『iPhone12リーク通信』iPhone 12とSamsung Galaxy S11にある理由から”デカいバッテリー”が搭載されてる!? | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel

iPhone 12とSamsung Galaxy11。スマホ界のTOP2とも言える超人気のiPhoneとギャラクシー。

OSは、iOSとAndroidと違えども日本をはじめ世界中のスマホフリークにとっては動向を要チェックせざるを得ない人気スマホです。

そんなiPhone 12とSamsung Galaxy11という、2020年(令和2年)の目玉とも言える新作モデルに、ある同じ理由から”デカいバッテリー”が搭載されるそうです。

ちなみにAppleは、次の2020年からリリースされるiPhoneシリーズで新しいテクノロジーを導入する可能性があり、SamsungはGalaxy S11だけでなく、Galaxy S11 PlusおよびGalaxy S11eで導入すると噂されています。

この記事では、噂の「バッテリー」についてと、搭載される理由について迫ってみたいと思います!!

さあどんな技術か、現時点でリリースされている情報から探ってみましょう!!

 

従来の50%小型で薄いNEW バッテリー保護モジュールの搭載

iPhone12

韓国のウェブサイト「The Elec」によると、Apple(アップル)とサムスンは今後の新作スマホのモデルで今までより更に小型のバッテリー保護モジュールを搭載する予定だそうです。

この超小型バッテリー保護モジュールの搭載により実現するのが、過充電および過放電の防止に役立つと言われていて期待できます。

更に大容量のバッテリーセルを入れるための大きなスペースが出来ることも意味するのです。

つまりは、今までのiPhoneやギャラクシーのスマホ本体サイズもしくはより小さいサイズで今まで以上のバッテリー容量が実装されるということです!

 

韓国のサプライヤー:ITMセミコンダクターが技術提供

韓国のサプライヤー:ITMセミコンダクターが技術提供

このバッテリー保護モジュールの技術をアップルとサムスンに提供するのは、韓国のサプライヤーであるITMセミコンダクターです。

別のレポートで、The ElecはこのITMセミコンダクターがGalaxy S11用にサムスンに新しいモジュールをすでに提供していると発表しています。

Appleは、2020年に、

  • ・5.4インチモデル1台
  • ・6.1インチモデル2台
  • ・6.7インチモデル1台

以上計4台の、ハイエンドモデルのiPhoneをリリースする予定です。

4つのデバイスはすべて、

  • ・OLEDディスプレイ
  • ・5Gサポート
  • ・新しいiPhone 4のような金属フレーム
  • ・最大6GBのRAM
  • ・最大3Dセンサー付きの3レンズリアカメラ

などを搭載する予定です。iPhone 11 Pro Maxのバッテリーは史上最大で、iPhone XS Maxよりも最大5時間長く充電できるようになるとされています。

 

iPhone12のリークの信憑性の結果

ファイルを持ちポイントを指し示すビジネスマン

iPhone12の発売前には様々なリークが飛び交っていましたが、2020年10月に発売されて以降、リークされた情報は正しかったのか。iPhone12のリークの信憑性の結果についてお伝えしていきたいと思います。

iPhone12発売に関する様々なリークは、おおむね当たっていたと言っても過言ではありません。iPhone12の名称、ラインナップはリークの結果通り。

カメラ機能、ディスプレイに関することなどもリーク通りの結果となっている一方で、細かな部分はやはり的中という訳にはいかなかったようです。

リーク情報は、公式アナウンスとは違うので、当たる当たらないがあるものとして、発売前のiPhoneに夢を膨らませてみるのも楽しいですね。

現在はiPhone13が発売され、次なるiPhoneのリーク情報が現れましたら、また紹介していきたいと思います。

 

まとめ

まとめ

最後に今回の記事の内容をまとめてご紹介しておきます。

  • ・同じスマホサイズで、より大容量のバッテリーを搭載可能になる!
  • ・ITMセミコンダクターがiPhoneとGalaxyに技術提供
  • iPhone 11 Pro Maxのバッテリーは史上最大で、充電あたりのiPhone XS Maxよりも最大5時間長くなる
 

 

«
買取強化商品