045-326-6922

toptel

iPhone 11シリーズを徹底比較!最新のiPhone 12/SEとの違いから分かる魅力とは

  2021/4/02
iPhone 11 comparison

2020年にiPhone12シリーズが発売されましたが、まだまだ注目したいのがiPhone 11。最新機種が発売されたことで、値段も安くなり「今が買い時なのでは?」と気になりますよね。

今回は「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3種類のスペックや価格の違いをわかりやすくご説明!また「他のiPhoneシリーズと何が違うの?」という疑問も解決できるようにiPhone 11と歴代iPhoneを徹底比較。

この記事を読んで、各シリーズからあなたにピッタリのiPhoneを見つけましょう!

【共通点】iPhone 11シリーズの特徴

iPhone 11シリーズの発売日は2019年9月20日。SIMフリー版はApple、キャリア版は「docomo」「au」「SoftBank」の3社が販売しています。

通常版の「iPhone 11」に、高性能モデルとして出たのが「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」。ロック解除には顔認証の「faceID」を使用しており、セキュリティ対策はバッチリ。ワイヤレス充電にも対応しているので、便利ですがホームボタンはありません。

CPUは、3機種全て「A13 Bionic」を搭載。以前のモデルiPhoneXよりも約20%ほど処理能力が高くなり、さらに電池持ちが良くなっています。

iPhone 11シリーズの性能を比較(11/Pro/Pro Max)

出典元:Apple(2021年3月時点)

「どのiPhone 11を選んだらいいか、わかならい」という方のために、ここからは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」3機種の違いを比較していきます。

3機種のスペック比較表

まずは、3機種のスペック比較表を見てみましょう。

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
150.9mm×75.7mm×8.3mm 144.0mm×71.4mm×8.1mm 158.0mm×77.8mm×8.1mm
カラー パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 1,792 x 828ピクセル 2,436 x 1,125ピクセル 2,688 x 1,242ピクセル
画面方式 液晶(Liquid Retina HDディスプレイ) 有機EL(Super Retina HDディスプレイ)
重さ 194g 188g 226g
カメラ性能 デュアルカメラ(広角・超広角)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
トリプルカメラ(望遠・広角・超広角)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB
CPU A13 Bionic
防塵・防水性能 IP68
生体認証 Face ID
Fellica 対応
バッテリー容量 3,110mAh 3,046mAh 3,969mAh

同じiPhone 11シリーズですが、性能を比べてみると違いがたくさん!共通点が少ないぐらいなので、後悔しないために購入前にしっかりと各機種の特徴を知っておきましょう。

それでは順番に説明してきます。

本体サイズ

iPhone 11シリーズは、どの機種も横幅7センチを超える大きめのサイズです。

気をつけたいのは、片手だけでストレスなく操作できるのが「iPhone 11 Pro」だけという点。「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro Max」は横幅がかなり大きいので、手の大きい人や大画面の写真・動画などを楽しみたい人に向いています。

特に、「iPhone 11 Pro」の横幅は「iPhone 11」より4.3cmも小さいので間違えないように注意!手でグリップした感じもかなり違います。片手のみで快適に操作をしたい方は「iPhone 11 Pro」を選ぶと良いでしょう。

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは、どの機種を選んでも「画面が小さすぎる」と感じることはありません。「iPhone 11 Pro」が最も小さく、次に「iPhone 11」「iPhone 11 Pro max」の順番。最も小さい5.8インチのiPhone 11 Proは、「iPhoneXS」と同じ画面の大きさです。

ディスプレイの性能は、有機ELディスプレイ(Super Retina HD)を採用した「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro max」が優秀。「iPhone 11」の液晶ディスプレイ(Liquid Retina HD)より、色のメリハリと電池持ちが良いのが魅力です。

液晶と有機ELの違いは、色の発色とエネルギー消費量。有機ELは液晶に比べて色の発色が綺麗で、映像をより鮮やかな色彩で楽しめます。また、有機ELは、黒色を表現するときに液晶のバックライトを消しているため、エネルギー消費が液晶に比べて少ないのも特徴です。

色鮮やかな動画をバッテリーを気にせず楽しみたいなら、液晶ではなく有機EL方式を採用している「iPhone 11 Pro」か「iPhone 11 Pro max」を選びましょう。

カメラ

iPhone 11シリーズの写真と動画は、美しさに違いはありませんが、レンズの数が異なります。

iPhone 11シリーズといえば背面に3つ並んだタピオカのようなカメラをイメージする方が多いかと思いますが、「iPhone 11」はデュアルカメラ。トリプルカメラは「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro max」の2つで「望遠レンズ」が追加されています。

例えば、

「運動会で遠くにいる子どもの顔をはっきり撮りたい」
「レストランのメニューが文字が小さくて見にくい」

こんなときは望遠レンズがとても便利。ズームしてもキレイな写真が撮影でき、ルーペ代わりにもなります。

広範囲の景色や人物をそのまま撮るだけならデュアルカメラでも問題ないかもしれませんが、カメラ性能にこだわりたいならトリプルカメラの2機種から選択するのがおすすめです。

