ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

令和の新型iPhone『iPhone11』&『iPhone11Pro/ProMax』の魅力

iPhone11』&『iPhone11Pro/ProMax』の新型iphoneのリリースから機種変更すべきか、、どうしよう、、、と思案している方は非常に多いと思います。

また『iPhone 11』&『iPhone 11 Pro/Pro Max』のカメラ機能を手に入れ、時代の流れに追い付こうとするべく「そろそろ新型のiPhoneに買い替えるべきか?」「新しい機種はどの様な進化を遂げているのか?」と気になる人も多いところではないでしょうか?

iphone11の凄さはまだまだ知られていませんが。カメラ好きにとっては、オリオン座をバッチリ撮影できるというだけで機種変更するだけの十分な理由にはなり得ます。今回は、そんな令和時代の先端をひた走る『iphone11』についてご紹介します。

2019年発売の新型モデル『iPhone11』&『iPhone11Pro/ProMax』

2019年9月に発売された新型モデルの『iPhone 11』。世間中がそんな新型iPhoneの話題で賑わう中、特に日本国内ではiPhone 11の発売がキッカケで、AndroidスマートフォンからiPhoneシリーズに乗り換えるという人が増えてきています。実は日本国内でのアイフォンユーザーの数は全世界から見ても全体の半数以上を誇り、シェアは不動の1位を取り続けているのです。

当然の事ながら我々日本人の日常には欠かせないアイテムとなっています。また、”現金”での支払いではなく”キャッシュレス決済”が推進される昨今、コンビニエンスストアでの買い物から公共料金を含む様々な支払いなど、我々の生活インフラを支える重要な生活基盤としての役割も担っていると言えます。

そこで今回は、旬のiPhone 11シリーズが気になる人の為にざっくりと「魅力」を紹介していこうと思います。貴方の生活には一体どのモデルを選ぶのがベストな選択になるのか、少しでも参考になれば幸いです。

『iPhone11』シリーズの種類・ラインナップ

iPhone 11シリーズは”3種類”のラインナップから販売されています。過去のモデル『iPhone X』『iPhone XS』が発表された時、インターネット上やSNSでは「ホームボタンが無くなった!」とスマートフォン業界に大きなインパクトを与えました。筆者自身も予想していなかった変化に強い衝撃受けました。今でも鮮明な記憶として残っています。

しかし、今回のiPhone 11シリーズについては既に『iPhone X/XS』を所有しているファンにとって、視覚的な変化が少ないので”感動””衝撃”を受けるにはややインパクトに欠けたプレゼンテーションだったかもしれません。ですがハイエンドなゲーミングパソコンをオーバークロックしてニヤニヤしているような層の”マニア達”にとっては、性能面での満足度は高い仕上がりになっているでしょう。

『iPhone11』『iPhone11Pro』『iPhone11ProMax』のカラー展開

iPhone 11シリーズでは、それぞれのモデル別に色が出ています。

  • iPhone 11 ⇒ ブラック・ホワイト・レッド・パープル・イエロー・グリーン = ”7色”
  • iPhone 11 Pro / Pro Max ⇒ ゴールド・スペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーン  =”4色”

カラーバリエーションはiPhone 11とiPhone 11 Pro / Pro Maxで統一されておらず、カラー以外に筐体背面に施された仕上げ処理も異なります。通常のiPhone 11は光沢あるガラスで高級感に溢れています。カラーチョイスは何れもパステルカラーを意識しており、柔らかさと鮮やかを両立した風合いになっています。

フラグシップモデルのiPhone 11 Pro / Pro Maxでは上位モデルと謳うだけあって、渋目で”大人”なカラー展開が特徴的です。通常モデルとは雰囲気も異なり、背面は光沢を抑えたマットな仕上がりです。筐体のサイドフレームにはグレードの高いアルミニウムが採用され、各カラーで違和感の少ない風合いの色使いを心掛けいるようです。

