皆様はこれまでiPadが起動しない」「画面が割れた」「ホームボタンが壊れた」などの故障を経験したことはありますか?

使っている端末に不具合が発生した場合、即座に修理を検討される方も多いでしょう。しかし、修理はどこに依頼すべきかわからないと悩まれる方が多いのもまた事実です。

そこでiPad修理に出す方向けに、修理に関する情報を紹介していきます。

おすすめの修理店選びから修理時の注意事項など、修理における必要な情報について一通り見ていきますので、今後端末の修理を検討される方は必見です。

修理に出す前に自力でできる対処法とは?

iPad 修理

端末の不具合において「ホームボタンが壊れた」「端末の画面が割れた」など、端末そのものの外的な故障であれば、即座に修理に出すほかありません。

しかし、「端末が起動できない」「フリーズしてしまった」などソフトウェアの問題であれば修理に出すのではなく、まずは自力でできる対処法を試してみることをおすすめします。

まずは、端末の不具合時に自身で確認すべき対処法について紹介していきます。

・デバイスをリセットする

端末が起動できない、フリーズしたといった不具合が発生している場合は一度デバイスをリセットすると解決する場合があります。

リセットの方法はいたって簡単ですので、是非一度実践してみてください。

  1. まず、端末のスリープボタンとホームボタンを同時に長押しし、10秒ほど待ちます。
  2. Appleのマークが表示され再起動できましたら、成功です。

デバイスのリセットで問題が解決した場合、一時的なエラーが原因だった可能性がありますので、修理に出さず様子見で良いでしょう。

・iTunesに接続する

電源ボタンの不具合により端末が起動できない状態であれば、有線接続でパソコンのiTunesと接続することで、自動的に電源を入れることができます。

ただし、再起動できたとしても電源ボタンの不調は修理に出さないと治らないので、しばらく様子を見て状況が変わらないようでしたら修理を検討しましょう。

・初期化する

リセットやiTunesへの接続を試しても状況が改善しない場合、端末を初期化するのも一つです。

ただし、初期化をすると端末上のデータは全て削除されますので、それでも構わないという場合のみ実践しましょう。

また、初期化の前には可能であればバックアップをとってから実行するようにしましょう。普段からバックアップを取っている場合も、できるだけ初期化の直前でバックアップを取っておくと安心です。

修理に出す前の注意点

自力で確認できる対処法を全て試してみても問題が解決しない場合は、修理を検討する必要があります。

ただし、修理店に行く前に事前に注意しておいて欲しいことがいくつかありますので、端末修理における注意事項について触れておきたいと思います。

・バックアップは必ずとる

端末を修理に出す前にバックアップは必ず取りましょう。

データの初期化は不要で修理対応してくれる店舗も多くありますが、修理の過程でデータが消えてしまったという可能性も全くない訳ではありません。

失いたくないデータがあれば、念のために修理に出す前にバックアップをとっておくことをおすすめします。

・アクセサリー類は取り外す

修理に出す際は端末に付けているアクセサリー類は必ず外すようにしましょう。

修理の過程で壊れてしまった、無くなってしまったということも少なくありません。

アクセサリー類の紛失や破損に関しては保証範囲外のことがほとんどですから注意が必要です。

ストラップだけでなくカバーも例外ではありませんので、必ず全て外してから端末本体のみ修理に出すことをおすすめします。

上記2点は必ずお守りいただき、後悔のないようにしましょう。

iPadはどこで修理できる?

そもそも、修理はどこでできるかご存知でしょうか?

修理店は大きく分けて2つございます。

1つがApple正規店、もう1つが非正規店です。1つずつ特徴を見ていきましょう。

iPadの修理店:Apple正規店の場合

Apple正規店に端末修理を依頼する場合以下3つの方法があります。

・Apple 正規サービスプロバイダ

Apple 正規サービスプロバイダとは、Appleが正規で修理を依頼している代理店のことを指します。

「ビッグカメラ」などの家電量販店やカメラ屋の「カメラのキタムラ」などが該当します。

これら店舗では地域に関わらず修理の受付をしていますので、お住まいの地域でも修理対応可能な店舗がいくつか見つかるという可能性が高いです。

・Apple Store 直営店

Apple Store直営店でも修理を受け付けています。

直営店ですので信頼感・安心感はありますが、都心部にしか店舗がないというデメリットもあります。また、全ての直営店が修理対応している訳ではないようなので注意が必要です。

