ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

【iPhone・iPadのイコライザ設定が面白い!】音楽をもっと楽しむ厳選イコライザ設定5選!

目次 非表示

イコライザという言葉をご存知ですか?

普段聞く楽曲の音質を自分好みに、しかも簡単に変えられるiPhoneのアプリが存在することをご存知でしょうか?

この記事では誰でも簡単に楽しめるiPhoneイコライザ設定と、シーンに合わせたおすすめのイコライザ設定と「iPhoneのイコライザだけでは何だか物足りない」という人達に、おすすめしたいイコライザアプリをご紹介していきます。

普段あまり楽器に関わりがない人には『イコライザ』という言葉を聞いてもピンときませんよね。

音楽に関わる仕事や、ギター・シンセサイザーに詳しい方なら友人達と自分が作り出したイコライザ設定を語る事も楽しみの一つだったりします。しかし、イコライザを1から説明すると専門用語が多くてキリがないので、今回はこのイコライザが何となく分かって頂ければと思っています。

イコライザとは…

イコライザとは楽曲の音声信号=周波数(Hz:ヘルツ)を調整することで、楽曲の雰囲気を自分好みに調整する機能です。「ジャズ」「ポップス」「ロック」などの、楽曲固有のジャンルに合わせた音声信号を自由自在に変化させることができます。

もう少し具体的な言葉で説明してしまえば『曲を自分好みの雰囲気に変える事ができる機能』です。

SONYと言えば『Walkman(ウォークマン)』があります。このウォークマンを筆頭に、AppleのiPodなどのオーディオプレイヤーには標準で備わっているイコライザ機能があります。このオーディオプレイヤーの専売特許とも言えたイコライザ機能が今では、iPhone・iPadシリーズやAndroidスマートフォンでも扱えるのです。

iPhoneシリーズにこの機能が標準で備わっている事を知っているユーザーは案外少なく、インターネットのWEBメディアやSNS、友人から聞いてから知ったという人が多い様です。

毎日聞く楽曲もこのイコライザ機能の活用すれば、新鮮な気持ちで何度も楽しむ事ができます。

【iPhone】イコライザ設定方法

この章では【iPhone】のイコライザ設定方法を写真を交えて解説致します。

まず、ホーム画面より「設定」をタップした後、画面を下にスクロールして下さい。《ミュージック》という項目があるのでタップします。

《ミュージック》の再生の中から《イコライザ》をタップします。

後は気になった設定や、聞いている楽曲に合わせた設定を選ぶだけです。

【iTunes】で作ったイコライザ設定をiPhoneに同期・反映はできる?

Twitterでも話題に上がる【iTunesのイコライザ設定】ではさらに細かい設定が可能です。

iTunesではiPhoneのイコライザ設定とは違い、もともと備わっているイコライザ設定から選択する方法ではなく、周波数のゲージを細かく設定できる機能もあります。その中には全て楽曲に対応し、全音域の質を向上させる《Perfect》という設定だったり、Twitterでも話題となった驚くほど聴き心地のいい《Eargasm Explosion》といった設定もあるそうです。

それならばと、iTunesの魅力的なイコライザ設定をiPhoneに同期・反映をしたいと思うユーザーも多い筈ですが、残念ながらできないそうです。

iPhoneのイコライザをFlatにし、iTunes側ではあらかじめイコライザを好みの設定(仮に《Perfect》とします)に変更してからケーブルを繋ぎ【iTunes側】で「ファイル」→「iPhoneを同期」をクリックするといった方法もあるそうですが、上手くいかないようです。

こんな時、iPhoneのイコライザ設定はどうしてる?状況別おすすめ設定5選

iPhoneで【イコライザ設定】をする方法はとても簡単です。

イコライザ設定の種類はシーン別・接続機器別と充実しており、その数は何と23種類にも及びます。しかし、そこまで豊富な種類があると、今度はどれを選んでいいのか悩みませんか?

