iPhone機種変更時の必須作業を徹底解説!iPhoneの機種変更でやるべきことを理解して スムーズな機種変更を実現させよう | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel
【iPhone機種変更 完全ガイド】買い替え前に絶対することまとめ

iPhone機種変更の際、機種変更前から機種変更後までやらなければいけないことが多すぎて、何ができていて何ができていないか分からなくなってしまいますよね?

iPhone機種変更において最も大変なのは、機種変更間をまたぐデータ移行の作業の多さです。

また、前のiPhoneから新しいiPhoneにデータを移す際に多くのトラブルが発生してしまいます。

本記事では、そんな方に向けてiPhone機種変更前にするべき準備作業と、iPhone機種変更後に行うべき処理作業をまとめて紹介します。

さらに、今簡単にデータ移行できる作業としておすすめの「クイックスタート」の方法も紹介します。

これからiPhoneに変える予定の方や機種変更を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まずは、二段階認証の再設定について確認しよう!

鍵のセキュリティイメージ

iPhoneの機種変更を行う場合、GoogleアカウントやAmazonアカウントへのログインの際に利用される二段階認証については注意が必要です。

機種変更前の旧端末で二段階認証の設定を削除、もしくは新端末の情報に設定をし直す必要があります。

こちらは設定をし忘れてしまった場合、二度とログインできなくなってしまうこともあります。

大切なのは、すべてのデータ移行などが完了し、当たり前に新たなiPhoneが使えるようになるまで、旧端末を手元に置いておくことです。

仮に設定をし忘れたとしても、旧端末が残っていればすぐに設定することができるので安心です。

iPhone買取などで端末を手放すようなことがあるとしても、二段階認証を確実に済ませるまでは手放さないように気をつけておきましょう。

 

アプリの引き継ぎは、iPhone機種変更前の必須作業

テーブルの上に置かれたスマホ

利用しているアプリの引き継ぎは、iPhone内にあるデータとはまた別物です。iPhoneの機種変更を行う前に、アプリごとに引き継ぎやバックアップを取る必要があります。

ゲームアプリなどであればまだ良いのですが、日常で使用頻度の高いLINEやメールアプリ、また仕事で活用している名刺管理アプリなどは、バックアップに失敗してしまうと大きな被害が出てしまいますので、注意して各作業を行いましょう。

ApplePayなどの電子決済アプリ・サービスは特に注意が必要です。残高の引き継ぎ方法などを念入りに確認して、トラブルが起きないように気をつけましょう。

 

LINEの引き継ぎ方法

line

スマホユーザーであれば、おそらく9割以上の方が利用しているであろうLINEですが、その引き継ぎを完了させるためには、多くの確認事項があります。

 

LINEの引き継ぎで引き継げる情報一覧

・プロフィール
・友だち、グループ
・トーク履歴
・タイムライン、アルバム、ノート投稿
・スタンプ、絵文字、着せかえなど(課金アイテム含む)
・LINEポイント、LINEPay残高
・Keep

等です。

 

各必須登録項目の確認

LINEアカウントを機種変更時に引き継ぐ場合、

・パスワード
・電話番号
・メールアドレス

を必ず登録しておく必要があります。各項目が登録されている事を必ずご確認の上、機種変更を行うようにしましょう。

 

~パスワードの確認方法~

1.LINEアプリの「設定」を開く
2.「アカウント」を開く
3.「パスワード」を確認し、登録を確認する

現在は登録時にパスワードの登録が必須になっているので、パスワード未登録によるトラブルは少なくなってきましたが、念のための確認を忘れずに行いましょう。

 

~電話番号の確認方法~

1.LINEアプリの「設定」を開く
2.「アカウント」を開く
3.「電話番号」を確認し、登録を確認する

仮に以前の機種変更などで電話番号が変更されたことがある場合は、そのことも注意して確認しておきましょう。

 

~メールアドレスの確認方法~

1.LINEアプリの「設定」を開く
2.「アカウント」を開く
3.「メールアドレス」を確認し、登録を確認する

こちらも同様に現在使用しているアドレスかどうかを確認しましょう。

もし登録されているとしても、今そのアドレスを使えなければ、再ログインができなくなってしまうので注意が必要です。

 

LINEの引き継ぎ作業

確認事項をすべて確認し終えてメモを取ったところで、機種変更前のiPhoneでLINEを開き「設定」から「アカウント引き継ぎ」を選択。「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。