・Apple サポート

Appleサポートとは、Appleが提供するサポートサービスのことです。

このサービスを利用すると、Webや電話にて修理の依頼が可能となり、実際に直営店や正規サービスプロバイダ店に行く必要もありません。修理の予約が取れたら、あとは端末を指定の場所に配送するだけで修理対応が可能なサービスです。

iPadの修理店:Apple非正規店の場合

一方でApple正規店とは異なり、Appleの認可を受けていない修理店も多くあります。

いわゆる街でよく見かける修理屋さんはApple非正規店に該当します。

非正規とは言えメーカーから正式な認可を貰っていないというだけで、技術力やサービス内容に問題があるというわけではありません。

また最近では総務省に登録された非正規の修理業者も増えてきていますので、正規店と比べて質が悪いというわけでもありません。

正規店との大きな違いは、Apple純正部品を使っていないことや、初期化不要な場合が多いことなどが挙げられます。

修理店選びの基準

それではApple正規店・非正規店のどちらに修理を依頼するのが良いのでしょうか?

それぞれのメリットデメリットがございますが、まずは修理店選びにおけるお店選定の基準について触れておきたいと思います。修理店選びで迷われている方はぜひご参考にしてください。

・データ初期化の可否

端末修理にあたり、データを初期化することに対し抵抗がないかどうかが一つの基準となります。

「バックアップを取っているのでデータの初期化をしても問題ない」と感じるのか、「大事な写真や連絡先なども多く、データを初期化されると困る」と感じるかで店舗選びの基準は変わると思います。

データの初期化に抵抗のある方も多いでしょうから、その場合データの初期化を必要としない店舗に依頼する方がベターです。

・安心感

大切なiPadを預けるわけですから、依頼店舗に対する安心感も大切なポイントになります。

どこの店舗でも最近はホームページを設立していることがほとんどですから、事前に店舗の実績や評判などを確認し、安心できると感じるところに依頼しましょう。

口コミの多い店舗ほど利用者が多いということですから安心感が得られやすいです。

・修理費用

また、修理における値段も大事なポイントになります。

予算がどの程度なのかを予め明確にしておくと良いでしょう。価格を重視するのか、多少値が張っても実績や評価に重きを置くのかで、選ぶお店は大きく異なってきます。

また、事前にきちんと値段が確認できるか修理費用を明確に開示しているかも店舗選びのポイントになります。

・修理期間

最後に修理にかかる期間なども店舗選びの際に大切なポイントです。

どのくらいの期間を要するのか、またその期間は代理の端末の貸し出しがあるのかなどを事前にきちんと確認しておく必要があります。

この4つのポイントを基準に修理店選びをしてみて下さい。

街の修理店とApple正規店との比較

修理店舗の選定基準が明確になりましたら、つづいてはより具体的に、Apple正規店と非正規店とを比較してみて、どちらが良いかを決めていきましょう。

ここでは、正規店・非正規店それぞれの違いについて比較しながら見ていきます。

・データの初期化の有無で比較

Apple正規店では修理時には必ず端末内のデータの初期化が必要です。

どんな修理であっても基本的に初期化を要求されます。そのためバックアップをしっかり取っておかないと、大事なデータを全て失うことになりますので注意が必要です。

一方で非正規店、いわゆる街の修理店の場合は初期化なしで受付をてくれるところが多いという特徴があります。

・保証の有無で比較

端末購入時にApple Care +に加入していた場合は2年間の保証がついているので、Apple 正規店に依頼すると通常よりも安い金額で修理を受け付けてもらえることがあります。

非正規店ではApple Care +の保証範囲外となります。そのためApple Care +に加入している方は、非正規店に依頼するとせっかくの保証サービスを受けることができませんので注意が必要です。

・修理費用で比較

修理費用も、Apple正規店と非正規店では異なっております。

修理内容にもよりますがほとんどの場合はApple正規店の方が高く設定されています。これは非正規店が端末の純正部品を使っていないことが大きな要因となります。

もちろん、Apple Care +に加入している場合はサービス保証の対象となりますので比較的安い金額で対応していただけます。

しかしながら通常の正規店の修理費用よりも、非正規店では3分の1ほどの価格で対応いただけるという特徴があります。

・修理期間で比較

修理期間などもApple正規店と非正規店では異なっている場合がほとんどです。

通常、Apple正規店では事前に修理予約が必要となります。故障の状態にもよりますがその後、5日営業日を目安に修理対応いただけます。修理の期間中は代替え機の貸し出しがあります。