『iPhone11』シリーズの各本体サイズについて

ここからはiPhone 11シリーズの本体サイズについて紹介していきます。

  • 【iPhone 11】6.1in 150.9×75.5×8.3㎜ 194g
  • 【iPhone 11 Pro】5.8in 144×71.4×8.1㎜ 188g
  • 【iPhone 11 Pro Max】 6.5in 158×77.8×8.1㎜  226g

大きさを比較するとやはり最上級のPro Maxがサイズ・質量共にインパクトがあります。意外にもiPhone 11 Proは通常モデルのiPhone 11より小さくコンパクトなサイズ感に収まっています。また、iPhone 11 Proは前モデルのiPhone Xと同じサイズ感の為、ポーチといったケース類はジャストサイズそのまま使えそうです。

ちなみに通常モデルのiPhone 11は、iPhone XR同じサイズになっています。今回発売されたラインナップでも中間サイズに位置付けするモデルになりました。

『iPhone11』シリーズのストレージ容量&価格について

iPhoneを購入する際に必ず直面する”ストレージの問題”です。大容量モデルを選択するという事は、購入時の予算も多めに見ておく必要があります。micro SDといった外部ストレージは使用できない為、容量が少なくなりそうな場合にはクラウドサービスを頼ったり、バックアップも別途取っておかなければなりそうです。

まず、通常モデルのiPhone 11が上記画像の右側64GB・128GB・256GBという構成です。Appleとしては上位モデルと優劣を付ける為、あえて最大構成を”256GB”にしたのだと思われます。結果、11よりもPro&Pro Maxの方がストレージの最大構成における容量が大きい物が用意されています。

iPhone 11シリーズではイベントの発表やテレビCMでも大きく取り上げている様に”カメラ機能”に最も力を入れています。例えば、写真撮影が好きで『Twitter』『Instagram』などのSNSに頻繫にアップロードしているユーザーにとって、iPhone 11シリーズは正に”神器”とも言える存在です。

特に家族で写真を沢山取る家庭には子育て記録や、アルバムなどの思い出作りの為に写真や動画を多く撮る事も多いと思われます。更に、ビジネスシーンにおいても長時間の撮影はスマートフォンのカメラ機能を使う事が主流になってきている現在では、より多くのストレージを確保できるモデルが向いているでしょう。

”写真撮影や動画を頻繫に撮るユーザー、特に女性ユーザ―は128GB以上のモデルが最適”です。”写真や動画はあまり撮らない、音楽や動画も月額のストリーミングサービス(SptifyやApple Music、NetflixやApple Tv)を使用しているというユーザーは最小構成64GBで十分”です。しかし、多くのアプリケーション(ゲームも含む)をダウンロードするようなユーザーには128GBをオススメしたいところです。

  • 【iPhone 11】64GB/¥74,800・128GB/¥79,800・256GB/¥90,800
  • 【iPhone 11 Pro】64GB/¥106,800・256GB/¥122,800・512GB/¥144,800
  • 【iPhone 11 Pro Max】64GB/¥119,800・256GB/¥135,800・512GB/¥157,800

※ 全て税別の価格です。

『iPhone11』シリーズの防塵性・防水性は?

iPhone 11シリーズの防水・防塵性は、過去の旧型モデルと比較しても高い水準で機能しています。技術的な位置付けでは『IP68』という等級になります。Appleとしては水深2mに30分間の水没させても耐えられるというアピールでした。参考動画を載せておくので興味のある方は必見です。

『iPhone11』シリーズのバッテリーについて

iPhone 11シリーズはバッテリーの持ちが非常に長く、急速充電による恩恵もあって充電時間も非常に短いのです。特に本体が大型化する程、バッテリー容量は増えていきます。特に最上位モデルiPhone 11 Pro Maxでは3969mAhと大容量のバッテリーを採用しており、これは通常モデルと比較して約25%もの増量という結果になっています。