機種変更後は、

1.機種変更後の新端末でLINEを起動する
2.「ログイン」を選択し、電話番号でログインをする
3.SMSメッセージで認証番号を確認し、入力する
4.パスワードを入力し、再ログインをする

※友達の自動追加やトーク履歴の復元は、適宜行っておきましょう。
※年齢確認はID検索を使用する場合に必要なので、必要な場合は済ませておきましょう。

 

Facebook・Twitter・Instagramの引き継ぎ方法

Facebook・Twitter・Instagram

多くの人と繋がることのでき、利用者も多いFacebook・ Twitter・Instagramの引き継ぎ方法は簡単です。

 

Facebook・Twitter・Instagramの引き継ぎで引き継げる情報一覧

どのSNSもアカウント自体は削除しない限り永久保存されているので、引継ぎが成功すればすべての情報はそのまま残ります。

 

Facebook・Twitter・Instagramの引き継ぎ作業

それぞれのSNSの引き継作業を行う前には、以下の2点の登録を確認しておきましょう。

・ログインID(登録しているメールアドレス、ユーザー名など)
・パスワード

これらの確認を済ませた上で、再ログインに向けての作業を進める必要があります。

1.機種変更後の新端末で利用するSNSを開く
2.ログインIDとパスワードを入力する

これだけで、すべてのアカウント情報を復元することができます。

 

TikTokの引き継ぎ方法

tiktok

若い人の利用者が圧倒的に多いTikTokですが、アカウントを作成している方は、この引き継ぎ方法を正確にチェックしておきましょう。

見るだけのアカウントであれば問題ないかもしれませんが、投稿をしている方はアーカイブがなくならないように作業に取り組みましょう。

 

TikTokの引き継ぎで引き継げる情報一覧

TikTokはアカウントそのものを削除しない限りアカウント情報が消えることはありません。

正しく引き継ぎをすることができれば、アカウント内のすべての情報はそのまま残ります。

 

TikTokの引き継ぎ作業

TikTokを引き継ぐ前に必ず確認しておかないといけない事項があります。

それはTikTokアカウントに紐づけて登録している登録情報が何なのかを把握しておくことです。

・電話番号
・メールアドレス
・LINE
・Twitter
・Googleアカウント
・Facebook
・Instagram
・カカオトーク

以上のいずれかで登録をしているはずなので、どの媒体を紐づけているかを確認しましょう。

この確認を済ませた上で、再ログインに向けての作業を進めていきます。

1.新端末でTikTokを開く
2.右下にある人物アイコンを選ぶ
3.上で確認した登録媒体の情報を入力し、ログインする

これだけで、すべてのアカウント情報を復元することができます。

 

PayPayの引き継ぎ方法

paypay

決済手段のひとつとして重宝されているPayPayも、機種変更の際に正しく引き継ぎをすることで、残高などをそのまま新端末で利用することができます。

 

PayPayの引き継ぎで引き継げる情報一覧

PayPayはアカウント自体は自分で削除しない限り勝手に消えたりはしないので、しっかり引き継ぎができれば、残高やクレジット情報など、すべての情報はそのまま残ります。

 

PayPayの引き継ぎ作業

PayPayを引き継ぐ前には、以下の2点の登録を確認しておきましょう。

・登録電話番号
・パスワード

これらの確認を済ませた上で、再ログインに向けての作業を進める必要があります。

1.新端末でPayPayを開く
2.画面下の「ログイン」を選ぶ
3.登録電話番号とパスワードを入力する
4.SMSメッセージを確認し、認証コードを入力して再ログインをする

これだけで、すべてのアカウント情報を復元することができます。

※もし、機種変更の際に電話番号が変わる場合は、引き継ぎ前に旧端末で新しい電話番号を入力する必要があるので注意しましょう。

 

iPhoneのクイックスタートは、簡単で確実にデータ移行できると利用者が急増中!

ひらめきのイメージ

iPhoneの機種変更時の必須作業として行う「データ移行」は、通常既存のiPhoneのバックアップをとり、新たなiPhoneにデータ移行を行うことで完了となりますが、クイックスタートは、既存のiPhoneと新たなiPhone同士をそばに置いておくだけで、データ移行が自動で行われるという画期的な機能です。

実際にクイックスタートを利用してデータ移行を行った人は、こんなに簡単にデータ移行できるなんて…と拍子抜けしてしまうほど、便利で簡単な機能なので、データ移行時に使わない手はありません!