一方で、非正規店の場合ほとんどの場合で事前予約は不要で、直接店舗に持ち込むことができます。また、修理も即日対応していただけることが多く、修理期間が短いのが特徴です。

Apple正規店と非正規店ではこのようにいくつかの違いがございますので、ぜひ店舗選びの参考にしてみてください。

街の修理店がおすすめ

Apple正規店と非正規店の違いについても見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

正規店・非正規店いずれに依頼する場合も、もちろんそれぞれのメリットやデメリットはあります。

ただ総体的に見て、Apple Care +に加入しており保証対象期間中の端末の修理であれば、Apple正規店に修理依頼するのがベストでしょう。せっかく加入しているサービスですし、有効に使うべきだと考えます。

一方で保証対象期間外の端末修理や、そもそもApple Care +に加入されていない場合は、非正規店に修理を依頼する方がメリットが多いのもまた事実です。

特に正規店と非正規店の大きな違いは、上記比較からも分かるように、修理費用と修理期間です。さらに、非正規店の方がApple正規店より融通が効くという特徴もありますのでおすすめです。

ここからは非公式店に修理を依頼するメリットについて解説していきます。

メリット①:修理費用が安い

Apple正規店に修理依頼する場合は純正部品を使った端末修理となりますので、やはり修理費用は他と比べてもそこそこ高めです。

たとえば端末の画面修理の場合で見た場合も、通常15,000円から38,000円(端末モデルによって異なります)修理費用がかかります。

一方で非正規店・街の修理店に依頼した場合、ほとんどの店舗はApple正規店ほど高くありません。

画面修理の場合でも、3,000円から30,000円ほど(店舗によって異なる)です。画面修理の場合だけで見ても、街の修理店の方が圧倒的に安いことがわかります。

さらに修理のクオリティに関してもApple正規店とほとんど差がなく評判も非常に良いです。

また、修理後の保証期間を設けている店舗も多く、万一のトラブル時の対策もしっかりとしているので、安心感もあります。

街の修理店への依頼がおすすめです!

メリット②:修理期間が短い

修理期間の短さも街の修理店の大きなメリットです。

Apple正規店では修理前に事前予約が必要と紹介しましたが、そもそもこの予約がなかなか取れないことが最大のデメリットでもあります。

「すぐに修理に出したい」と思っていても正規店で修理予約が取れたのは1週間先、ということも少なくありません。特に電源がつかないなど急を要する状態だと1週間も待てないですよね。

そうした点でも街の修理店の場合、事前予約は不要なので店舗に持ち込めば即日対応していただけます。

故障の程度にもよりますが、大抵はその場で申込書を記入、店内で修理対応という流れになるので、数十分から数時間で修理を完了いただける点も利点です。

高品質・即日対応・低コストが街の修理店の特徴でありおすすめなポイントです。

メリット③:融通が効く

街の修理店で依頼するとApple正規店よりも”融通が効く”という特徴もあります。

たとえばデータの初期化に関してApple正規店ではどんな修理の場合でも必ず初期化が必要とされていますが、同じ修理を依頼しても街の修理店では初期化せずに対応していただける場合がほとんどです。

顧客のニーズを汲み取りながら、修理対応いただける点は街の修理店の大きなポイントです。

もしApple正規店と非正規店いずれに依頼するか迷われている方がいれば、まずは街の修理店に足を運んでみるのが良いです。

最近では査定だけ受け付けてくれる街の修理店も多いので、是非確認してみてください。

悪徳業者だけには要注意

なお、Apple非正規店いわゆる街の修理店は日本中で数多く存在しておりますが、その技術力やサービス内容はピンキリです。

もちろん信頼のあるサービスを提供している業者がほとんどですが、中には質の低いサービスで儲けようとする悪徳業者がいることも事実です。そこで悪徳業者に引っかからないためにも、悪徳業者の見分け方などについても触れておきたいと思います。

・修理費用が安すぎる!

