045-326-6922

toptel

iPhoneは下取りで本当にいいの?au・docomo・SoftBank・Apple Storeと買取店「リンクサスモバイル」を比較!

  2021/3/23
iPhone trade-in

iPhoneを機種変更するときに、契約中のキャリアからおすすめされる「下取りプログラム」。新しい端末の購入代金が補えるのは良いものの、どこかに落とし穴があるんじゃないかと気になっている人も多いのではないでしょうか。

iPhoneは、正規で買えば10万円以上もする高級品。毎月、本体代金をコツコツ支払ってきたからこそ、しっかり価値を見極めて評価してくれるところに預けたいですよね。

そこで、

「本当に下取りでいいの?」

「もっと良い手放し方があるんじゃないの?」

とお悩み中のあなたへ、買取専門店「リンクサスモバイル」が適用条件や価格をご紹介。各キャリア(au・docomo・SoftBank・Apple Store)と買取専門店を対象に、どちらがあなたに向いているのかをお伝えします。下取り&買取の知識を深めて、今まで使ってきたiPhoneをあなたに最適な方法で手放しましょう!

iPhoneの下取りは次の契約のためのもの

iPhoneが買える業者だけの特別プログラム

iPhoneの下取りとは、次の新しい契約に役立てるために手元の端末を手放すこと。大手キャリア(au・docomo・SoftBank)やApple Storeなど、iPhoneの販売&利用を実施する業者だけの特別なプログラムです。

機種変更と同時に申し込めるので、下取りのためだけに業者を選ぶ手間はゼロ!店舗へ行けば、ほとんどの人が全ての手続きを1回で終わらせられます。

下取りで生まれたお金は、新しい端末の購入費に充てたり毎月の通信料金に使ったり。キャリアと提携しているポイントに変えて関連のサービスを利用したり。

  • ・端末代金、通信料 → 自動振替
  • ・ポイント → 付与されるまで約2週間〜1ヶ月かかる、有効期限あり

このように、使い道が限られているのが大きな特徴で、現金を目にする機会がない分お得さはあまり実感できないかもしれません。

下取り条件が厳しい

下取りが申し込めるiPhoneは、大手キャリア(au・docomo・SoftBank)で購入したものやSIMフリー・海外キャリアのものなど、正規店からの購入であればほとんどが対象です。

モデルは業者の各公式ホームページでチェック可能。例えば、auの対象機種は「iPhone SE〜iPhone 11 Pro max(※2021年3月時点)」です。

でも、iPhoneの状態によっては下取り価格がガクッと下がってしまうかも!見た目がキレイで正常に動く端末なら最高価格が期待できますが、画面割れや擦り傷等は破損品とされ、最高価格の半額以下になってしまいます。

■破損品(画面割れなど)の判定条件
以下に該当する場合、破損品(画面割れなど)価格を適用致します。

表面

・画面上に割れがあるもの
・指の腹をあて、引っ掛かりがあるキズ
・筐体に欠けがあるもの(基盤が見えていても対象)
・画面下に黒いシミ(影)が出ている
・液晶が浮いており発光が外へ漏れている
・画面上にバーコードのような不具合が出ている

裏面

・背面、側面に明確な溝、割れ、欠けがあるもの
・背面、側面に擦り傷があるもの
・リアカバーが無いまたは欠けている
・リアカバーが純正では無い
・バッテリーが純正品ではない
・カメラレンズに擦り傷・ヒビ・破損がある

※引用元:下取りプログラム|KDDI株式会社(2021年3月時点)

また、下取り自体できないおそれもあるので要注意!下取り業者によって基準は異なりますが、「水没」などで故障しているものは受付不可です。

※次のような下取り対象機種は、正常品として下取りのお取り扱いができません。

・電源が入らない
・充電を行っても充電ランプが点灯しない
・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
・水濡れシールに水濡れ反応がある(メーカー指定箇所を確認します)
・製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合

※引用元:下取りプログラム|KDDI株式会社(2021年3月時点)

