tel

0120-916-570

toptel
  2021/4/02
Junk

リサイクルショップやオークションサイトなどで良く目にする「ジャンク品」。

「値段が安いことはなんとなくわかるけど、一体どこからがジャンクなの?」と、ハッキリした決まりがわからない人も多いのではないでしょうか。

ジャンク品は、買っても売っても便利なお宝!どんなものなのかを理解すれば、今後扱いに困ることはありません。

ここでは、

  • ・ジャンク品ってどんな意味?
  • ・例えばどんなものがある?
  • ・購入しても問題ない?
  • ・買い取ってもらえる?

という疑問をわかりやすく解説。参考にしながら、あなたの身近に隠れているジャンク品をぜひ探してみてくださいね。

ジャンク品とは?

ジャンク品とは、「製品としての本来の機能を失っているモノ」のこと。ジャンクは英語で「junk」といい、「役に立たないもの」「ガラクタ」という意味があります。

ジャンク品の主な役割は、抜き取った部品を修理用としてほかのものに活用させること。通常どおりのの使い方ができないので、そのままではあまり価値がありません。

  • ・レトロな製品をインテリアとして飾る
  • ・分解して機械の仕組みや修理方法を学習する
  • ・複数の部品を組み合わせて1つの実用品を制作する

このように他にもいろいろな使い道があり、「ジャンク」「ジャンクパーツ」と呼ばれることもあります。

問題なく使えるジャンク品もあるかも

ショップで見かけるジャンク品の中には、発売から時間が経っているだけの型落ち品も!売れても大きな利益が見込めない商品にはメンテナンス費用をかけたくないため、「訳あり」として販売しているんです。

例えば、300円ほどの携帯ゲーム機を本体が傷だらけの状態でタダで仕入れた場合。メンテナンス費用をかけても最大で300円にしかならず、動作確認をするときの人件費や占有スペースのコストが多く見込めません。

そのため、赤字を防ぐために動作確認を省略。「本来の価値がない」ことが前提なので基本的に返品はできませんが、通常の価格よりとてもリーズナブルです。探しようによっては、ただ古いだけでも実は魅力的だというお宝が見つかるかもしれません。

ジャンク品にはどんなものがあるの?

販売されているジャンク品を具体的にみていきましょう!

ジャンク品の例

リサイクルショップの店頭やヤフオクなどのオークションサイトを確認すると、下記のような商品がジャンク品として売られています。

  • ・楽器
  • ・スマホ
  • ・カメラ
  • ・パソコン
  • ・ゲーム機
  • ・おもちゃ
  • ・オーディオ
  • ・タブレット
  • ・車・バイクの部品

これだけ幅広いジャンルの商品があることには驚きですよね。

中でも特に多いのが、オーディオ・パソコン・スマホなどの精密機械類。機械に故障はつきものなので、修理用のパーツは需要が高く、その部品が安く手に入るジャンク品とは相性が抜群なんです。

状態にはバラつきがある

「ジャンク品を購入しても大丈夫かな?」

結論から言うと、自分の用途にあったものを購入すれば後悔することはありません。

ジャンク品は、いくら安いといっても状態はさまざま。

例えば・・・

・外装は傷だらけだが、動作は問題ない
・外装はキレイだが、動作に問題あり

このように、同じ製品でも1つずつに特徴があります。

同じ値段なら、どちらがお得なのかは購入する側の考え方で変わりそうだと思いませんか?ボロボロでも問題なく使えるなら前者ですし、コレクションとして飾るだけなら動かなくても綺麗な方がいいはず。