ただし、クイック機能が使えるiPhoneは、iOS11より新しいバージョンであることなので、条件を満たす場合はぜひ、クイックスタートでデータ移行を行ってしまいましょう。

 

クイックスタートを利用する為の準備

クイックスタートを利用する為には、いくつか準備をする必要があります。

 

OSバージョン

機種変前の端末がiOS11より古いバージョンであれば、アップデートを済ませた上で機種変更を行う必要があるので、注意しましょう。

 

データ容量

機種変更前の旧機種から、新機種に送りたいデータの容量が、新機種で利用できるデータ容量を超えてしまう場合は、クイックスタートが利用できません。それぞれの容量を必ず確認しておきましょう。

 

WiFi接続環境

クイックスタートを利用する際に通信データ容量は膨大ですので、必ずWiFiの接続環境の中で行うことが大切です。

 

クイックスタートの使い方

クイックスタートの使い方は至ってシンプルで簡単なので、以下の手順で始めてみましょう。

1.機種変更後のセットアップがされていない新端末の電源を入れて、旧端末の近くにかざす
2.旧端末に表示された「新しいiPhoneを設定」を選ぶ
3.新端末に表示された円形のアニメーション映像を、旧端末のカメラで収める
4.新端末上で旧端末のパスコードを入力すれば、クイックスタートが開始される

もし途中で手順を間違えてしまった場合でも、新端末のセットアップをしなければ何度でもやり直すことができます。

もし、セットアップを済ませてしまった場合は、再度初期化をし直す必要があるので注意が必要です。

 

クイックスタート以外の従来からあるデータ移行

パソコンの前でスマホを見る女性の手

機種変更が完了したあとに行う必要があるバックアップを取ったデータを新しい端末に移行することは、クイックスタートが利用できれば自動で行うことができるので不要です。

しかし、従来からあるiTunesやiCloudを利用したデータ移行も行うことができるので、利用しやすいデータ移行方法を利用して行うようにしましょう。

 

iTunesを利用したデータ移行

新しいiPhoneをパソコンに繋ぎ、iTunesを開くことでデータが移行されます。

このデータ移行で注意が必要となるのは、iTunesの設定で自動同期をしないように設定しておくことです。

もし自動同期機能がオンになった状態でデータ移行を行った場合、新しいiPhone(データが何も入っていない)の空のデータをiTunesが同期してしまい、iTunes内のデータが空になってしまうのです。非常に発生件数の多いトラブルなので、必ず事前にチェックしておきましょう。

 

iCloudを利用したデータ移行

iCloudを利用したデータ移行は、新しい端末でiCloudにログインをする必要があるので、iPhone機種変更後はできるだけ早く取り組みましょう。

 

iPhone機種変更の前にバックアップをとっておくと何かの時に安心

スマホを握る手

iPhoneの機種変更時のデータ移行の方法として、クイックスタートの利用ができれば、改めてバックアップをとっておく必要はありませんが、もしもクイックスタートがうまくいかなかった時や、何か不具合が発生した時のことを考えて、バックアップは事前にとっておくのが安心です。

iPhoneの機種変更時に関わらず、iPhoneを利用しているなら常日頃から定期的にバックアップをとる習慣を身に着けておくと、いざという時に焦ることなく、データを取り戻すことが可能となります。

iPhoneのデータのバックアップは、最もトラブルが起きやすい作業でもあるので、トラブルを未然に防ぎつつ確実にバックアップをとる方法をお伝えしていきますね。

 

iTunesを利用してバックアップを取る場合

一番確実で安全な方法は、パソコン内のiTunesを利用してバックアップを取る方法です。

さほど時間もかからず、確実にデータを残しそれを確認することができます。iTunesを利用するバックアップ方法の手順は以下の通りです。

1.iPhoneをパソコンに繋ぎ、パソコンでiTunesを開く。
2.iPhone側で「このコンピュータを信頼しますか?」には、はい(もしくはYes)と答えて、パスコードを入力する。
3.iTunes画面にて、接続中のiPhoneデバイスを選択する。
4.右下に表示されている「今すぐバックアップをする」をクリックすると、バックアップを取ることができる。

作業はこれだけです。非常に簡単です。

 

