iPhone買取査定時の傷、どのくらい減額される?減額されないためにできること。注意点を紹介 | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel

iPhoneを使用していると知らず知らずのうちについてしまう小さな傷から、落としてしまったことによってつく大きめの傷など、様々な傷はどうしてもついてしまいますよね。

iPhoneを買取や下取りする際の査定時に、ついてしまった傷によってどのくらい買取金額が減額されてしまうのかとても気になるところではないでしょうか。

そこで本記事では、iPhone買取査定時の気になる傷に対しての減額と、減額されないためにできることや、査定時の注意点などを紹介していきます。

 

iPhone買取査定時の傷(ディスプレイ)で減額対象となる事例・注意点とは?

ディスプレイに傷がついたスマホ

iPhone買取査定時の傷で減額対象となる事例とその注意点についてまずは見ていきましょう。

 

ディスプレイのひび割れや欠けが目立つ

iPhoneのディスプレイ部分にひび割れや欠けが少しでもある場合、店舗では大幅な減額対象となる場合が多いです。

最悪の場合は、買取不可のお店も存在するようですので、買取に出すiPhoneのディスプレイは普段から保護フィルムなどを使用し、ディスプレイのひび割れや欠けることの無いよう気をつけて取り扱いましょう。

 

ディスプレイの表示に赤みや黄ばみ・色ムラがある

ディスプレイの表示が赤っぽかったり、黄ばみ・色ムラがあると残念ながら減額対象になります。あまりにも状態が悪ければ、買取不可となることもあるので注意が必要です。

iPhoneを購入した際はもちろん、使用していく中でディスプレイに赤みや黄ばみ、色ムラを感じたら早めにAppleもしくは、iPhoneの修理店で相談するようにしましょう。

 

ディスプレイに焼き付きが発生している

ディスプレイに起こる焼き付きは、iPhone買取査定時の傷と同じく減額や買取不可ということになる可能性が高いので注意が必要です。

iPhoneのシリーズの多くに採用されている有機ELディスプレイ。有機ELディスプレイは、液晶の黎明期でも画面の焼き付きが話題となったことがありましたが、近年の液晶ではほぼ改善されていました。

しかし、最近主流の有機ELディスプレイは、画面の焼き付きが起こりやすく、長時間同じ表示をしていると、違う映像に切り替えても、焼き付いた映像がなんとなく残っている症状があります。

こうしたことからも有機ELディスプレイを採用したiPhoneを利用する際には、極力ディスプレイの点けっぱなしや同じ画面の長時間表示を避けるようにするようにしましょう。

 

ディスプレイのバックライトが故障している

現在のiPhoneの多くは、有機ELディスプレイが採用されているので、ディスプレイのバックライトの故障などは関係ありませんが、有機ELディスプレイではなく、液晶ディスプレイを採用されている場合は、バックライト構築が必須です。

バックライトの劣化や故障は、減額の対象や買取不可の原因となってしまいます。

バックライトは、使用頻度や経年劣化によって消耗し、寿命があるものなので、ディスプレイが暗いと感じたら、買取査定に出す前に修理に出すことも検討してみましょう。

 

画面浮き

画面が沈み込んだり浮き出たりしてしまった場合は、不具合として扱われるため、保証額以下での買取査定となるケースが多いです。

この画面浮きは、ディスプレイの下部に症状として現れる場合が多いので、買取査定を受ける前にしっかりと確認をしましょう。

また、使用時には、取り扱いにも注意して、頑丈な保護ケースなどを装着するよう心がけるといいでしょう。

 

iPhone買取査定時の機能面で減額対象となる事例・注意点とは?

スマホでカメラをとる男性

iPhoneの買取査定では、ディスプレイの傷や不具合が減額対象となってしまいますが、それ以外にも、実際にiPhoneを操作した時に正常に動作することも重要です。

そのため、事前に動作確認を行い、おかしなところはないかを確認しておくことが大切です。そこでここからは、機能面で確認すべき場所を解説します。

 

バイブレーション機能が動作するか

バイブレーションが正常に動作しない場合、不具合と見なされ買取額も大きく下がります。

iPhone側面のサイレントスイッチのオン・オフを確認し、着信時にバイブレーションが作動するかチェックしましょう。

また、端末を落とした時に本体の故障でバイブレーション機能が動かなくなったという事例も多いので、日頃から取扱いにも十分注意するべきです。

 