ジャンク品を購入する時は、まずどんな状態なのかを理解して選び、自分の目的が達成できるかどうかを考えるのがベストです。

ジャンク品のパターン5選

代表的なジャンク品の例を5つご紹介します。

どんな状態なのか見極めれば、自分の目的に合った商品かどうかが判断できますよ。

正常に動作しない・動作が不安定

通常通りに動作しない状態。パソコンやスマホなどに多く見られます。

例えば・・・

・突然電源が落ちる
・充電の減りが早い
・ボタンが押しにくい

これらは、パソコンやスマホの知識があれば自分で直せるほどの症状が軽いジャンク品です。

見つけられたら、ジャンク品の中ではかなりお得なタイプ!交換するべきパーツがわかる方、ソフトウェア上の問題を発見できる方なら修理して使用できます。

動作するが一部の機能が壊れている

ジャンク品の機能が一部壊れていても、自分にとって気にならないならそのまま使用可能!「使わない機能だからいいや」と納得して購入できれば、通常品よりも安く手に入れられるのでとってもお買い得です。

例えば・・・

・液晶画面に傷があるスマホ
・カメラレンズが割れているスマホ
・USBポートやDVDドライブのみが壊れたパソコン

これらは、一部の機能を除けば正常に動く状態。DVDドライブ(DVDのデータの読み書きをする装置)はあまり使用しない方もいるので、意外と困らないかもしれませんね。

付属品が欠品している・パーツがそろっていない

電源ケーブルなどの付属品が欠品していたり、すでにパーツが抜き取られたりしている状態。本体自体は故障していないので、不足している部分を取り付けてあげれば使用できます。

例えば・・・

・ハードディスクが抜き取られたパソコン
・電源ケーブルが欠品しているノートパソコン
・ブルーレイドライブが抜き取られたゲーム機

など。そのままでは本来の機能が発揮できませんが、修理の知識と技術があれば簡単に直せます。欠品しているだけなら、必要なものを買いそろえるだけでOK!簡単に使えるようになるので、このようなジャンク品を見かけたら掘り出し物ですよ。

動作未確認品

正常に動くかどうかが未確認の状態。ただ単に型落ちしているだけかもしれないので、ショップで見つけられればラッキーです。

でも、ジャンク品は「本来の製品としての機能を失っているモノ」。満足に動かなくても、返品はできないかもしれません。

ちなみに、動作未確認のジャンク品はオークションやフリマサイトなどでの購入はなるべく控えるのがおすすめ。出品者の中には、商品を売るために完全に壊れている商品を動作未確認品として出品している人もいます。

相手の顔が見えない個人間の取引なので、期待して購入すると失敗するかも。取り引きのキャンセルはできるかもしれませんが、返送する手間や送料などの費用がかかりムダな時間を過ごしてしまいます。

壊れている

完全に壊れて使えない状態。「なんで完全に壊れたモノに値段がつくの?」と不思議に思うかもしれませんが、動かなくても内部のパーツには価値があります。

修理目的の部品を取り出すだけなら、完全に壊れた製品でも関係ありませんよね。

例えば、発売から時間が経過しており、本体も内部のパーツも生産が終了している場合。修理をしようとしてもメーカーから新品のパーツを手に入れるのは難しいので、中古で出回っているものから必要なところだけ抜き取ってしまうのが1番簡単で確実です。

完全に壊れた製品でも修理用の部品と考えれば、新しい価値が生まれそうですよね。

あなたの家にもジャンク品はありませんか?

あなたの家にも、価値のあるものが眠っているかも!

ジャンク品は購入しても楽しいですが、売ってお金に換えられるのも魅力的。不要な物を処分して、さらに現金も手に入るので一石二鳥です。予想外の金額で売却できれば、欲しいものを買う費用にもなりますよ。

特に多いのは「スマホ」「タブレット」

家に眠っているジャンク品で、特に多いものは2つ。

  • ・スマホ(Android、iPhone)
  • ・タブレット、iPad

どちらも、今や生活する上でたくさんの人が便利さを感じているアイテムですよね。

でも、スマホやタブレットは毎日欠かさずに使うもの。使用頻度が高いので、長い間使っていると消耗して不具合が出てきます。

例えば、使っている内に端末の画面が割れたり動作が不安定になったり。新しい端末に買い替えてからは、そんなジャンク品をクローゼットの中にしまったまま忘れていませんか?

