ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

【SAMSUNG最新情報】新型Galaxy『Galaxy Note10 Lite』&『Galaxy s10 Lite』情報まとめ

2020年1月3日にSAMSUNGは廉価版Galaxyシリーズを正式発表しました。

スペックなどについては前々から噂や憶測が飛び交っていたリーク情報とほぼ一致しており「XDA Developers」の信憑性の高さを裏付けるものになりました。「XDA Developers」はアメリカのJB Online Mediaが運営している開発者向けのコミュニティサイトです。

「XDA Developers」モバイルデバイス・スマートフォンのレビューやOSのアップデート情報まで、幅広い情報が集約されているマニア御用達のサイトですが、2019年12月23日12時27分に廉価版Galaxyの2種の仕様などについて触れていました。

世界最大のテックイベント「CES 2020」SAMSUNGブースにて新型「Galaxy」を展示

2020年1月7日から3日間に渡ってアメリカのラスベガスで開催されている「CES 2020」のSAMSUNGブースでは、SAMSUNGが誇るハイスペックスマートフォンGalaxyシリーズの廉価版機種『Galaxy s10 Lite』と『Galaxy Note10 Lite』が展示されています。

早速世界中のメディア達に取り上げられ、バッテリー持ちの良さやコスト・パフォーマンス面と、総合的な満足度の高さに定評がありそうです。

SAMSUNGは2019年に『Galaxy S10e』をS10の廉価版としながらも、やや異なるデザイン性でリリースしたことを考えると、今回の『Galaxy S10 Lite』はセールスポイントに工夫をしてを売り込むのかもしれません。

今回のGalaxyは通常モデルとも大きく変わらないパフォーマンスを持ちつつも”低価格”で提供するという姿勢とっており、これはAndroidスマートフォンのトップブランドであるSAMSUNGが大きくシェアを伸ばしている中国ブランド達や、Appleの新型廉価版端末iPhone SE 2(仮)」などを警戒している動きなのかもしれません。

Galaxy Note 10 Lite』の発売日と価格は?

引用:9TO5Google

2019年11月中旬時点で大きく触れ回っていたリーク情報では、2019年12月にGalaxy S10 Lite』&『Galaxy Note10 Lite』をインドで発売するというものでした。

しかし、12月24日時点ではSAMSUNGからは新型Galaxyの表もなく、発売日も2020年の1月中旬以降に延期したという話になっていました。

また、「XDA Developers」 では1月上旬にヨーロッパで販売される予定と報じていましたが、2020年2月11日にSAMSUNGの新型Galaxy発表イベントが正式に告知され、スマートフォンの発売日・価格の正確な情報はそこで報じられそうです。

また、インド・アジア圏市場でのリリースはヨーロッパ圏での販売が開始した後になる可能性も高いでしょう。更に過去のリークされている価格情報についてはGalaxy S10 Lite』が679.99ユーロ(¥82,480)Galaxy Note10 Lite』が609ユーロ(¥73,890~)とされていました。

『Galaxy Note10 Lite(SM-N770F)』のスペック(リーク情報)

OS「Samsung One UI 2(Android 10)」
CPU「Exynos 9810( 2.7GHz オクタコア )」
ディスプレイ「Infinity Always On AMOLEDディスプレイ(6.7インチ)」
解像度フルHD +(2400 x 1080 px)/398 ppi/1600万色/HDR/ブルーフィルター
メインカメラトリプルカメラ(12 MPデュアルピクセル、f / 1.7、12 MP超広角f / 2.2、12倍光学ズーム付き12 MP望遠レンズ、f / 2.4)、オートフォーカス、フラッシュ、クイックスタート、画像シーン認識
フロントカメラ32 MP(f / 2.0、オートフォーカス、モーション検知、音声制御、ディスプレイ経由のフロントフラッシュ)
ビデオ撮影UHD 4K 60 fpsまでの記録
動画再生サポートされている形式:MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、ASF、AVI、FLV、MKV、WBEM
Sペン4096段階の筆圧検知/レイテンシー:<70 ms/ピーク:0.7mm/エクスプレスノート/アニメーションメッセージ/インテリジェント選択/翻訳機能
センサー加速度計、気圧計、コンパス、輝度センサー、近接検出、ジャイロスコープ
バッテリー4500 mAh/25Wの急速充電
メモリ6 GB RAM、128 GBストレージ、マイクロSDスロット、直接サポートされるクラウドポートSamsung Cloud、Google Drive、MS Onedrive
モバイル2G(GPRS / EDGE):GSM850、GSM900、DCS1800、PCS1900
3G(HSDPA +):B1(2100)、B2(1900)、B5(850)、B8(900)
4G(LTE):B1(2100)、B2( 1900)、B3(1800)、B5(850)、B7(2600)、B8(900)、B17(700)、B20(800)、B28(700)、B38(2600)、B40(2300)、B41( 2500年)
インターフェースBluetooth 5.0/USB Type C/NFC/WiFi AC(2.4 + 5 GHz)/WiFiダイレクト/Smart View
セキュリティ顔認識/超音波指紋リーダー/Knox 3.4.1
音楽3.5mmステレオジャック、Dolby Atmos、サポートされるフォーマット:MP3、M4A、3GA、AAC、OGG、OGA、WAV、WMA、AMR、AWB、FLAC、MID、MIDI、XMF、MXMF、IMY、RTTTL、RTX、OTA
衛星通信GPS、GLONASS、北斗、ガリレオ
寸法と
重量
163.7mm x 76.1mm x 8.7mm/198 g
発売日2020年1月10日(噂)

『Galaxy Note10 Lite』は高コスパスマートフォンになるか?