自動バックアップ機能について

iTunes内で設定できる「自動バックアップ機能」はとても便利ですので、上手く活用しましょう。

WiFi接続がある状態でパソコンにiPhoneを繋いでいると、自動でバックアップを取ることができます。

定期的にバックアップを取り続けていくことが一番手間がかからず、安全性も高いです。

 

iCloudストレージを利用してバックアップを取る場合

iPhoneユーザーにはおなじみのiCloudを活用してバックアップを取ることもできます。この方法の場合、スマホ本体だけでバックアップが取れます。

バックアップ容量や通信状態にもよりますが、早ければ15分前後でバックアップが完了します。

ただし、無料で利用できる容量や、バックアップできるデータの種類に限りがあるため、多くのデータをバックアップする必要があれば多少の出費がかかりますのでご注意下さい

iCloudを利用するバックアップ方法の手順は以下の通りです。

1.iPhoneをWi-Fiに接続する。
2.「設定」アイコンから、自身のユーザー名を選択する。
3.「iCloudバックアップ」のチェックボックスをオンにする。
4.「今すぐバックアップを作成」を選択し、バックアップを取る。

バックアップの処理中は、WiFiの接続を切らない様にしましょう。バックアップが失敗する可能性もありますし、通信容量が膨大にかかってしまうこともあります。

また、iTunesを利用する場合と同等に、自動バックアップを設定しておくことで、充電中に自動でバックアップを取ってくれる機能がありますので上手く活用しましょう。

 

機種変更時に役に立つアプリとは?

スマホを見つめる男性

iPhone機種変更時に役に立つアプリがいくつかありますので、紹介していきます。ぜひ有効に活用していきましょう。

 

AnyTrans

iPhone機種変更におけるバックアップを手助けしてくれるおすすめのアプリです。

iPhone内のアプリを含む各種データ・ファイルを端末内アプリ⇔パソコン内で転送をすることができるので、非常に利便性が高いサービスです。

簡単な操作で、かつバックアップを簡単に行うことができるのでおすすめです。

 

Googleフォト

機種変更時に最も重要視される写真データの移行なら、Googleフォトアプリを利用するのもおすすめです。

外部クラウドのGoogleドライブを利用することで、iTunesまたはiCloudを利用したバックアップとは別のセカンドバックアップとして安全にデータ移行をすることができます。

 

新しい機種に合うケースなどのアクセサリを準備しておく

スマホのシリコンケース

iPhoneの機種変更の前には、新しい端末で利用するiPhoneケースなどのアクセサリを事前に準備しておきましょう。

これは機種変更後、アクセサリを準備するまでの短い時間でも破損などの危険性があり、可能な限り早急に使用を開始するべきだからです。

iPhoneで使用出来るケースにもいくつか種類がありますので、簡単に紹介していきます。

 

ハードケース

ハードケースのメリットは、iPhone破損トラブルへの耐久力です。とにかく硬い素材で作られている物が多く、素材保護に特化しているケースです。

ハードケースは、各モデルのサイズにぴったりフィットする場合が多く、サイズの互換性が高くないと、上手くハマらない場合があるので注意が必要です。

最近のものは硬くて薄い物が多いので、使いにくいといったこともありません。

但し、薄さを増した分、ケース自体が破損する確率は高くなっているので、どちらにしても大切に使ってあげることが良いでしょう。

 

ソフトケース

ソフトケースのメリットは、衝撃吸収力に優れている点です。

シリコンなどの柔らかい素材を利用しているので、落としてもその衝撃を吸収してくれる弾力性や柔軟性を持っています。

ハードケースと比べると、ケース自体も非常に壊れにくく衝撃に対しての耐久性があります。

一方で、高温や熱に弱い素材を使っている場合が多いので、そういった状況下に長く置いているとケースの劣化が加速してしまう事があります。環境に注意して使用していきましょう。

 

手帳型ケース

女性が手帳型ケースのスマホを持っている

女性を中心に一番人気と言っていいモデルが、この手帳型ケースです。そのメリットは、画面全体を含む端末自体を保護できることです。

画面保護だけでなく、iPhone自体に対しての保護力が高いので、傷などを付けないように綺麗に保つことができます。

また、手帳型を利用している人のほとんどは、ケース内側に定期券やカードを挟み込んでおり、生活をハックするのにも一役買っている優れものです。

あえてデメリットを考えるなら、他のケースより大きいことでしょうか。男性等に多い、ポケットにiPhoneを入れたい人は手帳型の大きさだと不便さを感じるでしょう。

尚、内側に挟むカードについては、磁気エラーに充分注意しましょう。

 

バンパー型ケース

最近は数は減っていますが、バンパー型ケースはデザイン性を最重要視しているケースです。

iPhoneの端末側面だけに取り付けることで、シンプルなアクセントをアピールしています。正直、保護力は非常に小さく装飾として利用する為のケースと言っていい物です。

近年のiPhoneモデルはそれ自体が非常にスタイリッシュなデザインになっており、バンパー型ケースに頼る必要が無くなってきたので、このケースの数自体が減ってきています。

 

iPhone機種変更をお得にするなら買取がおすすめ!

