tel

0120-916-570

toptel
  2021/4/15

iPhone6sと言えば、もう何世代も前の古いiPhoneというイメージを拭い去ることはできませんが、それでもiPhone6sを好んで使っていた人や、利用していたキャリアが格安スマホだった場合、購入して利用できるのがiPhone6sだったという理由から使い続けていた人もいると思います。

実際に使っているとiPhone6sに古さを感じることがないという人がほとんどだと思いますが、いざ買取に出そうと思うと、
「やっぱり世代が古すぎて買取できるのだろうか。」
「買取できたとしてもほんの数百円ではないだろうか。」
と急に不安を感じる人も多いと思いですよね。そこで、今回はiPhone6sを自信を持って買取に出せるような買取情報を紹介していきます。

目次

iPhone6sの基本情報

iPhone6sの買取情報をお伝えする前に、まずはiPhone6sの基本情報のおさらいをしてみましょう。ただ何となく使っていたからiPhone6sの基本情報なんてまったくわからないという人はもちろん、愛着を持って使用していたから基本情報くらいは頭に入っているという人も確認してみてくださいね。

・サイズ

まず、iPhone6sのサイズは、縦138㎜横67㎜厚さ6.9㎜。サイズ感は普段持っているから何となくはわかっていても、正しいサイズを数字では表現できないですよね。iPhone6sは、最近の機種のサイズと比べると、コンパクトサイズに作られているのが特徴で、ちょっと小さいすぎると感じる人も少なくありませんが、持ち運ぶことを考えるとベストなサイズという人もいてサイズは賛否両論です。ただし、サイズが小さいというだけで古い機種というイメージを持ってしまうのは、動画を閲覧する人が増えてiPhoneに限らず、どのスマホもサイズアップしているから致し方ないとも言えます。

・カラー

iPhone6sのカラーは、

・スペースグレー
・ローズゴールド
・ゴールド
・シルバー

の4色展開となっています。iPhone6sで一番人気のカラーは、スタイリッシュで動画を見る時にスクリーンを見ている感覚を味わうことができるスペースグレーで、年齢や性別と問わず幅広い人に人気となっています。
2番目に人気のカラーは、ローズゴールドです。ゴールドというよりは、ピンクに近い可愛くて上品な色合いが大人の女性に人気があります。次に、高級感のあるiPhoneを持ちたいという人に人気なのがゴールド。そして、最後にシルバーとなります。

最近のiPhoneの本体色の傾向では、シルバーは地味で特徴のないカラーということからあまり選ばれることがなくなってきている残念なカラーではありますが、シンプルで地味なカラーを好む人には好まれているのが特徴です。大人の女性に人気のローズゴールドは、iPhone6s以降の機種で使用されているカラーというのも大きな特徴となっています。

・GB

スマホ内のデータ容量であるGB(ギガバイト)も主に3種類に分かれています。 それぞれ16GB、64GB、128GBです。

3種類あるデータ容量のうち、16GBは、30分程度の動画を4本~5本撮影・保存するとそれで容量がいっぱいになってしまうので、アプリや音楽、動画をたくさん端末内に保存したい方にはあまりおすすめできません。

データ容量を気にせず、アプリや音楽などを保存したいという場合は、64GB以上のiPhone6sを選ぶと安心です。64GB以上のiPhoneだと値段が高くなってしまって手が出ないという場合は、パソコンなどにこまめにバックアップを取りながら、その時必要なもののみを端末に保存しておくという方法もありです。

iPhone6sからパソコンにバックアップを取る方法

iPhone6sの容量を保つために定期的に行っておきたいパソコンへのバックアップ方法は簡単です。

①iPhone6sをパソコンに接続する。
②iTunesを開く。(一部Macの場合は、Finderを開く)
③パソコンでiPhone6sを選択し、操作する
④ヘルスケアデータとアクティビティデータのバックアップが必要な場合は、「デバイスのバックアップ」にチェックをつけておく。
⑤「今すぐバックアップ」を選択する

終了後には、正確にバックアップが取れているか確認を怠らない様にしましょう。

・付属品一覧

iPhone6sの購入時に一緒に内包されていた付属品を紹介します。 後ほど説明しますが、これら全ての純正品が揃っている方が高額買取の可能性が高まります。

同梱されているのは、
・取り扱いマニュアル
・USB電源アダプタとUSBライトニングケーブル
・イヤーポッド
・SIMカード取り出しピン

です。
買取の前には、これらすべてを揃えるようにできる限りの努力をしておきましょう。

・iPhone6sとiPhone6の機能の違い

最後に、iPhone6sとiPhone6の機能の違いについて説明します。 人によっては、これからiPhone6sを必要とする場合もあるかもしれないので、その参考にもしてみて下さい。