  • 【iPhone 11】動画再生最大17時間/音楽再生最大65時間
  • 【iPhone 11 Pro】動画再生最大18時間/音楽再生最大65時間
  • 【iPhone11 Pro Max】動画再生最大20時間/音楽再生最大80時間

今までのiPhoneシリーズと言えば、あまり電池の持ちが良くないイメージは付き物でしたが、新型プロセッサーの「Apple A13 Bionic」ではパフォーマンス向上の他にもニューラル・ネットワーク・エンジンによる消費電力の効率化が図られています。残念ながら2019年現在でもバッテリー分野においては、技術的なブレイクスルーが起こっている訳ではない為プロセッサー側による電力消費を抑える技術がここで活きているというワケです。

他にも大容量バッテリーを充電するには相応の出力を持った充電器が必要です。結果的に今までのシリーズで同封されている充電器が変更され、最大18Wもの急速充電に対応した充電器が純正付属品として同梱される事になりました。出力上昇に伴って、充電器も見事大型化を果たす事で本体パッケージのボリューム感と重量は中々の物になっています。

『iPhone11』シリーズの目玉機能”カメラ”について

歴代iPhoneシリーズでも最もアピールされていたセールスポイントは、誰が一目見ても分かりやすい特徴的なカメラではないでしょうか。3眼カメラを搭載したiPhone 11は発表前のリーク通りでしたが、過去の旧型モデル達と比較しても見た目インパクトは相当なものでした。

巷では「スコープドッグじゃん」と揶揄するファンも多いのですが、3眼カメラの実力は外見上、主にハードウエアに関した物ではありません。iPhone 11では「ナイトモード」と呼ばれる夜間での撮影や暗いロケーションでの撮影に適した工夫が旧型モデルよりも施されているのです。

↑ 「装甲騎兵ボトムズ」に登場する戦闘ロボット「スコープドッグ」
引用:Yahoo! Japan ニュース| 新型iPhone 11が「装甲騎兵ボトムズ」と激似。サンライズに感想を聞いたら最高の答えが

特にIOS13 .2で追加されている「Deep Fusion」という機能は「Apple A13 Bionic」のニューラル・エンジンを活用する事で、写真撮影時に発生するノイズをハイレベルな機械学習機能で補完するというものです。つまり、iPhone 11で進化を遂げているハードウエアのカメラそのものは、機械学習といった高度なソフトウェアによる計算を活かす為のマテリアルでしかないという事です。

結果的には素人が適当に撮影した何の変哲もない写真が、プロカメラマンの用いる高額な機材を使用したかにも思えるレベルの写真が取れてしまうのです。

広角レンズ・超広角レンズ

iPhone 11ではソフトウェアの他にもハードウエアレンズの性能が大幅に向上しています。特に広角レンズ・超広角レンズは全てのiPhone 11シリーズに搭載されています。

広角レンズは読んで字のごとく広い範囲を収めて撮影が可能なレンズです。26㎜と13㎜のダブルレンズユニットを採用し、それぞれ二つのレンズが一つのシステムとして機能します。この二種類レンズがオートフォーカス機能、明るさや色合いのコントラストを調整しプロカメラマンも唸る程のレンダリングを可能とするのです。

ナイトモード

※ iPhone 11で撮影した写真ではありません。

「ナイトモード」と名前の由来通り、夜間や暗所でもクリアな写真・動画が撮れるという機能です。この機能ではiPhone 11が自動的に光を取り込んでくれます。本来、暗所で撮影する際通常より多くの光源が必要です。その為通常のカメラではシャッターを長めに開けておくといった工夫が必要になります。

しかし、シャッターを切るまでの時間が当然長くなるので、”3脚”などの補助機材がなければ、写真に”ぶれ”が発生してしまう事も多いです。iPhone 11シリーズではオート機能で複数回の撮影を行う事で、ブレやノイズを除去してくれるのです。