街の修理店に依頼する場合、修理費用の安さだけを重視して選びがちですが、費用が安すぎる業者には少し注意が必要です。

そもそも修理費用には、端末の修理に必要な部品の料金が基本料金として含まれています。部品というのはそこまで安いものではなく、数千円以上することがほとんどです。そのため費用が異様に安い業者というのは、質の悪い安い部品ばかりを仕入れている可能性があります。

このように質の悪い部品を仕入れている業者に依頼した場合、修理直後は一見完璧に修理されているように見えても、後々不具合が発生した、ということも少なくはありません。

そのためほかの店舗と比較して極端に安すぎるところにはすぐには飛び付かないでおくのが良いです。

・修理金額が不明

反対に、修理金額を明示していない街の修理店も注意すべきです。

ホームページ上で修理は●●円〜受け付けます。」といった記載のある街の修理店を多く見かけますが、この時に注意したいのが、自身の修理に対する費用を事前に明示してくれるのかという点です。

「事前見積もりあり」といった文言があればまず安心ですが、そのような記載がない場合は注意が必要です。

「●●円〜」の記載は最低の金額を提示していることがほとんどですので、事前見積もりなしの修理店であれば、修理後に想定より高い費用を請求されることもあります。

「思った金額じゃなかった」「正規店に依頼する方が断然安かった」という事態にもなりかねませんので、修理費用を事前にしっかりと明示してもらえる修理店を選ぶようにしましょう。

実際のトラブル事例

具体的にどのようなトラブル事例が実際に発生しているのでしょうか。

いくつか実際にあった悪徳業者の事例について紹介していきます。

タッチパネルが反応しなくなった

画面修理を非正規点に依頼された際の事例として、修理から数日後にタッチパネルの操作ができなくなったという方がいました。

質の悪い液晶パネルを修理店が使用していたことや、修理店の技術力にも問題があったのでしょう。

電源が入らなくなった

こちらは珍しい事例ではありますが、修理に出したら電源が入らない状態で戻ってきたという人も。

この方はそこまで複雑な作業ではないバッテリー交換のみ依頼されていましたが、必要なコードが切れていたりと、雑な作業をされてしまったようです。

結局他の修理店に依頼することになっていますので、確実に信頼できる正規店に最初から頼んだ方が安上がりだったのかもしれません。

悪徳な業者の見分け方、そして実際の悪徳業者の事例は以上になります。

決して非正規店の多くが悪質業者なわけではありません。むしろ悪質な業者に出会うのは稀な方ですが、やはり注意は必要です。

タチの悪い悪徳業者に引っかからないためにもiPad修理を街の修理店に依頼する場合は、修理店選びが非常に大切ということがわかります。

街の修理店の選び方

悪徳業者に引っかからないためにも、非正規店の中から信頼のできる街の修理店を選ぶことは非常に重要です。街の修理店の選び方について詳しく紹介していきたいと思います。

・店員の技術力

やはり店舗選びの中でもっとも重要なのは店員の技術力です。

非正規店はAppleが提供する公式な研修は受講していない店舗ですから、店舗ごとに修理に対する実力の差が出てきますので見極めることが大切です。

とはいえ素人が技術力をどうやって見極めたらいいの?と疑問に思う方もいるでしょう。

実は技術力の見極め方はとても簡単です。

技術力の差が出る内容の一つとしてiPadやMacなどの修理対応を受け付けているかどうかという点です。

iPhoneと比較してiPadやMacの修理はより複雑で難しいと言われています。そのためiPhone・iPadいずれも修理対応が可能な店舗は、比較的技術力に自信のある店舗とも言えるでしょう。

・実店舗の有無

非正規店の場合、実店舗の有無も大切なポイントです。

最近では出張修理やイベントでの臨時出店など実店舗を持たない修理店も増えてきておりますが、こうした店舗は万一修理後にトラブルが発生した場合、担当者と連絡がつかなければ身動きが取れなくなります。

実店舗がある場合は、トラブル時にも店舗に行けば対応いただけることがほとんどですので、アフターサービスの充実という意味でも安心です。

・部品の品質

悪徳業者の事例としても紹介したように、部品の品質も修理において非常に大切なポイントです。質の悪い部品を使用した場合、修理後の不具合やトラブルにつながることが多いです。