このほか、ネットワーク利用制限がかかっていたり本体の初期化(オールリセット)がされていなかったりなど、下取りの事前準備がまだの端末も対象となるおそれがあります。

iPhoneの「買取」は自由度が高い

現金で受け取れる

iPhoneを手放す方法のもう1つが買取!買取業者に手元の端末を売ってお金に換えることで、現金化できるため使い道が自由です。

即日査定&即日現金のところも多く、店舗へ行けばすぐに現金が受け取れる可能性大。そのまま新しい端末の購入費として使っても良いですし、ランチや日用品の購入費に充てても問題ありません。

でも、買取価格は業者によって差が大きく、中にはiPhoneの価値を偽り低額な査定結果を出すところも!下取り業者と比べて選択幅が大きいので、本当に良いところかどうかの判断が困難です。

信頼できる業者を選ぶなら、

  • ・買取実績
  • ・買取価格表
  • ・お客様の声
  • ・高価買取ができる理由

などを公式ホームページにハッキリと掲載しているところがおすすめ!

リンクサスモバイルは、高価買取実績10年以上。ホームページからiPhoneの各モデル買取価格が検索でき、下取り時の価格比較情報もお届けしています。

「古いiPhoneも丁寧に高額で買取してもらえて大満足」
「付属品もちゃんと高額査定につながってお得だった」
「店員さんがとても親切で安心して買取できた」

と、お客様からの嬉しいお声もたくさん!

査定をするスタッフは、さまざまなデバイスを熟知するプロ。iPhoneの買取も価値や需要をしっかり見極め、納得してもらえるような金額を提示しています。

傷あり・ジャンク品も対象

買取は、下取りできないiPhoneもお金に換えるチャンス!通常どおり使えない「ジャンク品」でも、見た目や機能性が条件に当てはまれば少しだけなら現金が受け取れます。

査定価格は業者によって違いますが、リンクサスモバイルなら以下のiPhoneも高価買取!

・水没、水濡れしている
・液晶画面が割れている
・液晶パネルが浮いている
・ホームボタンが反応しない
・バイブレーションが反応しない
・カメラレンズが割れ・破損している
・本体背面が傷・凹み・破損している

「買い取ってもらえなかった」
「買取価格に納得できない」

など、ほかの買取業者で1度査定を受けたiPhoneでも満足していただけます。

関連記事:ジャンク品ってなに?をパターン5つにわけてご紹介!買取はリンクサスモバイルへ

【比較】iPhoneは下取りと買取どっちがいい?

iPhoneを手放す方法「下取り」と「買取」。あなたはどちらが良いと感じましたか?

【結論】目的に合わせて選ぶ

どちらにもメリット・デメリットはありますが、あなたが満足できる方法を利用するのがベスト!まずは、価格・自由度・終わるまでのスピードなど、何を重視したいかを考えてみてくださいね。

リンクサスモバイルがおすすめしたい人はこちら。

下取り・同じキャリアで新しい機種に乗り換えたい
買取・少しでも高く手放したい
・今のキャリアを解約したい
・付属品もまとめて処分したい
・受け取ったお金を自由に使いたい

では、以下の5つを実際に比べていきましょう!※2021年3月時点の情報です。

・au
・docomo
・SoftBank
・Apple Store
・リンクサスモバイル

下取り&買取ができる条件

どんなiPhoneが申し込みできるの?

下取り・買取ができるiPhoneはそれぞれ以下の通りです。

  対象モデル 目的 申込不可
au

11 Pro Max〜4s

※最低利用期間|3ヶ月

新規端末購入 ・電源が入らない
・充電ランプが点灯しない
・暗証番号ロック解除、オールリセットが未実施
・水濡れシールに反応あり
・製造番号が確認できない
・改造品
docomo 11 Pro Max〜SE 新規端末購入 ・初期化されていない
・各種ロックが解除されていない
・メーカー保証が対象外
・ネットワーク利用制限中
・基盤の断裂
SoftBank 11 Pro Max〜SE 新規端末購入 ・電源が入らない
・スリープボタンが反応しない
・初期化されていない
・各種ロックが解除されていない
・製造番号(IMEI等)が確認できない
・改造などメーカーの保証外
Apple Store 11 Pro Max〜SE 新規端末購入 ・20歳未満
リンクサス 12 Pro Max〜SE 制限なし 基本的にすべて買取可能!