Galaxy Note』 シリーズと言えば、単体のAndroidスマートフォンでありながらも高いパフォーマンスと本体に収納できる『Sペン』(スタイラスペン)で携帯電話と思えないようなインターフェースが特徴的な端末です。

Apple端末の頂点が『iPhoneシリーズならば、Android端末の頂点は『Galaxy』”とも揶揄したくなるスマートフォンで、Apple製品が持たない多くの魅力を持っています。特に現行機種の新型Galaxy Note10』『Sペン』”4096段階”という高い筆圧検知を誇ります。これはMicrosoftのリリースしているモバイルラップトップ『Surface』シリーズと同等のスペックです。

Androidスマートフォンの魅力は価格の安さにもありますが、現状SAMSUNGのリリースするモバイル端末はどれも高価で正直Apple製品と遜色ないプライスです。当然価格以上の製品価値もあり、Androidの中古市場でも高い買取査定額が付けられます。しかし『Sペン』を筆頭にSAMSUNGのデバイスに魅力を感じないユーザーの多くはiPhoneシリーズを選んでしまうかもしれません。

今回は廉価版のGalaxy Note』シリーズという事で、本体スペックそのものは”ハイエンド”に近い製品ですが、Galaxy Note』シリーズの魅力を損なわない十分なパフォーマンスと、手に取り易い価格帯の組合わせはAndroidスマートフォンが大きなシェアを獲得するチャンスとも言えます。

そのため、中国ブランドを筆頭にコストパフォーマンスの高さが顕著になってきたAndroidスマートフォン業界では、Galaxyが持つデザイン性とSAMSUNGブランドの価値に加えて、高いユーザビリティの製品を安価で入手できるとあればGalaxy Note10 Lite』のコストパフォーマンスは非常に高いものと言えるでしょう。

Galaxy』シリーズには革新的なアイデアにも魅力がある

SAMSUNGの持つ利便性の高いアイデア性は『Sペン』のみならず、世界初の折り畳みスマートフォンGalaxy Fold』などにも生かされています。

引用:Poket-lint

リリース直前のレビュアー用デモ機ではハードウエア側の不具合が多発し、製品の魅力以上に醜態を晒す残念な結果になってしまいました。

事態を重く見たSAMSUNGは急遽発売を延期し、製品の弱点を克服するべく改良を加えたのです。そしてGalaxy Fold』が国内でも正式に発売され、革新的な使い勝手と日常使用に耐え得る製品として高く評価されました。

またGalaxyが持つインターフェースの中でも高い有用性を持つのが「DEX」モードです。

「DEX」モードは、スマートフォン・タブレット端末をデスクトップパソコンの代わりの様に、ディスプレイ・マウス・キーボードに繋げて操作できるというものです。

Galaxyシリーズには標準で搭載されていますが、外部ディスプレイ・キーボード・マウスなどのデバイス操作だけであれば、どの様なスマートフォンでも可能です。しかし、その場合あくまでもAndroidのUI(ユーザーインターフェース)をただ操作しているに過ぎないのです。

引用:Galaxy

この「DEX」モードはAndroidのインターフェースをWindowsの様な独自のUIに最適化し、文”スマートフォンをパソコン化”する事ができます。

Galaxyシリーズに備わっている独自の機能であり、Apple製品にもありません。

SAMSUNGのアイデアはAppleがアピールする先進性とは違った方向性ですが、より万人に向けたクリエイティビティの高いデバイスで、我々を驚かせてくれるのです。

修理が必要・不要になったスマートフォン・タブレットは買い取ります!宅配買取は横浜の【iphone6s・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル】

横浜のiPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルではスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneも買い取りを行っています。キャリアに回収して貰う自力で物理的な破壊処分をしてしまうという前に一度iPhone・スマホ買取査定に出してみてはどうでしょうか?

壊れたスマホ・iPhone6sが高く売れる、ジャンク品を買い取る理由とは

壊れたスマートフォンiPhoneジャンク品が売れる理由には”純正の部品・パーツに価値があるから”です。旧型の端末を治す為に部品やパーツを求めている修理屋であれば、当然需要も大きいのです。この裏事情こそが、ジャンク品や損傷が酷いスマートフォンiPhoneでも高値で買取ってくれるという”カラクリ”なのです。

壊れたスマホ・iPhone6s・ジャンク品も含めて”横浜で10年以上”の高価買取実績を持っています

リンクサス・モバイルでは、創業から10年以上iPhoneiPad、Androidスマートフォン・Androidタブレットなどの修理買取実績を持っています。また、修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けています。

壊れたiPhone6s・スマホも格安で修理が可能です!横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せ

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーの寿命切れからスマートフォンの割れてしまった液晶画面の修理まで安価で、素早い対応が可能なサービスをご提供できます!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイル修理に必要な部品・パーツを製造している工場から直接仕入れる事ができるからなんです。日本国内でも広く見られる多くのスマートフォン修理店様に、部品・パーツの卸なども行っている為、他社の修理店様よりも非常に安価な金額で直す事ができます。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar

About Me

About Me

スマホペディアは、iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル が監修・運営しております。

”お得で快適なiphoneライフ”

を満喫できるように最新iphoneのリリース情報から、iphoneで発生しやすい修理の問題(画面割れ、起動しない、ホームボタン)について対処方法からお店選びなどの解決方法までお届け致します。