重量

重量は、サイズの小さい「iPhone 11 Pro」が1番軽くて188g。一般的な缶コーヒー1本分で、ケースや保護ガラスを付けるなら200gを超えます。

「iPhone 11」は198g、「iPhone 11 Pro Max」は226gもあるので、手に持った感じはかなりズッシリ。1日中使っていると、手や腕が疲れたり肩が凝ったりするかもしれません。

iPhoneを充電せずに長時間使いたいなら、少しでも軽い方がいいので「iPhone 11 Pro」がおすすめです。

バッテリー

バッテリー容量は、3機種とも違います。

iPhone 11iPhone 11 ProPhone 11 Pro Max
バッテリー容量3,110mAh3,046mAh3,969mAh
ビデオの再生時間17時間18時間20時間

「容量の小さいiPhone 11 Proの方がiPhone 11よりも1時間も電池が持つの?」と疑問に思いますよね。

これは、iPhone 11 Proのディスプレイの小ささや有機ELディスプレイが省電力性に優れているため。バッテリー容量が大きければ、必ずしも使用できる時間が長いわけではないので注意しましょう。

ただ、iPhone 11シリーズは18Wの高速充電に対応しているので充電スピードはいずれも優秀!約30分で50%までチャージできます。短い時間で素早く電池が回復できるので、朝など忙しい時間帯にはかなり便利ですよ。

解像度

iPhone 11シリーズの解像度は、「iPhone 11」「iPhone 11 Por」「iPhone 11 Pro max」の順番で高く、よりキレイです。

細かい情報をたくさん表示するなら、液晶ディスプレイのiPhone 11よりも有機ELディスプレイの2機種が最適。例えば、iPhoneのカーナビアプリを使うときは狭い範囲にたくさんの文字が表示されるので解像度が低いと見にくく感じます。

ただ、実際の見やすさは動画や画像を並べて見比べない限りほとんど同じ。iPhone 11でもかなりキレイな映像が楽しめます。「文字や数字の細かさが気にならない」という方は、解像度で機種を選ばなくてもOKですよ。

カラー

出典元:Apple(2021年3月時点)

iPhoneは常に持ち歩くモノなので、見た目が気に入るかはとっても重要ですよね。カラーバリエーションはiPhone 11が6色、他の2機種は4色。

iPhone11 パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド
iPhone 11 Pro/Pro Max ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド

「iPhone 11」は、全6色でカラフル&ポップな色合い。原色に近い色ですが、少し淡く落ち着いたカラーに仕上がっているので安っぽさはありません。「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は全6色で大人っぽい色合い。かなり落ち着いた雰囲気で、高級感があります。

かわいい色を使いたいなら、iPhone 11。深みのある色が好みなら、iPhone 11ProかiPhone 11 Pro Maxがおすすめです。

iPhone 11シリーズの値段を比較

「どの機種にするか、値段も比較して決めたい!」

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の販売価格も見比べてみましょう!

価格比較表

ここではSIMフリー版のiPhoneを大手3キャリア&Apple Storeで比較しています。

【iPhone 11】

docomoauSoftBankApple
64GB87,120円82,400円82,800円71,280円
128GB95,040円87,600円87,840円76,780円
256GB106,920円99,466円100,080円88,880円

【iPhone 11 Pro】

docomoauSoftBankApple
64GB112,720円117,515円118,080円販売終了
256GB142,560円135,140円135,360円販売終了
512GB166,320円155,066円159,840円販売終了

【iPhone 11 Pro Max】

docomoauSoftBankApple
64GB138,600円127,600円132,480円販売終了
256GB158,400円144,533円149,760円販売終了
512GB182,160円168,133円174,240円販売終了

価格だけで考えると、「iPhone 11」のSIMフリー版を買うのが一番コスパが良さそうですね。「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」はどちらも全ての容量で10万円を超えているので、なんとかして購入費用を抑えたいところです。

購入費を抑える方法

では、iPhone 11シリーズをお得に購入する方法を3つ紹介しますね。

各社のキャンペーンを利用する

docomo・au・softbankの大手キャリアでは、iPhoneをお得に購入できるキャンペーンが充実しています。

例えば、auの「au Online Shop お得割」はこちら。

■対象機種をご購入で機種代金から最大22,000円(税込)割引
■期間|2020年4月1日(水)~

引用元:KDDI株式会社(2021年3月時点)

期間中、新規・乗り換え・機種変更でiPhone 11 Proを購入すると、22,000円も割り引いてくれる内容です。

端末の支払い代金が大幅に抑えられるので、大手の通信キャリアを契約する方はチェックしてみてくださいね。

中古品を買う

「絶対に新品がいい」というこだわりがなければ、安くて状態の良い中古品を買うのも良いでしょう。

新モデルのiPhone12シリーズが発売した現在、iPhone11シリーズは中古品でも豊富!iPhoneは毎年新しいモデルが発売されるのですぐに買い替える人も多く、中古品キレイな機種がよく売られています。少しの傷や使用感が気にならなければ、かなりお得なお買い物ですよ。

