iPhone SEの修理について

  2020/7/16

iPhone SEの発売は2016年と数年前に発売された古いモデルですが、入手しやすい価格帯と片手に収まるサイズ感が魅力的で、2020年になっても愛用しているというユーザーも多いのではないでしょうか。

インターネットでは後継機種の「iPhone SE2」なるものが発売されると噂が広まっていますね。

しかしスマートフォンの寿命といえば”2年くらい”という話題もあるように長く使えば使うほど故障のリスクは高まります。また、端末の個体によっては購入して間もない時期に不具合が生じたりするかもしれません。

そんな故障や不具合の修理もリンクサス・モバイルならお手の物です。

お気に入りのiPhoneをまだまだこれからも使い続けたいという皆さん、是非リンクサス・モバイルにご相談下さい。

iPhone SEで発生しがちなトラブル

ディスプレイの破損

スマートフォンの故障原因で最も多いのはディスプレイの破損です。

端末を落とす・踏んでしまう・上に重い物を置いてしまったという些細な事でもスマートフォンのディスプレイは割れてしまいます。

ディスプレイが割れてしまった端末をそのまま使用し続けているユーザーもいますが、ディスプレイはガラスなのでひび割れた箇所から細かなガラスの粒子が指を経由して目に入ってしまうリスクもあります。

当然ケガの原因にもなりますし、そのままの状態を放置していても状況が悪化するだけなので早めに修理に出しましょう。

また、割れた部分は剥き出しの状態に近いため、埃や水滴が内部に入り込むことで別の故障原因にもなり得ます。

本体が水没

最近発売されているiPhoneには防塵・防水機能が標準で搭載されるようになっています。

あくまでも生活防水程度であって完全防水ではありませんが、水没しても十分に耐えられます。しかし、iPhone SEには一切の防水機能が搭載されていないので水没した場合は絶望的です。

かつて実際におきた事例ですが、”夏にズボンのバックポケットに入れておいたら汗の湿気で壊れてしまった””寒い場所から暖かい場所へ移動した際に結露が生じて故障してしまった”という故障事例もあるほど水分には弱いのです。

iPhone SEの小さく軽量という長所も水場では逆効果かもしれません。胸ポケットや鞄のからするりと落ちて水の中…という悲劇を招いたユーザーも多いです。

iPhoneが水没してしまった場合はリンクサス・モバイルへご相談下さい。

ボタン関係の不具合

ディスプレイの次に多い不具合がボタンの不具合です。 ボタンの不具合は修理の依頼の中でも比較的多いケースなのです。

例えばホームボタンや音量調節ボタンです。iPhone SEもホームボタンがあるので例外ではありません。

ホームボタンの調子が悪い場合は、ボタンのスイッチ部分が接触不良を起こしているケースが多いのですが、突然ボタンが使えなくなったというような場合には、ソフトウェア側に原因がありそうです。

その際にはiPhoneをまず再起動してみて下さい。再起動しても動作が改善されない場合には、iPhoneのiOSバージョンを最新版にアップデートします。

ボタンそのものが不具合を起こしている場合の原因の多くは落下による衝撃です。恐らく殆どのユーザーが端末を落としてしまった際ディスプレイの傷や割れを気にすることでしょう。

画面が割れずに安心していたら、音量ボタンに不具合が出てしまったというケースはとても多いです。

リンクサス・モバイルではボタン不具合の修理も承っていますが、もしもiPhoneを落としてしまった場合にはボタンが問題なく動作するか全て確認を行うようにしてみて下さい。

iPhoneのフリーズ

画面がフリーズしてしまう事は経験されている方が多いのではないでしょうか。iPhone SEも例外ではなく画面がフリーズするというトラブルが発生することはあります。

スマートフォンの画面がフリーズしてしまうと全く操作を受け付けなくなってしまい、症状が酷い場合にはシャットダウン(再起動)すらできない始末です。

フリーズが起きやすいタイミングとしてはiTunesの接続時やアプリの使用中などが多いようですが、ホーム画面を表示した際にフリーズしてしまうこともあるようです。

他にもアップル社のロゴが表示され、そのまま暗転するかと思いきやそのままフリーズしてしまうこともあります。

画面がフリーズしてしまった場合はソフトウェア側の不具合が多いため、バックアップ後に初期化するのが良いかもしれません。

iPhoneの電源が落ちる

iPhone SEの使用中に電源が勝手に落ちてしまったという経験はありますか?

本体に十分なバッテリー容量が無いがない場合であれば納得できます。しかし、そうでない場合には突然のことで驚いてしまいます。実はこの現象もiPhoneの故障・不具合事例の一つです。

原因の多くはフリーズと同じでソフトウェア側による不具合が多いのですが、バッテリーそのものに不備があるという場合もありました。

この場合はバッテリーの過放電など一度バッテリー内部の電力を使い切る事で改善する可能性もあります。修理屋に持ち込む前に一度試してみて下さい。

それでも回復しない場合は是非、店頭までお持ちください。

バッテリーの減りが早い

iPhone SEは発売当初からバッテリーの減りが早いと言われていました。

これは端末自体が小さいためバッテリーサイズも必然的に小さくなったという事が考えられますが、1日の使用でバッテリーが持たなければスマートフォンとしての役割も果たせません。