大手キャリア・Apple Storeでは、下取りの目的として新規端末の購入が必須。それに対し、リンクサスモバイルでは買取の目的に決まりはありません。

では、iPhone購入時についてきた充電器やイヤホン、お家で眠っているiPhoneやスマホ。これらをついでに手放せるかどうかについても比べてみましょう。

  付属品の取扱 同時申込可能台数
au 廃棄 1台
docomo 廃棄 1台
SoftBank 返却 1台
Apple Store プラス査定 1台
リンクサス プラス査定 5台

下取りは、1回の申し込みにつき1台までが上限。それに対し、リンクサスモバイルでは同じ機種の同じ条件のものであれば5台まで申し込めます。

下取り&買取の還元方法

どんな風にもらえるの?

下取り・買取後の使い道はそれぞれ以下の通りです。

  ポイント
/電子マネー
購入代金の値引き 現金
au Pontaポイント ×
docomo dポイント ×
SoftBank PayPayボーナス ×
Apple Store Apple Storeギフトカード ×
リンクサス × △(自由)

下取りは、ポイントや電子マネーに還元され、購入代金が自動的に値引きされます。それに対し、リンクサスモバイルは現金で受け取れるので使い道は自由。自分の端末の購入費にはもちろん、家族分の購入費に充ててもOKです。

下取り&買取の価格

いくらもらえるの?

下取り・買取価格はiPhoneの状態によってさまざま。ここでは、リンクサスモバイルの買取価格を基準に「中古・良品・傷なし」の最大額を比べてみました。

【リンクサスモバイルで5万円以上が見込めるモデル】

  リンクサス au docomo SoftBank Apple Store
iPhone 11 Pro max 82,500円 55,000円 73,400円 55,200円 71,900円
iPhone 11 Pro 65,500円 50,050円 61,700円 48,000円 60,500円
iPhone 11 59,500円 33,000円 39,700円 33,600円 44,000円
iPhone Xs Max 50,500円 41,800円 56,100円 37,200円 46,000円

【リンクサスモバイルで2万円以上が見込めるモデル】

  リンクサス au docomo SoftBank Apple Store
iPhone Xs 40,500円 39,050円 45,300円 32,400円 40,000円
iPhone XR 36,500円 24,750円 32,700円 26,400円 32,000円
iPhone X 32,500円 26,400円 27,100円 22,800円 28,500円
iPhone 8 Plus 31,500円 23,100円 28,000円 19,200円 26,000円
iPhone 8 21,500円 18,700円 21,100円 13,200円 18,300円
iPhone 7 Plus 23,500円 18,150円 19,300円 13,200円 19,400円

【その他】

  リンクサス au docomo SoftBank Apple Store
iPhone 7 14,500円 11,000円 11,500円 9,600円 12,200円
iPhone SE(第1) 10,500円 2,750円 5,500円 2,400円 5,100円
iPhone 6s Plus 15,500円 9,900円 13,700円 6,000円 6,800円
iPhone 6s 11,500円 7,700円 6,200円 3,600円 6,700円
iPhone 6 Plus 8,500円 6,600円 6,500円 3,600円 6,800円
iPhone 6 7,500円 2,750円 3,300円 2,400円 4,900円

※価格は全て税込

ほとんどのモデルで、買取価格が下取りよりも高いことがわかりますよね。特に、発売からまだ日が経っていないiPhone11シリーズはリンクサスモバイルなら約6万円以上に。下取りが難しいジャンク品も、発売日が近いほど高額な査定がつきます。

※参照元:KDDI株式会社株式会社NTTドコモソフトバンク株式会社Apple(2021年3月時点)

◆リンクサスモバイル|iPhone買取価格表

買取なら「リンクサスモバイル」で楽々&高額受け取り!

買取は、あなたの不要なiPhoneに最大限の価値がつく方法!下取りをする前に、1度査定に出してみてはいかがでしょうか?

横浜を拠点としているリンクサスモバイルは、全国からでも「宅配買取」にて申し込みが可能!公式ホームページ上で24時間受け付けており、査定は到着後すぐに取りかかります。金額に納得できない場合はiPhoneを返送するので損はありません。

査定は無料!ぜひ1度、お試しくださいね。

さっそく査定してみる

関連記事:初期化だけでは不十分!iPhoneを売る前には準備を万全に

«