoteシリーズと、わかりやすい ファン層がついています。
スマホはスルスルと動いてなんぼ。一時はいろんな機能が乗っていたころもありましたが、今はまたシンプルに画像とスマホとしての 操作性を追求しているように思います。
Androidでポリシーを感じるのは、GalaxyとXperiaだなぁと勝手に感じています。それと、au独自ラインの ‎INFOBAR や、タフネスケータイ として根強い人気のTORQUEでしょうか。特にTORQUEは時計は絶対Gショック!というようなゴツくて衝撃などに強いものを選ぶ人に 人気ですね。INFOBARはガラホのみになってしまったので、個人的には少し残念だなあと思います。
こんな風に、それぞれのスマホの進化を見ていても、世代を象徴しているもの、頑として個性を変えずに一部の層をがっつり狙っていく ものかがわかりますね。さぁ、自分もポリシーを持った機種に変更したいと思ったら、不要スマホはリンクサスモバイルへ!