あまりにもバッテリーの減りが早い場合は不具合の可能性が高く、メーカー側もバグや不具合として認めています。アップデートの際に発生したバグのようです。

このバグが原因の場合はバッテリーを交換するのではなく最新バージョンのiOSに更新する事で解決できます。単純にバッテリーが古くなり、iPhoneの稼働率も下がっている場合にはバッテリー交換を行いましょう。

”故障”と感じたら試してみること

稼働中のアプリケーションをすべて終了して再起動

特に衝撃を与えたわけでもないのにiPhone SEが不調だなと感じた場合は再起動してみましょう。

iPhone SEの中には超小型のハードウェアが沢山組み込まれており、その上でソフトウェアであるアプリケーションが動いています、それらのアプリケーションは常にインターネット通じて色々な動作をしています。

沢山のアプリケーションを同時に使用していると当然、本体の処理能力が追い付かなくなりキャパシティ・オーバーになってしまうことが想像できますよね。これが「重い」といわれる状態です。

そこでアプリケーションをすべて終了します。再起動することによって負荷がリセットされ、不調も解消される場合があります。

強制的な再起動

強制再起動は「リセット」というもので、様々な不具合の対処方としても使われています。

リセットはアプリケーションを終了してから行う通常の再起動とは異なり、今まで稼働していたソフトウェアを突然シャットダウンしてしまう本体に負担のかかる手法です。

基本的には最終手段と思っておきましょう。

iPhone SEのリセット方法はとても簡単で、ホームボタンと電源ボタンを長押しするだけです。

アップルのロゴが表示されたら成功ですので、あとは再起動が完了するまで待ちましょう。

『壊れた、ジャンク品のiPhone11・ Galaxyも買い取ります!』横浜のスマホ買取専門店リンクサスモバイルへ!

引用元: 横浜の iPhone・スマホ 修理専門店 リンクサスモバイル

壊れてしまったスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneはどのように処理されていますか。売ることを諦めて、そのまま放置、もしくはキャリアに回収してもらうといった方も多いのではないかと思います。

実はリンクサス・モバイルでは、上記のような状態のスマートフォンやタブレット・iPhoneも買い取りを行っています。

壊れたスマホ・iPhone11を高く売る、買取してもらうためには

何故、壊れてしまったスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneが売れるのでしょうか。理由は、”純正の部品・パーツに価値があるから”。旧型の端末を治す為に部品やパーツを必要としている修理屋であれば、勿論ジャンク品や損傷が酷いスマートフォンiPhoneでも高値で買取ってくれるという”裏技”があるんです。一度、売ることを諦めていた端末も、査定に出してみてはいかがでしょうか。

壊れたiPhoneなどのジャンク品も含め”横浜で10年間”の高価買取実績を持っています!

横浜のiPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルでは、iPhoneiPad、Androidスマートフォン・Androidタブレットの修理買取に創業以来10年間の実績を持っています。修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けており、独自の流通ネットワーク網を活用することができるため、お客様の製品を高額査定に掛けても利益を作れる様なシステムがあるのです。

『壊れたiPhone11・ Galaxyでも安く修理出来ます!』横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せを!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーの寿命切れからスマートフォンの割れてしまった液晶画面の修理まで、安価で素早い対応が可能なサービスをご提供できます!

横浜のiPhone11・Galaxy修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由は、修理に必要な部品・パーツを製造している工場から直接仕入れる事ができるから。日本国内でも広く見られる多数のスマートフォン修理店様に、部品・パーツの卸なども行っている為、他社の修理店様よりも非常に安価な金額で直す事ができます。

修理方法についてのご案内

リンクサス・モバイルでは、2つの方法で修理を承っております。

店頭修理

店頭に直接お持ち込み頂き端末の修理を承る方法です。

店頭修理の流れは以下をご参照ください。

① お見積り

電話、お問い合わせフォームよりお見積り・お問い合わせください。

リンクサス・モバイル担当スタッフより、お見積りのご案内をさせていただきます。

② ご来店

「申込書」「承諾書」にご記入いただきます。お見積りやご相談だけでも承ります。

③ 動作確認

お客様同席のもと、修理実施前に端末の事前動作チェックを行います。

診断の結果やその他の不具合が発覚した場合などはお客様へその場でご報告いたします

④ 修理開始

修理開始前におおよその所要時間をお伝えします。店内でお待ちいただいても外出いただいても構いません。

⑤ 動作確認

お客様の同席のもと、修理後の動作確認を行います。

⑤ お支払い・iPhoneのお渡し

宅配修理

リンクサス・モバイルでは宅配での修理も承っております。

遠方のお客様や店頭に行く時間がないというお客様もぜひご活用ください。

① お見積り

電話もしくはお問い合わせフォームよりお見積り・お問い合わせください。

担当のスタッフからお見積りのご案内をさせていただきます。

② ご発送

LINXAS株式会社まで宅配便で送付していただきます。

お申込みして頂きますとヤマト運輸がご自宅へ集荷に伺います 。

③ iPhoneが届き次第即日修理

iPhoneが到着したらすぐに修理を開始します。

他の不具合が発覚した場合等はお客様へご連絡を致します。

④ 代金引換にてお客様へiPhoneをお返し

修理完了後にヤマト代引きにてiPhoneを発送致します。

«