メインカメラの画素数のグレードアップ

これまでは800万画素だったメインカメラの画素数が1200万画素にアップグレードされています。 画素数の増加に加え、画質も向上したことから、撮影機能はiPhone6と比べるとかなり良いものと言えるでしょう。

ForceTouch機能の追加

Forcetouchは、別名「感圧センサー」とも称され、通常のタップに加え、軽いタップや深いタップで異なる操作を行うことができる機能です。 操作のショートカットを目的にiPhone6sから搭載されており、端末操作の時間短縮という意味では、画期的な機能が追加されました。

4K動画撮影機能の追加

iPhone機種では初めて4K動画を撮影することができるようになっています。 但し、容量がかなり大きい動画になりますので、保存する際のデータ容量には充分に注意しましょう。

iPhone6sの買取に関する注意点

ここからは、実際にiPhone6sの買取に際してのポイントをいくつか紹介していきます。 必ずするべきことや、できればしておいた方が良いことなどがありますが、可能な限りひとつでも多くの作業を済ませたうえで買取をするようにしましょう。

・iPhone6sの買取までに必ず準備するべきこと

まずiPhone6sの買取に際して、必ず準備していくべき項目をいくつか紹介します。 これらを行っていないと、大幅な減額を受けたり、場合によっては買取を断られてしまう可能性があります。注意してすべての項目を確認しましょう。

本体の初期化

本体の初期化は必ず行っておく必要があります。 具体的には、端末内にデータが残っておらず、購入時と同じ状態にして初めて買取をしてもらうことができます。 もしこの作業をしないまま買取に臨むと、多くのケースで買取不可となってしまい断られてしまいます。

iPhoneなどの携帯端末は、データが残ったままの状態で他の人に売ることができないからです。 業者によっては買い取ってくれてその作業を代行してくれる場合もありますが、その場合の買取価格は相場と比べるとかなり安価となってしまいます。 少し手間をかけますが必ずしておくべき準備のひとつです。

iCloudログアウト

iCloudを始めとするクラウドサービスからはすべてログアウトをしておきましょう。 次にその端末を使用する人が同様のサービスを利用出来るようにするための大切な作業です。 ほとんどの店舗では、iPhone買取の場合、iCloudのログを確認する場合が多いので、減額されたり買取不可とならないためにも必ず行っておきましょう。

iCloudのログアウト方法

①「設定」アイコンから「ユーザー名」を選ぶ
②「サインアウト」を選び、AppleIDパスワードを入力する
③「オフにする」を選ぶ
④「サインアウト」を選ぶ
⑤再度「サインアウト」を選ぶ

以上で、サインアウトが確定し処理されます。

ネットワーク利用制限確認

ネットワーク利用制限を確認しておきましょう。 仮に「△」もしくは「×」の状態であれば、買取が出来ない可能性が大きく高まります。 あまり聞くケースではありませんが、業者が確認しないまま次の人の手に渡った場合、そこで初めて気づいて大きなトラブルに繋がる危険性があります。 ネットワーク利用制限は、端末の製造番号を確認して専用ページで調べることができます。

決済アプリ、電子マネーの初期化

電子マネー機能や電子決済アプリなどのサービスからもログアウトし、初期化を済ませておきましょう。この初期化は、次に使用する人にとっても重要で、初期化されていない端末の場合、そのサービスを利用できない場合があります。 それぞれのサービスの初期化方法をしっかり確認し、必ず行っておきましょう。

水没センサー確認

端末が水没していないかどうか、判定シールでの確認を忘れずに行っておきましょう。 買取査定時に水没が判明してしまうと買取ができなくなってしまう可能性がありますが、事前に分かっていれば、その危険性はなくなりますので 確実に確認しておくことをおすすめします。 iPhone6sの水没判定シールは、SIMカードトレイ内に付けられているので一度SIMカードを取り出す必要があります。 紛失に注意して取り出し、水没判定シールの確認を行いましょう。

・iPhone6sの買取で減額されない為のコツ

次に、iPhone6sの買取においてできるだけ減額を避ける為のいくつかのコツをお話ししたいと思います。 これらのポイントを押さえておくことで、準備不足による無駄な減額査定を受けることがなくなるので、ひとつずつしっかりチェックしておいて下さい。

液晶画面故障の確認

液晶画面の割れをはじめとする故障がある場合、査定は大幅な減額を受けます。 場合によっては、買取が断られる場合もありますので注意が必要です。一番気を付けなくてはいけないことは、目に見えないヒビや故障です。確実に発見する為に、一度業者の無料査定などに出してみるのも良いかもしれません。 今は、iPhone6sの液晶画面修理であればかなり安価で依頼することもできます。 液晶が割れている場合の減額分と、修理費用を天秤にかけて、どちらがより高くなりそうかを想定して検討しましょう。

