iPhone XのSIMカードを抜く

2020/1/09


iPhone Xを売る場合、一番個人情報が入っている部品としてあげられるSIMカードは必ずとっておくことをおすすめします。

しておかなくても、買取業者が確認をしてSIMカードを返してくれることが多いですが、間違えて買取の端末の中に入れたまま売られてしまうと、個人情報が漏洩することとなります。

まずは、SIMカードは抜いておくべきだという知識をつけた上で、入れたまま売る際には必ず引き取ることをおすすめします。

SIMカードは、本体が入っている箱の中の付属品としてあるSIMピンでSIMトレイを開けることで取り出すことができます。

簡単ですし他の部分を傷つけるような構造にはなっていませんので、機械の扱いが苦手な方でも簡単に取り出せますよ。

<h3>iPhone Xのネットワーク制限の確認</h3>

アイフォーンXを売る場合、買取価格に大きな影響があるのはネットワーク制限の有無です。

もちろん、制限がかかっていない端末の方が高値で売れるわけですが、料金の滞納などがあると利用制限がかかる仕組みになっているこのネットワーク制限は、多くの端末についています。

ネットワーク制限がかかっているかどうかは、設定の情報の欄に記載されている製造番号があれば、キャリアで確認をしてくれますので売る前に一度、連絡を入れてみると良いでしょう。

«