ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

iPhone6/6 Plusの買取依頼をする前にするべきこと

  2020/1/30


アイフォーン 6 6 Plusは、シリーズの中でも強い人気を誇っており非常に買取価格も高くなっている機種になります。

もちろん、他の最新機種に比べると安価ではありますが、使わずに家にあるiPhoneが高値で売れるのなら誰でも売りたいと思いますよね。

そんなときに気をつけていただきたいことが、アイフォーンのデータの保護です。

基本的に、アイフォーンは機種変をした際にデータの移行をするかと思います。

そしてデータがしっかりと移行されたことが確認できた時点で、古いiPhoneのデータは消す必要があります。

今回はその手順や注意点についてまとめていきたいと思います。

<h3>iPhone 6 6 PlusのiCloudと本体データを消す</h3>

iPhone 6 6 Plusには、基本的にiCloudと本体データの双方にデータが詰められています。

共有されているものもあれば分割されているものもあり、自分でも全てを把握しきれていない方も少なくないでしょう。

そこでできれば両方のデータを消したいわけですが、まずはiCloudの方から説明をしていきます。

iCloudのデータを消す場合、まずは設定の欄に入りユーザー名を選択します。

基本的には所有者の名前が書かれています。

ここにログインするためには、Apple IDが必要になりますので確認をしましょう。

その後、画面下のサインアウトを選択。

続いてiPhoneから消去の選択肢が出てきますのでこちらを選ぶと、再びApple IDを求められますので入力したのち、オフにするを選択します。

iCloudの作業は以上になります。

また、本体データに関しては設定の一般にログインしたのち、一番下のリセットボタンを押します。

すべてのコンテンツと設定を削除のコメントがありますのでこちらを選択すると、iPhoneを消去のコマンドが二回出てきます。

リセット後、iPhoneの初期画面に戻れば作業は完了です。



«