ポートレート

被写体を際立たせる為に背景をぼかして撮影する手法を「ポートレート」と呼びます。簡単に言ってしまえば”撮影したい物だけを目立たせるインスタ映え”な撮影方法です。実はこの機能は『iPhone 7 Plus』から実装されていますが、今回のiPhone 11シリーズではソフトウェアの改良とハードウエアの変化に伴い大きく進化を遂げている機能です。

スマートHDR

この機能では明るさの違う写真を複数枚合成する事で、陰影やコントラストをシャープに仕上げた撮影を可能とする機能です。例えば”背景の境目”といった拡大すると大きく発生するノイズの処理をピクセル単位で行い、写真の白飛びや黒潰れもなく、綺麗な写真が出来上がります。

インカメラ

実はインカメラの性能も向上しており、今までよりも広角での撮影が出来るようになっています。広い範囲で撮影が可能になった事で自撮り棒を持つ必要性も無くなり、「スローフィー」と呼ばれるスローモーション撮影がインカメラだけでも可能になっています。製造コストを下げる為何かと手を抜かれる事の多いインカメラですが、iPhoneにカメラの妥協はありません。今までの”HD画質”ではなく”4K画質”での撮影が可能になったのは非常に大きい進歩です。

機種変更ならiPhone・スマホ買取専門店へGo!!

引用元:横浜のiPhone買取専門店 スマホの修理もやってるリンクサスモバイル

iPhone11に機種変更する際に、出来るだけお得にiPhoneをグレードアップする方法をご存知でしょうか?その方法は、『iphone・スマホの買取専門店に買取査定を出す』です!!しかも、出来るだけ中古スマホ販売も手掛けている高額買取、高価買取をしてくれるiphone買取専門店が望ましいです。

間違っても、買取したあとに専門の業者に転売するような質屋さんだったりリサイクルショップなどに買取にだして安く売るようなことがないように注意しましょう!

横浜・関内エリア iPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルは日本全国から高価買取します!

iPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルは、横浜エリアを中心に創業から約10年iphoneの修理と買取を行ってまいりました。この経験のなかで、安くて高品質な修理のためのスマホパーツの手配や高額買取したiphoneやスマホでも利益を作るための二次流通ネットワーク網を構築してきました。

iphone・スマホ高額買取が実現できるのも、日本国内だけではなく中国・香港など海外での流通ネットワークを持つ弊社だからこそです。是非、iphone・スマホの機種変更に伴う買取査定はiPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルにお任せ下さい!

まとめ

iPhone 11の魅力はズバリ、11 Pro / Pro Max搭載の”トリプルカメラ”です。11 Pro / Pro Maxが搭載している望遠レンズはズームした撮影に強いので、使い勝手の良いカメラとして利便性も大きく向上しました。また、今作からはバッテリー持ちの改善も顕著に見られるので、長時間の使用にも十分耐え得るスペックになっています。

セールスポイントとしては、価格も従来の旧型モデルに比べて入手し易いプライスになっている事も大きいです。iPhone 11は3種類のラインナップから構成されていますが、基本的にカメラ機能とサイズ感以外に変化はありません。その為”サイズが一回り小さいiPhone 11 Proが最も使い勝手の良いモデル”です。

価格を抑えたい場合にはiPhone 11の最小構成がオススメです。大画面で動画を楽しみたい人にはiPhone 11 Pro Maxがオススメです。今回はiPhone 11シリーズの魅力について紹介してきましたが、2020年に発売が噂される『iPhone SE2』と『iPhone 12』での変化が楽しみです。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar

About Me

About Me

スマホペディアは、iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル が監修・運営しております。

”お得で快適なiphoneライフ”

を満喫できるように最新iphoneのリリース情報から、iphoneで発生しやすい修理の問題(画面割れ、起動しない、ホームボタン)について対処方法からお店選びなどの解決方法までお届け致します。