買取可能なのはどんな状態?

スマホやタブレットは、以下のような状態ならお金に換えるチャンス!

特に、画面にヒビが入っていたりバッテリーが劣化していたりすると、ケガや事故が起きるおそれも。大きなトラブルが発生する前に、ジャンク品として査定に出せば価値が評価されて売却できます。

ただし、買取先によっては買取不可。もしくは、買取可能でも査定価格はとても低くなってしまうので注意です。

まずは買取専門店で査定を

ジャンク品のスマホやタブレットをお金に換えるなら、「買取専門店」がおすすめ!

iPhone X(64G/良品)の買取を例に、ほかの買取先との特徴を比べてみました。

買取専門店は安全に売却でき、買取金額がもっとも高いのが最大の魅力!特別な手続きをしなくても、現金が受け取れるところも嬉しいです。

「壊れているから金額なんて付かない」と諦めてしまう前に、まずは買取専門店にジャンク品を査定してもらいましょう。もともと不要なら、少しでも査定金額が付けば損はしませんよね。

さっそく査定を依頼してみる

ジャンク品の高価買取はリンクサスモバイルにおまかせ!

スマホやタブレットのジャンク品は、「リンクサスモバイル」へ!

横浜で10年以上の買取実績をもち、経験豊富なスタッフが部品1つずつの価値をしっかりと査定します。

別のところで査定をしたことがあり、「買い取りを断られた」「金額に納得できなかった」というジャンク品もぜひ!買取の他に修理事業も展開しているので、ジャンク品の買取にもできる限りの高値がつけられます。

買取方法は2つ

買取方法は「店頭買取」と「宅配買取」の2つ。

それぞれ違ったメリットがあり、あなたにピッタリな方法で申し込めます。

店頭買取

ジャンク品を直接店舗へ持ち込む方法。金額に納得すれば即日で現金に換えられるのがメリットです。できるだけ早く現金化したい方には嬉しいですよね。実際に顔を合わせた取引なので、「ネット上の取引は不安…」と感じている方も安心して取引ができますよ。

リンクサスモバイルの実店舗は、横浜関内店・横浜店・川崎店がございます。(2021年3月時点)

店舗一覧

宅配買取

「店舗が近くにない」
「店舗まで行く時間がない」
「店舗まで行くのが面倒くさい」

宅配買取を利用すれば、自宅にいるだけで買取可能!リンクサスモバイルなら、24時間、全国どこからでも手軽に申し込めます。

主な流れはこちら。

  1. 1.リンクサスモバイルWEBサイトで買取金額の確認とお申込み
  2. 2.コンビニや宅配便から送料無料で発送
  3. 3.査定結果のお知らせを確認
  4. 4.査定価格に納得できたら、マイページにて必要情報・振込口座の入力
  5. 5.振込代金を確認

もちろん、早朝・深夜の申し込みもOK!万が一査定結果に満足できなくても、キャンセルできるので安心してくださいね。(※送料がかかります)

宅配買取を詳しくみる

まとめ

  • ・ジャンク品は「本来の機能を失った製品」
  • ・ジャンク品といっても状態はさまざま
  • ・ジャンク品は現金化できる
  • ・高価買取はリンクサスモバイル

動作が不安定なものから完全に壊れているものまで、いろいろな需要があるジャンク品。あなたにとっては「ガラクタ」でも、人によっては「お宝」です。

心当たりがあるな」と感じたら、今すぐ家の中を探してみましょう!

特に、スマホは価値があるのに家で眠っている確率は高め。もともと高価なものなので、そのままにしておくのはもったいないと思いませんか?

現金に換えるなら、リンクサスモバイルへ!「壊れているから」と諦めずに、まずは買取査定を依頼することで、アッと驚く結果が待っています。

査定は無料、Webサイトからいつでも申し込めます。

ジャンク品を活用して、お得に現金をゲットしましょう。

さっそく査定を依頼してみる

«