そのためホームページなどで部品の品質に言及していたり、使用部品について事前に確認できる修理店だと安心です。

・見積もりが可能

また、事前見積もりの可否も重要なポイントです。料金表を明示している場合でもそれぞれの端末の状態によって料金が異なってくることがほとんどです。

そのため作業依頼前に個別に見積もりを作成していただける修理店であれば、作業後に予想外に高額請求をされる心配もなく安心です。

・修理実績

修理実績も確認しておきたいポイントです。

これまでにどんな依頼を受けてきたのかどのような対応を行ったのかなど、細かい修理実績が明記されている修理店であれば尚良いです。

修理実績から経験の豊富さや顧客の利用率なども見えてくるので、ぜひ確認しておきたい部分です。

修理保証

修理保証の有無も大切なポイントです。

修理後に万が一トラブルに見舞われた場合も、修理保証があれば即座に対応していただけます。

修理保証有りの店舗はアフターサービスがしっかりとしているということですので、安心できる修理店である可能性が高いです。

以上が非正規店に端末の修理を依頼する場合に確認しておきたいポイントになります。

街の修理店への修理依頼方法

上記のポイントから依頼する修理店が決定したら最後は端末の修理の依頼に入ります。

非正規店に修理を依頼する場合、どのような方法で依頼できるのでしょうか?

街の修理店では、主に2つの方法で修理の受付をしている場合がほとんどです。

店頭修理

一つ目は実店舗のある修理店の場合に限りますが、店頭にて修理依頼する方法です。

直接最寄の修理店に赴き、その場で修理に関する相談や、修理予約をするという方法です。

お住いの地域に信頼のできる修理店があることが大前提ですが、直接店舗で依頼する場合、即日(早ければ数時間)で修理対応いただくことが可能な点が最大のメリットです。

また店頭修理の場合は修理前にスタッフと顔を合わせることができるので、どのような部分を修理したいのかなど事前に相談できる点もポイントです。

さらに店員の接客なども事前に確認することができます。(※ 万一店員の接客に不満があった場合は、修理を依頼しない選択肢もあるので、修理店選びの最後のポイントになるとも言えます。)

店頭で依頼する場合は、修理完了後も一緒に動作の確認ができるのでしっかりと確認することができます。これらのメリットから考えても、店頭修理が最も安心な依頼方法でしょう。

配送修理

一方で修理店がお住いの地域にない場合などに便利なのが配送修理です。

修理店のホームページなどから修理の予約をすると、修理店より指定の宛先に修理端末を送付するよう連絡がありますので、宅急便などを使って端末を配送いたします。

その後修理店にて修理対応いただき、修理が完了すれば返送されてくるという流れになります。

スタッフと会う事が無いことや、修理後の端末の挙動をスタッフと一緒に確認できないことはデメリットにはなりますが、なんと言っても店舗までわざわざ赴く必要がない点、近くに店舗がなくても依頼できる点はおすすめです。

上記の二つが非正規店へ依頼する場合の、基本的な依頼方法になります。

iPadの修理はリンクサス・モバイルにお任せ!

端末の修理を依頼する場合の、非正規店の選び方や悪徳業者への注意喚起について見てきました。それでは実際、非正規店に依頼される方にリンクサス・モバイルをご紹介して終わりたいと思います。

弊社はiPadだけでなくiPhoneやパソコンまで修理を受け付けています。

リンクサス・モバイルは配送修理のサービスも受け付けておりますので、店舗までわざわざ立ち寄るのが面倒という方でも、配送修理を利用すれば便利です。

また、事前にお見積もりを出させて頂き、お客様の修理内容に沿った金額を事前に算出致します。もし、ご納得頂けないようでしたら修理をキャンセルすることも可能です。

リンクサス・モバイルは豊富な修理実績を持ち、買取も幅広く実施しています。是非、一度リンクサス・モバイルまでご相談下さい!

最後に

iPad修理に関する情報を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

端末が故障したと感じた場合は、まず慌てずに自分でできる対処法がないかを必ず確認してみてください。

それでも解決しない場合は本記事を参考に修理店を探してみましょう。

Apple正規店・非正規店それぞれのメリットデメリットを考慮した上で、あなたに合った修理店選びをするのが一番です。

悪徳な業者もまれにいますので、店舗選びは慌てず自分自身が安心・信頼できると感じる店舗を選んでみてくださいね。

本記事が修理を検討されている方の参考になれば幸いです。