各種機能故障の確認

液晶以外にも、カメラやスピーカーなど各種機能が故障している場合にも同様に減額査定を受けてしまいます。 査定前にそれぞれの機能をひと通りチェックしておくと安心です。 液晶と同様に、修理費用の方が安くつくケースも考えられますので、その可能性を頭に入れておくべきでしょう。

「iPhoneを探す」のオフ

iPhoneの機能に、iCloudと連携して端末の現在地を探索する機能があります。 実はこれをオフにしておかないと、次に同じ端末を使用する人がこの機能を利用出来なくなってしまいます。 査定の際にかなりの確率でチェックされる項目のひとつなので、査定前には必ずオフにしておくようにしましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする手順

①「設定」アイコンから、ユーザー名を選ぶ
②「探す」を選び、「iPhoneを探す」を選ぶ
③AppleIDを入力し、「iPhoneを探す」をオフにする

SIMカードを抜く

ここまでの作業を済ませたら、最後にSIMカードを抜いておきましょう。「 抜いておかないと買取不可」ということにはめったになりませんが、これだけの作業で代行料金として減額になってしまうのはもったいないですよね。 すべての作業後には、必ずSIMカードを抜き取っておきましょう。

・iPhone6sの高額査定に向けて行うべきこと

ここからは、iPhone6sの査定を少しでも高額に近づける為のポイントをいくつか紹介します。 これから紹介するポイントは、しなくても大きな減額に繋がることは少ないですが、せっかく買い取ってもらうなら、少しでも高額で買い取ってもらいたいですよね。 それぞれそれほど手間と時間はかからないので、可能な限りすべて行っておくことがおすすめです。

端末のクリーニング

端末本体を綺麗に掃除しておきましょう。 iPhone専用のクリーナーは純正品でも100円ショップでも準備することができます。 画面の指紋や汚れ、ボタンの隙間の汚れなど、意外とiPhoneは汚れています。 丁寧に掃除を行うことで新品に近い状態になり査定額は上がりますよ。

付属品を揃える

先ほど紹介した付属品は、可能な限りすべて揃えて査定に臨みましょう。 USBケーブルやイヤーポッドなどは、未使用に近い状態のものがおすすめです。 何かひとつだけ揃っていないケースと、すべて揃っているケースの査定額の差は思ったよりも大きいです。 特にSIMピンなどは失くしやすい物なので、注意しておきましょう。

部品を純正品で統一する

それらの付属品を含めた機器周辺の部品はすべて純正品で揃えましょう。 端末に付けているアクセサリ等も同様です。 非純正品が混ざっている場合、わずかではあるものの査定額が下がってしまうことがあります。非純正品を査定に出すよりは、その部品がない場合の方が、査定額が高くなる可能性もあるので、非純正品の疑いがあるものは必ずチェックしておきましょう。

充電を満タンにする

iPhone6sを査定に持っていく前には、端末をフル充電しておきましょう。 これをしておかないと、査定前後でフル充電が完了するまでの時間を余計に過ごしてしまうのと、業者によっては微減額を受ける可能性があります。 査定当日は、充電を済ませる時間まで考慮して今までの準備をすべて進めていく必要がありますので、充分に注意しましょう。

iPhone6sの買取相場額は?

iphone6s

ここでは、iPhone6sの買取額の相場を紹介しようと思います。 市場の需要によって変動する相場ですが、iPhone6sは比較的古い機種にはなるのである程度固まりつつあります。 新品、中古、ジャンク品に分けて、買取相場額を紹介していきます。 それぞれGBによっても買取額が異なるので、ご自分が検討している端末と比べてみましょう。

・新品(未使用品)

新品もしくはほぼ新品の未使用品の相場について紹介していきます。

・16GBの相場は大体14,000円でSIMフリーであれば20,000円近くになることもあり
・64GBは18,000円を超えることが多く、20,000円を超えるケースも多々あり。
・128GBは、状態によりますが20,000円強が相場で、最高だと23,000円ほどまで買取価格がつく場合もあり

・中古品

普段から使用をしていた中古品の相場です。

・16GBだと、8,000円~9,000円が相場で状態が良い端末だと10,000円を超えることもあり。
・64GBの機種は10,000円前後が相場で、良い査定ではない場合7,000円前後まで下がってしまう可能性もあるので、充分に準備を済ませておきましょう。
・128GBの相場は12,000円~13,000円くらいです。

中古品でも、新品に近ければ近いほど高額になるので、掃除を丁寧に行うことで高額査定を狙うことも十分可能です。

・ジャンク品(故障あり)

最後に、故障があるジャンク品です。 これらは買取可能な業者も限られており、故障の程度によって大きく査定額が変わるので、相場の買取価格はあるものの絶対ではなくケースバイケースです。

