045-326-6922

toptel
buyingrecord_img
機 種 名
Xperia 5 SO-01M
金 額
43,500
買取店舗
《iPhone・スマホ買取》リンクサスモバイル 横浜関内店 
買 取 日
2021年3月27日
買取種別
Xperia

店舗からのメッセージ

Xperia 5 SO-01M 64Gの買取を希望され、店頭にて査定させていただきました。
2019年に購入された端末で、とても丁寧に使用していたことが分かりました。端末には目立つ傷や細かい傷はありませんでした。
付属品がなかったため、今回は43,500円で買取させていただきました。
このお金は最新のiPhoneの購入費用に充てたいと、とても喜んでいただきました。付属品がある場合は、査定金額アップにつながりますので、自宅に保管されている方は、端末と一緒にお持ちください。
buyingrecord_img
機 種 名
Xperia5 SO-01M 64GB
金 額
21,000
買取店舗
横浜関内店
買 取 日
2020年11月21日
買取種別
Xperia

店舗からのメッセージ

リンクサスモバイル横浜関内店です。本日は「Xperia5 SO-01M」を買い取らせていただきましたので、商品の概要と買取価格を紹介します。
「Xperia5 SO-01M」は2019年11月1日にソニーより発売されたスマートフォンで、64GBのストレージと6GBのメモリを搭載しています。近年は128GBのストレージを搭載したスマートフォンが多いため64GBは低容量に思えますが、実際は64GBでも相当な数のアプリをインストールできるため、不便に思うことは少ないです。
なにより、Xperiaはソニーが提供しているだけありカメラの性能が高く、映画撮影用プロフェッショナルカメラ開発チームが画作り、操作画面を監修したシネマ撮影専用機能「Cinema Pro」を搭載しているため、カメラの性能は他のスマートフォンの追従を許しません。
カメラの画素数は約1220万画素と数字的にみれば他のスマートフォンと大差はありませんが、実感できる性能では大きな差がありますので、写真や動画にこだわる方はXperia5は非常に優れたスマートフォンになります。
また、通信速度に関しては受信時最大1576Mbpsのスピードが出るため、下手をすれば光回線よりも速いときがあります。このようにXperia5は非常に魅力的な機能を備えているため、総合的に上等なスマートフォンがほしい方におすすめの商品です。
カラーバリエーションは、ブルー、グレー、ブラック、レッドの四色で、四隅が丸みを帯びたデザインをしているため無骨な印象が緩和されています。そのため、女性が所持しても似合う製品です。
では、リンクサスモバイル横浜関内店が、いくらで「Xperia5 SO-01M」を買い取らせていただいたのかを紹介させていただきます。 リンクサスモバイル横浜関内店では、「Xperia5 SO-01M」のdocomoの64GBモデル傷なしの中古美品を40,000円で買い取らせていただきました。
こちらの商品は購入した日からケースに入れて使用していたようなので、ほとんど傷が無かったため40,000円という価格を付けさせていただきました。 他には、「Xperia5 SO-01M」のdocomoの64GBモデル中古傷ありの商品を、21,000円で買い取らせていただきました。こちらの商品はやや傷が目立ったため21,000円という価格になりましたが、製品を売っていただいた利用者は「傷ついてたからもっと安くなると思ってた」と言っており、買取価格に満足している様子でした。他には、故障してジャンク品となった「Xperia5 SO-01M」を5,500円で買い取らせていただいた実績があります。
このように、「Xperia5 SO-01M」は比較的新しいスマートフォンなので高価買取することが可能です。もし「Xperia5 SO-01M」を売ることを考えている場合は、ぜひともリンクサスモバイル横浜関内店へ査定・買取の依頼をしてほしいと思います。
buyingrecord_img
機 種 名
Xperia 5 SO-01M 64G
金 額
49,000
買取店舗
横浜店
買 取 日
2020年10月26日
買取種別
Xperia

店舗からのメッセージ

今回はdocomoでご契約されたXperia5 SO-01M 64Gのブラックを買い取らせていただきました。縦になが~い印象の現行最新機種のXperiaですね。
トリプルレンズカメラも搭載されており、音も画質もこだわりのあるスマホといえるでしょう。ソニー愛好者はまさにそういう部分を求めている 方が多いように思います。Xperiaを持っている人は、次もXperiaを選びがちですね。
AndroidはiPhoneほどガチガチに自社製品への囲い込みをして いない印象ですが、Xperiaを持っている人は、囲い込まれたわけじゃなく、ヘッドホンも、MP3プレーヤーもソニーだよという人が多い気がします。
こだわりをかなえてくれているのかもしれませんね。
さて、今回買い取らせていただいた機種ですが、SIMロックも解除されており、状態も中古としては非常に良かったことから、現状では中古の最高額 である49000円で査定、一発OKをいただきました。
Androidの良いところは何といっても、後から容量を足せるところですね。iPhoneは購入時に、自分はどのくらいの容量が必要だろう……と、数年後に 至る使い方まで予測しなければなりません。まさか1G以上も容量のあるスマホゲームに多数ハマってしまうとは!全然64GBじゃ足りないじゃないか!
ということは良くある話です。
Androidの場合、足りなくなったらSDカード(たいていmicroSDですが)を買い足せばいいだけの話です。中身を移し替えるのもさくさくなので、iPhone民 からするとうらやましい部分もあります。
逆にiPhoneのメリットもあります。iCloudというクラウドでデータを管理してくれる仕組みがあるので、もしスマホを落として見つからない等のトラブル に見舞われた際、新しいiPhoneで、最初にAppleIDを入れてしまえば、ホーム画面での配置などもかなり再現された状態で、以前のデータも引き継げる ことが多いです。
Androidの場合は、機種変が非常に大変だったりします。データそのものの以降は楽でも、アプリの引継ぎは個々にIDとパスが必要なものが多く、 またWi-Fi経由でもアプリ起動が出来るものもあれば、SIMが刺さった状態でないと引継ぎが行えないものなども存在します。Android端末をお持ちの方は、 機種変更される前に、今一度ご利用中のアプリの引継ぎ方法のご確認をお願いします。
いざ機種変しました!という後で、引継ぎが行えない!とあっては、 かなり課金したものなら尚更涙を呑む羽目になるのです。
下準備が大切なのは、スマホを売るときも同じです。データは消去しましたか?SIMロックは解除しましたか?付属品はそろっていますか?
そうした下準備が、査定に大きく響くのです。