045-326-6922

toptel
buyingrecord_img
機 種 名
xs_au_256GB
金 額
64320
買取店舗
横浜関内店
買 取 日
2020年9月25日
買取種別

店舗からのメッセージ

PhoneXSの買取相場は、35,000円弱から7万円程度の査定額が目安になります。 これはキャリアや容量のGB数、そして状態がポイントです。 まず、キャリアですが、docomoが若干高く、それ以外のauやSoftbankは安い傾向と言えます。 相場としては、中古の64GBと言う条件でそろえた場合、docomoが41,000円、それ以外のauやSoftbankは38,000円です。 これらはユーザー数やニーズによって買取に差があります。 ただ、iPhoneXSが利用できるSIMフリーのモデルがこれらのキャリアに関係なく利用できる(時にワイモバイルなど、格安SIMでも利用できてしまう)というメリットがあるため、最も高く買い取られる傾向です。 ちなみに金額は同じ条件であっても44,000円程度と、他のキャリアの1~2割程度高く買い取ってくれます。 そのため、売る際はSIMロックを解除してSIMフリーの状態にしてから査定を受けるのがオススメです。 シムフリーにして査定に臨んでみましょう。 容量も査定のポイントです。 iPhoneXSには64GB、256GB、512GBのモデルが展開されています。 使用済みの中古モデルでキャリアなどの条件を揃えた場合、64GBが43,000円程度、256GBが50,000円程度、512GBが55,000円程度です。 これらの査定額から見ると、容量が倍になっても査定額が倍になるということはありませんが、それでも各モデルに同士で1~2割程度の査定額の差が出ます。 最後のポイントが状態です。 iPhoneXSを査定に出す場合、新品(未使用品)、中古品、そして汚損、あるいは故障を伴うジャンク品に分けて査定されることがほとんどです。 これらについてまとめていきましょう。 まず、新品の場合は珍しく、ニーズも強いので64GBでも5万円~55,000円、256GBだと6万円以上、512GBは65,000円以上の買取金額が期待できます。 中古品は、使用済みのもので目立った汚損がないもの、ちょうどケースや画面のフィルムで保護されて使用されていたものをイメージしてください。 これは、64GBだと43,000円、256GBは5万円程度、そして512GBであれば55,000円以上の買取価格が期待できます。 最後のジャンク品、これは通常売ることが難しい場合もありますが、iPhoneXSであればそういったことはありません。 店舗にもっていけばきちんと査定してもらえます。 例え、汚損が激しく、画面が割れていたり、バッテリーの持ちが悪くなっていても64GBで35,000円、256GBで4万円程度、そして512GBで43,000円の査定が期待できるのです。 他の状態に比べて容量ごとの価格差の幅は狭く、全体的な価格は低い傾向ですが、きちんとお金にできます。 以上のことから、最高額の7万円以上の査定になるのは、SIMフリーのiPhoneXS 512GBモデルの新品で、最小額はdocomo以外のキャリアの64GBのジャンク品の35,000円弱です。 これらの金額を元に査定を受けてみましょう。 最近は宅配の査定を実施しているところもありますから、そういったものを検討するのもおすすめです。