iPhone 6 修理

2020/3/09

iPhone 6 はiPhone 5s からのメジャーチェンジがあったため、新しいモデルに期待をよせて

手にとった方も多かったのではないでしょうか。

しかし、メジャーチェンジがあったモデルというのは、大きな仕様変更により製品自体が不安定になりがちな

ところがあります。それって不良品じゃない?と思われがちですが、例えばiOSや車なんかを思い出してみてください。

新しいものをリリースしたあとはバグが多かったり、リコールが出たりすることが多いですよね。

そんな不具合やうっかりなトラブルの修理も、リンクサスモバイルなら即日修理!!

なにかお困りのことがあればリンクサスモバイルへご相談ください。

iPhone 6で確認されている不具合

【本体が曲がる!?】

iPhone 6の大きな変更点として、ディスプレイが大型になりました。

また、フォルムも全体的に丸みをおびたデザインとなり、ビジュアル的にも大きな変化がありましたよね。

そんなiPhone 6ですが、発売当初に言われていた不具合の1つが、「本体が曲がりやすい」ということです。

これはメーカーも認めていることで、フレームに使われているアルミニウム6000番台が加工が容易な素材であることが原因と言われています。本体が曲がってしまえばもちろん中の基盤などにも影響してしまうため、故障に繋がってしまいます。

直しても再発を繰り返すため、これが理由で故障してしまったという方は、いっそ買い替えてしまったほうがいいかもしれません。

【ディスプレイが割れやすい】

iPhone 6は、ディスプレイが割れやすいと言われています。

まずディスプレイが大きくなったことで、衝撃を受ける範囲が広くなりリスクがあがったといえます。

また、作りにも割れやすい要素があり、本体とディスプレイが爪でかかっているだけなので、振動や衝撃に弱く

なってしまいました。他にもiPhone 5やiPhone 5sはディスプレイが完全にフレームにはめられていますが、

iPhone 6の場合は側面が丸みを帯びていてむき出しです。そのため、画面の端から割れやすくなってしまうのですね。

スマートフォンが落下する場合、側面からぶつかることが多いので、これは心配要素の一つです。

スマートフォンのディスプレイ割れはよくあるトラブルですが、放置してしまうとさらなる故障に繋がりかねません。

リンクサスモバイルでは、ディスプレイ修理は即日対応です。

お困りの際はぜひご相談ください!!

【ディスプレイの反応が鈍い・反応しない】

iPhone 6は、ディスプレイの反応が鈍いといった不具合が報告されています。

キーボード入力の際に、タッチしてから反映されるまで時間がかかったり、特に両端がタッチしても反応しないという

症状が確認されています。日本ではキーボードよりフリック入力を行う人が多いためあまり大きな問題になっていませ

んが、キーボード入力がメインとなる海外では不具合報告が多いようです。

文字入力に支障がでては困ってしまいますよね。

iOSのバージョンアップをしたiPhone 5sなどでも確認されているようなので、ソフト側の問題の可能性もありますが、

不確かな情報です。強制再起動をしてみたところ改善したという例もあるようですが、確実な改善方法ではないよう

なのであまり期待できません。

【総合的にみても故障が多いiPhone 6】

2016年にBlancco Technology Groupが実施した調査では、iOS端末の故障率は12.5%、Android端末の故障率は14%という結果でした。しかし、機種別の故障率を見てみると、iPhone 6の故障率が29%と非常に高くなっています。

メジャーチェンジのあったiPhone7シリーズでは7〜8%であったため、iPhone 6 の故障率の高さが顕著に数字にあらわれています。

数字で見てもiPhone 6 は故障が多い機種に見えますね。ただ、扱いづらいものほど愛着がわいてしまうという方もいますので、そんな方はぜひリンクサスモバイルへご相談ください!!