・16GBは、4,000円弱で買取される場合が多い。 故障の度合いによって6,000円前後はあっても、それ以上の買取額は期待出来ない。
・64GBは、8,000円を超えれば査定がついた方で、状態が悪ければ5,000円を切ってしまう場合もあり。
・128GBは、10,000円前後で買取される場合が多い。

ジャンク品、修理額との比較や、修理程度の把握などかなり注意が必要で、可能な限り一度無料査定に出してみて査定額を確認後に改めて買取を検討をするようにしましょう。

iPhone6sの買取店舗を選ぶポイントとは?

iPhone6sを買取する時の買取店舗を選ぶ基準をいくつか紹介します。 買取に出すことを決心したものの、どこのお店に持っていけばいいか分からない方も多いですよね。 それぞれのお店ごとに特徴がありますが、重視するべきポイントがいくつかありますので、これらを参考にお店を選んでみてはいかがでしょうか。

・買取額

まず何よりどれくらいの金額で査定されるかが最も重要ですよね。 どれだけサービスが良くてもやはり納得できない査定額であれば、了承するのに渋ってしまいます。 ほとんどの買取店舗のホームページには、買取額一覧が記載されていますので、まずはそれらのiPhone6sの項目を確認し、その額で納得できそうな場合は、買取の検討をしていいと思います。ただし逆にあまりに買取額が高額の場合は、怪しい業者の疑いがありますので注意が必要です。後述する買取実績なども合わせて確認し、問題がなさそうと判断できたら、その買取店舗を選ぶんでもよさそうです。

・買い取り実績

買取しようと思える店舗がいくつか見つかったらそれらのお店の買取実績を確認してみましょう。買取実績の多い店舗は安心してお任せすることができますし、買取額も高額のお店が多いです。 店舗によっては、新品、中古品、ジャンク品のそれぞれで実績を記載していることもありますので、それらを信頼度に換算して考えてみても良いですね。

・店舗のアクセス

意外と重視すべきなのが、店舗のアクセスの良さです。 自宅や仕事場からできるだけアクセスの良い店舗を選ぶべきでしょう。 何故なら、仮に買取後に何かトラブルがあった場合や、査定時に必要なものを忘れてしまった場合など、アクセスが良い方が手間がかからずに対応できるからです。 また、アクセスの良さもですが、店舗周辺の施設充実度も考慮するべきです。 買取に時間がかかる場合に待ち時間を潰す必要がありますが、あまり遠くには行けませんよね。 周りにカフェがあったり、ショッピングセンターの中にあるような店舗はおすすめです。

・アフターケア

買取後にトラブルが発生するケースを考えると、アフターケアまで信頼できるお店を選ぶのがおすすめです。 買取の際のアフターケアとは、買取後に別の人の手に渡り、何かのトラブルが発生した時に、それらのトラブル対応をすべて店舗がしてくれるサービスです。 悪質な店舗は、それらのトラブルの責任を売った人に押し付けるような巧妙な仕組みを作っていたりします。買取前には必ず一度確認しておくべきです。

・サービス

ここでいうサービスは、アフターケアとはまた別で、スタッフの接客対応を指します。 例えば待ち時間が長すぎる店舗や、スタッフ対応が雑な店舗だと、仮に納得できる査定額を出されても何かスッキリしないですよね。 そんな余計に不快な思いをしなくていいように、事前にスタッフの様子を確認してから検討するのはおすすめです。

・口コミ

今まで紹介してきた店舗選定ポイントを確認する意味も含めて、店舗の口コミを確認しておくべきでしょう。 それも公式ホームぺ―ジではなく、例えばGoogleレビューなどから情報を仕入れるのが良いかと思います。 良い面悪い面をそれぞれ正しく確認して、その上で納得して買取店舗を選ぶことで、最高の買取を成立させることができるでしょう。

iPhone6sの買取ならリンクサスモバイルがおすすめ!

リンクサスモバイル
引用元:リンクサスモバイル

iPhone6sの買取を検討されているなら、リンクサスモバイルでの買取がおすすめです。店舗買取だけでなく、宅配買取にも対応しています。

店舗買取は、その場で迅速な査定をさせて頂き、すぐに現金でのお支払いとなります。買取をお急ぎのお客様や、買取に不安があるお客様には店舗買取がおすすめです。

宅配買取は、全国各地からの受付に対応しております。 送料は無料で、更に査定額も店舗査定と同様に高額査定をさせて頂きます。 買取実績も豊富で、実績・買取額共にすべてホームページに公表してありますので、安心感もあります。

また、お問い合わせなどについても、電話対応・メール対応共にお受けできます。 何かお困りのことがございましたら、お気軽にリンクサスモバイルまでご相談下さい。

«