お金を持つ手

さて、iPhone機種変更の前にするべきバックアップとデータ移行について説明してきました。

では、実際にすぐ機種変更が出来るか、というとそんな事はありませんよね。iPhone機種変更において、最も弊害になるのが、販売価格の高さです。

特に、近年の最新機種は多機能である一方、簡単には手を出せない程の高額端末となっており、その資金を準備するのが大変ですよね。

そんな時に上手く活用するべきなのが、iPhone買取を業者にしてもらう事です。

iPhone買取を専門業者にしてもらうと、思った以上の売却額が手元に入ってきます。その金額を機種変更の購入資金の足しにする事で、iPhone機種変更をお得に進める事が出来ます。

 

iPhone機種変更に向けた買取店舗を選ぶ基準

ここではiPhone機種変更を少しでもお得にする為に役に立つ、買取店舗を選ぶ基準ポイントをいくつか紹介していきます。

 

・買取金額

まずは何より買取価金額を重視するべきでしょう。

それぞれの店舗のホームページには買取金額の一覧が記載されていますので、それらを比較検討し、金額の高い店舗を選びましょう。

また、記載されている金額が確実だとも限らないので、買取前に一度査定をして頂くのが良いでしょう。

一点注意するべきなのは、あまりに高すぎる買取金額の場合は少し注意をする必要があります。正しい取引を行っている店舗かどうかを念入りに確認する必要があります。

 

・買取実績

それぞれのホームページに記載されている買取実績も考慮するべきポイントの一つです。

買取実績が豊富な店舗=信頼感・安心感がある店舗という事になりますので、実績と金額を総合的に比較していきましょう。

 

・サービス

それぞれの店舗のスタッフのサービス対応も重要な要素の一つです。サービス対応とは、具体的に買取査定時の待ち時間や説明の丁寧さなどです。

機種変更前に納得の行く買取を実現する為に、お客さんに親切な店舗を選んでいきましょう。

 

・店舗のアクセス

店舗へのアクセスも注視するべきポイントの一つです。

更にもし可能であれば、機種変更をする店舗とのアクセスも併せて考慮していければベストでしょう。

家や職場、最寄り駅に近い場所を積極的に検討していきましょう。

 

iPhone機種変更前の買取なら、リンクサスモバイルがおすすめ!

リンクサスモバイル公式HPトップ

2020年4月現在、新型コロナウイルスが全世界に蔓延しています。そんな状況だからこそ、スマホを売る時は宅配買取がおすすめです。

 

スマホ需要が増加している

このご時世ですので、外出自粛が叫ばれています。皆さんは、家にいる時何をしていますか?おそらく多くの方がスマホを触っている時間が多いと思います。

つまり、以前よりスマホを使用する機会が増えていて、それはつまるところ、スマホの需要が高くなっている事を指しています。

そして、その高まるスマホ需要に対応する為に、業者は買取強化をし、スマホアプリでは活発に取引がされています。

もしスマホを売るかどうか迷っているのであれば、このタイミングで売るのがベストです。

 

自宅にいるままスマホを売る事が出来る

やはりウイルスに感染しない事が一番大切で、その為には宅配買取が一番ベストです。

査定から売却までの過程を全て郵送で済ます事が出来る宅配買取は、最も感染リスクが少なく安全な方法と言えます。

家にいる時間もいつも以上に長くなっていると思うので、少しでも高く売れる様に下準備を念入りに行いましょうね。

 

リンクサスモバイルの宅配買取がおすすめ!

日本全国からの宅配買取を送料無料で受けているリンクサスモバイルがおすすめです。

宅配買取分の査定マイナスも無く、査定から支払いまでの過程も非常にスピーディで満足のいく買取を実現する事が出来るのは、リンクサスモバイルです。

«
買取強化商品