そこで、ミュージックジャンルに合わせたおすすめのiPhoneのイコライザ設定をご紹介します。

ボーカルや歌詞を鮮明に聞き取りたい方には《Vocal Booster》《Pop》

歌詞を聞き取りたい時や、楽曲のボーカルを際立たせたい時には《Pop》も良いですが、《Vocal Booster》が特にオススメです。

『Pop』は音楽ジャンルでいう”ポップス”向けの中音が強調されています。しかし、《Vocal Booster》ではさらに歌詞が乗る中音を一層強く強調することで、より鮮明にボーカルが際立ちます。

イコライザ機能は音楽だけではなくYoutubeなどの動画サービスでも便利で、会話がメインの動画を視聴する時には、声が聞き取りやすい《Spoken Word》もオススメです。

楽曲本来の音を楽しみたい人には《Flat》

アーティストはレコーディングの際に自分の発声などを素のままで聞くため、専用のヘッドホンを使用します。

アーティストが使用するようなモニターヘッドホンを使って、よりアーティストが表現したかった音・楽曲が聞きたい場合に《Flat》がオススメです。

全ての音域を文字通りFlat(フラット)な環境に設定するので、他のイコライザ設定に比べやや聴き心地に物足りなさも感じます。しかし、曲やヘッドホンの接続機器の種類によっては、加工のかかっていない《Flat》が聞きやすいという場合もあります。

街中や電車・バスなどの移動中で音楽を聞く時にオススメ《Hip Hop》

電車やバス移動の際、街中の大きな低音ノイズが混ざると、音楽の低音域が聞き取りづらくなります(これをマスキング効果と言います)。

こんな時「ヒップホップ好きじゃない」という人でも、 イコライザ設定《Hip Hop》に選択してみてください。

実はこの《Hip Hop》設定では、高・中・低音の音域を全体的に強調することで、雑音と混ざった時でもあらゆる音域バランスが調和され、全体的に聞こえやすくなる効果があるのです。騙されたと思って一度試してみると、新しい発見が出来るかもしれません。

迫力のある重低音が響くクラブミュージックを聞く時に《Bass Booster》

『AirPods』やイヤホンには長時間の音楽視聴でも耳の疲れへの負担を和らげるために、軽い聞き心地に設定されています。また、スピーカーやイヤホンの種類にもよりますが、 一般的には低音をキレイに表現するのが難しいとされています。

そこでiPhoneのイコライザ設定《Bass Booster》で低音を強調することで、音質を元の音・楽曲に近づけることができます。

このイコライザ設定ではクラブミュージックや、ドラム・ベースの迫力ある重低音が好きな方に是非オススメしたい設定です。

好みの音楽のジャンルに合わせて設定したい場合

選択できるiPhoneのイコライザ設定にはそのまま《Pop》《Classical》《R&B》のように、音楽ジャンルの名称で分けられているので、迷った時には好みの音楽ジャンルに合わせて選択するのも良いでしょう。

音楽のジャンルの名称とイコライザ設定の名称が合っていても、それが正解という事では決してありませんが、曲の雰囲気に合わせてイコライザ設定を変えるのは楽しみの1つです。

スピーカー・イヤホン別おすすめのイコライザの音質

イヤホンやスピーカーには機種がそれぞれ得意とする音域などの分野があり、当然ですが弱点も含まれます。

そこで機種別の特性を活かすイコライザ設定や、機種別の弱点を補うイコライザ設定を選択することで、安定した聞き心地の音楽に変えることができます。

AirPodsやカナル型イヤホンを使用する方には《Treble Reducer》

一般的に普及率の高いスピーカーがこのカナル型イヤホンです。

カナル型イヤホンの特徴で、長時間音楽を聞いても耳が疲れないよう高音域を響かせた軽い音域設定になっている事があります。《Treble Reducer》を設定すると、高音域の響かせを軽減した上、低・中音域を強く感じさせることで、音に厚みが増して、設定前よりも音に広がりを持たせることができます。

高性能なスピーカーなら《Flat》で十分

《Flat》は文字通り全ての周波数帯域の設定をフラット(平坦)0dBにした設定です。高級なヘッドホンやスピーカーのもつ本来の機能を発揮させるには、楽曲を本来の音域をそのままにする設定を選ぶのも面白いです。

《Small Speakers》は小さななスピーカーにおすすめ!

