ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

iPhone 8 8 Plusを売る前にするべきこと

  2020/1/11


販売から3年以上が経ち、そろそろ買い替えを考える方、すでに買い換えており使わないiPhone 8  8 Plusが自宅にあるという方も多いですよね。

そんな方には、アイフォーンの買取をオススメしていますが、その際に本人でしておくべき作業がいくつかあります。

基本的にはデータを消すという作業ですね。

iCloudや本体に入っているデータ、さらにSIMカード自体を取り出しておくなどの作業も個人情報を守るためには欠かせない作業です。

ここでは、アイフォーン 8  8 Plusを売る前にはしておくと、買取時間が短くなり個人情報も確実に守ることができる方法や手順などについてまとめていきたいと思います。

<h3>iPhone 8  8 PlusのiCloudと本体データの削除</h3>

まずは、iCloudのデータですが、使ったことがないと思っている方も多いですが、実はiCloudには知らないうちに連絡先や写真データが入っているのです。

そんなiCloudのデータを消すためには、設定の中のユーザー名にログインをします。

Apple IDを入力することで中に入ることができます。

入れたら、一番下のサインアウトをタップします。

iPhoneから削除という選択肢が出ますので確認をした上でタップをすると、Apple IDが再び求められます。

入力した上でオフにするを選択すると、作業は完了です。

次に、本体リセットですがこちらも設定をタップし、一般にはいります。

一番下のリセットを選択すると、すべてのコンテンツと設定を削除という欄がありますのでこちらをタップ。

iPhoneを消去を二回選択すれば、購入当初と同じ白画面に【こんにちは】の文字が出てきます。

これで作業は完了です。



«