カメラが正常に動作するか

iPhoneシリーズの魅力のひとつなので、カメラが機能しない場合は、買取不可が多いです。

カメラが正常に動作するか、アプリを起動してアウトカメラとインカメラそれぞれ正常に映るか、カメラのレンズ部分にもひび割れや欠けがないかなどチェックしましょう。

 

各ボタン・ディスプレイの反応のチェックをする

ボタンの陥没は、減額対象になるので注意が必要です。

ボリュームキー・電源・スリープキーのほか、ディスプレイのタッチ操作が正常に反応するかを確認しましょう。

 

スピーカーが正常に鳴るか

スピーカーが鳴らない場合・ノイズが混じる場合も、減額対象になります。

着信音などがスピーカー部分や、通話音がレシーバーから聞こえるか確認して下さい。

 

iPhone買取査定時に減額対象となるその他の事例・注意点とは?

iphone11が入った箱3つ

iPhoneの買取査定時には、付属品がどのくらい揃っているかによっても大きく査定額が影響し、場合によっては減額対象となることもあります。

付属品として揃っているべきものには、

  • 化粧箱(外箱)
  • ・取扱説明書
  • ・simピン・ACアダプタ
  • ・データ転送および充電ケーブル(Lightningケーブル)
  • ・イヤホン・イヤホンジャックアダプタ(iPhone以降)

などがあり、買取店によっては欠品数や消耗度、汚れで査定に影響が出ます。多くの場合、欠品1点につき500円~1,500円程度の減額になるようです。

【例:欠品数1点で-1,000円、2点で-2,000円、それ以上は-3,000円】

また、iPhone自体が発売日が新しいものほど高く買取してもらえることが多いです。

コンスタントにiPhoneを買い替えるユーザーは、できるだけ新しいiPhoneを買い替えていくのも上手く運用するコツかもしれません。

それ以外にもメーカー保証やケータイキャリアの補償サービスで、リファビッシュ品(中古品などを整備した外観は新品のもの)と交換したばかりの交換品は、多くの場合、キズや使用感がない商品扱いとなり買取額がそれらに準じます。

このように、外観は新品同様でも買取額では新品扱いにならない場合もあるので、店舗に確認のうえ査定に出すことをオススメします。

 

水没について

最後に注意したいのは水没です。仮に水没させてしまった記憶がない場合でも、水没マークに水没判定があると、買取時には水没扱いとなり大きく査定額を落としてしまいます。

iPhoneシリーズは7以降から防水性能も高いので、あまり心配する必要はありませんが、旧型モデルは注意しておきましょう。

 

修理が必要・不要になったスマートフォン・タブレットは買い取ります!宅配買取は横浜のiphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル

リンクサスモバイル公式HPトップ

横浜のiPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルではスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneも買い取りを行っています。

キャリアに回収して貰う、自力で物理的な破壊処分をしてしまう前に一度、iPhone・スマホ買取査定に出してみてはどうでしょうか?

 

壊れたスマホ・iPhoneが高く売れる、ジャンク品を買い取る理由とは

壊れたスマートフォン・iPhoneやジャンク品が売れる理由には、純正の部品・パーツに価値があるからです。

旧型の端末を治すために、部品やパーツを求めている修理屋であれば、当然需要も大きいのです。

この裏事情こそが、ジャンク品や損傷が酷いスマートフォン・iPhoneでも高値で買取りを行っているカラクリなのです。

 

壊れたスマホ・iPhone・ジャンク品も含めて”横浜で10年以上”の高価買取実績を持っている

リンクサス・モバイルでは、創業から10年以上iPhone・iPad、Androidスマートフォン・Androidタブレットなどの修理・買取実績を持っています。

また、修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けています。

店舗名 iPhone・スマホ買取リンクサスモバイル
公式HP URL https://linx-as.co.jp/
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 なし
電話番号 0120-916-570
メールアドレス info@linx-as.net

 

まとめ

スマホをベッドで扱う女性

iPhoneの買取査定に大きく影響する注意点をご紹介してきました。

これからiPhoneの買取査定を検討している人にとって、少しでも査定額が減額とならないように、使用時から意識して使用することも大切ですね。

また、実際の買取時には、付属品を揃えるなど少しでも高い査定額になるようにすることも意識してみましょう。

«
買取強化商品