Bluetoothなどで簡単に接続でき、野外で音楽を楽しむのに便利なコンパクトスピーカーを持つ人も多いですよね。その反面コンパクトスピーカーは、低音域の迫力が若干もの足りない所が弱みだったりします。《Small Speakers》ではコンパクトスピーカーをiPhoneに接続して音楽を楽しみたい時にとてもオススメです。

《Small Speakers》の設定では低音をより強調することで、コンパクトスピーカーの低音域が弱いといった弱点を補ってくれます。

より音質にこだわりたい方に。AppStoreにはiPhoneイコライザアプリが盛りだくさん!

iPhoneのイコライザを活用し、音楽ジャンルやiPhoneに接続するスピーカーやイヤホンに合わせて、音質を切り替えることで、より音楽を楽しむことができます。

また、Appstoreでは、様々な機能が搭載されたイコライザアプリがたくさんリリースされています。TwitterやSNSでも多くのイコライザアプリが紹介されているので、フォロワーさんの達と意見交換するのも楽しいでのではないでしょうか。

修理が必要・不要になったスマートフォン・タブレットは買い取ります!宅配買取は横浜の【iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル】

リンクサス・モバイルではスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneも買い取りを行っています。キャリアに回収して貰う自力で物理的な破壊処分をしてしまうという前に一度査定に出してみてはどうでしょうか?

壊れたスマホ・iPhoneが高く売れる、ジャンク品を買い取る理由とは

壊れたスマートフォン・iPhoneやジャンク品が売れる理由には”純正の部品・パーツに価値があるから”です。旧型の端末を治す為に部品やパーツを求めている修理屋であれば、当然需要も大きいのです。この裏事情こそが、ジャンク品や損傷が酷いスマートフォン・iPhoneでも高値で買取ってくれるという”カラクリ”なのです。

壊れたスマホ・iPhone・ジャンク品も含めて”横浜で10年以上”の高価買取実績を持っています

リンクサス・モバイルでは、創業から10年以上iPhone・iPad、Androidスマートフォン・Androidタブレットなどの修理・買取実績を持っています。また、修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けています。

壊れたiPhone・スマホも格安で修理が可能です!横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せ

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーの寿命切れからスマートフォンの割れてしまった液晶画面の修理まで安価で、素早い対応が可能なサービスをご提供できます!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルは修理に必要な部品・パーツを製造している工場から直接仕入れる事ができるからなんです。日本国内でも広く見られる多くのスマートフォン修理店様に、部品・パーツの卸なども行っている為、他社の修理店様よりも非常に安価な金額で直す事ができます。

まとめ

iPhoneのイコライザ設定が物足りないという方には、ラディウスのハイレゾ再生対応のミュージックプレイヤーアプリ「NePLAYER」「NePLAYER Lite」などもオススメです。他にもコンサート会場で有名なZeppの監修するイコライザアプリ「RealLive(turned on by Zepp」や高精度ハイレゾ音楽プレイヤーアプリ「Onkyo HF Player」など、iPhoneにはない細かいイコライザ設定が備わっていたりするので、 一度インストールしてみてはいかがでしょうか。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar

About Me

About Me

スマホペディアは、iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル が監修・運営しております。

”お得で快適なiphoneライフ”

を満喫できるように最新iphoneのリリース情報から、iphoneで発生しやすい修理の問題(画面割れ、起動しない、ホームボタン)について対処方法からお店選びなどの解決方法までお届け致します。