045-326-6922

toptel
buyingrecord_img
機 種 名
iphone6・64GB・docomo
金 額
6500円
買取店舗
横浜関内店
買 取 日
9月19日
買取種別

店舗からのメッセージ

iPhone 6 Plusと共に同時期に発表された商品になります。商品としての特徴については、旧来のiPhoneシリーズと比較した場合、性能を25パーセント増強し、グラフィック性能を50パーセント増強したモデルとして売りに出しました。この商品はモニターを大型化していく上でのプロトタイプと言ってよい商品でこれ以降iPhoneは液晶を大型化していきます。そしてこのモデルの特徴は薄さにあり、従来のiPhoneが厚みがあったのに対してこのiPhone 6は厚みを薄くしてかつバッテリー強化を施したモデルになります。これだけを聞きますと高額で買取をしている機種なのではないかと思われますが、実際の買取金額については新品でドコモ機種を除いて6,500円での買取、ドコモが1000円上増しの7500円、SIMフリーが1万2000円と言う金額です。これが中古となりますと傷が無いことが条件であれば、ドコモを除いた場合3500円、ドコモは4500円になりSIMフリーは8500円の金額での買取となります。この金額での買取となる理由ですが、これについてはiphone6自体が約6年以上前のスマートフォンであることから旧式化している点、アップデートしていない機種の場合、Wi-Fi通信システムにおける通信が旧型の通信システムしか使用できないため速度が遅い点が挙げられており、現在普及している高速通信システムを使用することが出来ないが故に価格が低下しているのです。また、iPhoneにはアップデートによりOSシステムを書き換えることが出来る機能があり、この機能を使用することで通信システムの他アプリの軌道の安定性や高速化を図ることが出来ます。しかし、このモデルはios13の提供対象外商品となっており、使用されているメイン基盤のOS自体も旧式化が伴うため買取価格が低下傾向にあるのです。つまり、アップデートにより次世代高速通信網が使用可能である機種であるはずなのに切り離された機種であるためiphone6を含めた以降のスマートフォンは価格が低下傾向にあるということです。その為、この金額での購入については妥当であると言え、6年以上前のスマートフォンですので傷が無い物でない限り高額では買取をすることが難しいということになります。その為新品でも買取が安いのは旧式化に伴いOSが対応できなくなってしまったモデル故の買取額低下になります。