修理のお見積りは無料で承っております。

リンクサスモバイルでは買取も実施中

ンクサスモバイルではiPhoneの買取も行っています。

iPhone 6 を使い続けようと思ったけど、買い替えてもいいかな?とご検討中の方はぜひご活用くださいね!!

iPhone 6 よくあるトラブル

【水没】

水没はスマートフォンを使っていると起こりやすいトラブルの上位にきます。

ポケットに入れていてトイレに落としてしまったり、レジャー中、お風呂での使用など様々なシチュエーションで、そのリスクは潜んでいます。

水気のあるところに持っていかないのがいちばんではありますが、そうもいかないですよね。

また、日常生活の中で結露や湿気などで故障してしまうこともしばしば…。

iPhone 6 は防水ではないものの、生活防水程度であれば対応しているとも言われています。しかし、公式的にはそのように謳っていないためあまり頼りすぎないほうが安心ですね。

水没させてしまったら水分を拭き取り、すぐに電源を切ってSIMカードを抜きましょう。

iPhoneを振ったり、ドライヤーで乾かすことはあまりおすすめしません。

水没した直後はなんともなくとも、いきなり不具合が出てくるということおありますので、その際はお早めにリンクサスモバイルへご相談ください!!

【フリーズ】

まれに起こるトラブルで、iPhone 6 の操作が一切できなくなるということがあります。

フリーズといわれる現象です。

iPhone 6 がフリーズしてしまったら、これは故障だと驚いてしまいますよね。

しかし、あまり慌てずにしばらく放置してみてください。時間をおくことで操作可能になることがあります。

それでもダメそうな場合は強制的に再起動するしかありません。

再起動のやり方はとても簡単で、ホームボタンと電源ボタンを長押しするだけ。

アップルのロゴが表示されたら成功ですので、あとは再起動が完了するまで待ちましょう。

しかし、ボタンに不具合があると再起動ができません。iPhoneにありがちなホームボタンの不調などですね。

そういった場合はiPhoneを開けて強制的に電源をオフするしかありません。中を確認し、根本的な原因を確認します。

ご自身での作業は難しいため、iPhone 6 がフリーズしてしまったら、リンクサスモバイルにご相談ください!!

【充電できない!!】

まれにiPhone 6 が充電できなくなってしまうことがあります。充電ができなくなってしまったら困ってしまいますよね。

あと数パーセントしか残っていないバッテリーで過ごすのはなんとも心もとないことです。

もし充電ができなくなってしまったという時に、まず試したいのが再起動。一時的な問題であれば改善される可能性が十分にあります。この方法で改善されない場合は、一時的な不具合ではない可能性がありますので注意が必要です。

純正品でない充電ケーブルを利用している場合も充電不能といった事象が発生することがあります。

メーカーの基準をクリアしていない製品であると、本体がアップデートしたタイミングなどで不具合が発生することがあります。

他には充電口の内部の汚れが原因であることも。見てみれば分かる通り、充電ケーブルの差込口はむきだしでくぼんでいるので、ホコリなどが訛りやすいことは安易に想像できます。クリーニングすれば改善されることもありますが、素人の方がむやみに触ると、逆に傷をつけてしまい別の故障に繋がってしまうこともあるため、できればメーカーや修理屋さんに相談することをおすすめします。

そしてよくあるのがバッテリーも経年劣化です。これは長く使用していれば仕方のないこと。

iPhone 6 のバッテリー寿命はだいたい1年半~2年程度と言われているので、ご自身の使用歴と照らしてタイミングであればバッテリー交換をしてみてもいいかもしれません。

充電不能となる原因は様々で、ご自身での判断は難しい部分があります。思い当たる原因もなく、充電できなくなってしまったという場合は、バックアップをお取りのうえ、リンクサスモバイルまでご相談ください!!

リンクサスモバイルに相談!!

リンクサスモバイルでは、スマートフォンの修理を承っています。

修理内容は以下の一覧をご確認ください。

《対応可能修理一覧》

ガラス・液晶交換

カメラ関係の修理

バッテリー交換

水没

充電時の不具合・修理

ボタン関連修理

«