古いiPhoneを売却する

今使っているiPhoneを売却して、iPhone 11シリーズを買うための資金に充てれば出費が抑えられます。

iPhoneは人気の高い機種なので、古い機種でも1万円以上の買取金額が付く可能性大!例えば、iPhone 11シリーズの1つ前のモデルのiPhoneXR(64GB)は買取相場が25,000円前後。買取専門のリンクサスモバイルなら、SIMフリー版(中古・傷なし)が最大30,500円(税込)で買い取れます。

特に、比較的新しいモデルを使っている方は需要の高い今がチャンス!新しいiPhoneに買い替えて、お得に最新機種がGETしましょう。

◆リンクサスモバイル買取価格表はこちら|iPhone

自分の用途に合うiPhone 11を選ぼう

iPhone 11 シリーズはどの機種も魅力的。1つに絞るのは難しいですよね。あなたの用途やこだわりを考えれば、どのモデルを選べばいいのかがわかりますよ。

iPhone 11がおすすめな人

費用を抑えたい方はiPhone 11。他の2機種が10万円を超えているのに対し、iPhone 11はSIMフリー版を購入すれば、64,800円から購入できます。

価格が4~5万円安いにも関わらず、目立って性能が劣っているわけではありません。iPhone 11なら普段の操作でストレスを感じませんし、負荷のかかるゲームも快適にプレイできます。

大きな違いはカメラの数ですが、超広角と広角レンズが搭載されており画質はキレイ。ほとんどの方は、iPhone 11のカメラ性能で満足できるでしょう。

iPhone 11 Proがおすすめな人

手が小さい方や、片手で操作しながらハイスペックな性能を楽しみたい方はiPhone 11 Pro。iPhone 11シリーズの中で横幅が最も狭いので、無理なく操作できます。

スペックも、トリプルカメラと有機ELディスプレイで高画質。iPhone11よりいろんな表現の写真が撮影できますし、撮った映像がより鮮やかな画面で楽しめます。

iPhone 11Pro Maxがおすすめな人

大画面のiPhoneを使いたい方は、iPhone 11 Pro Maxがピッタリ。6.5インチになると、映画やYouTubeも迫力のある映像で楽しめます。

本体が大きいぶん、バッテリー容量も大きいため電池持ちが他の2機種より良いところも魅力的。スペックはiPhone 11 Proと同じなので、ディスプレイやカメラの性能はとても優れています。

最新のiPhoneに機種変更するのもあり

古いiPhoneから新しいiPhoneに買い替えを考えている方は、iPhone 11より新しいモデルを選択するのもありです!

iPhone 11と他のシリーズの比較

iPhone 11iPhoneSE(第二世代)iPhone12
価格64GB|64,800円
128GB|69,800円
256GB|80,800円
64GB  |44,800円
128GB|49,800円
256GB|68,000円
64GB|74,800円
128GB|79,800円
256GB|90,800円
本体サイズ150.9mm×75.7mm×8.3mm138.4mm×67.3mm×7.3mm146.7mm×71.5×7.4mm
カラーパープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッドブラック、ホワイト、レッドブルー、グリーン、レッド、ホワイト、ブラック
重量194g148g約162g
画面サイズ6.1インチ4.7インチ 6.1インチ
カメラデュアルカメラ(広角・超広角)シングルカメラ(広角)デュアルカメラ(広角・超広角)
バッテリー3,110mAh1,821mAh2,815mAh
対応通信規格4G4G4G/5G
CPUA13 BionicA13 BionicA14 Bionic

iPhoneSE(第二世代)は、iPhone 11と同じ高性能CPU「A13 Bionic」を搭載していながら、5万円を切る価格の安さと片手でもラクラク操作できる大きさが魅力。コンパクトなので、女性の手でも快適に使用できます。ただ、カラーバリエーションは少なくバッテリー容量はiPhone 11の約半分。カメラの性能も劣ります。

iPhone12は最新のCPU「A14 Bionic」を搭載し、処理能力が上がりました。また、本体は20g以上軽くなり、軽量化によってバッテリー容量は少ないですが、省電力なので電池持ちは変わりません。デザインは直線的になっており、最近の丸みをおびた形から「iPhone 5s」のようなシャープな形に戻っています。エッジが効いており、グリップしやすくなっていますよ。

結局、どのiPhoneがおすすめなの?

iPhone11シリーズと最新モデル。結局、どれがいいのか迷ったらこちらを参考にしてください!

  • ・性能と価格のバランスなら「iPhone 11シリーズ」
  • ・最高性能の新しい機種なら「iPhone12」
  • ・コスパ重視でiPhoneを使いたいなら「iPhone SE」

最新モデルの発売により、iPhone 11は型落ちに。価格が安くなっているので高性能なiPhoneを安く使いたい方におすすめです。5G対応の最新モデルを使いたい方は、iPhone12を。コスパ重視で使いたいなら、iPhoneSE(第二世代)がおすすめです。iPhone 11シリーズと同じCPU「A13 Bionic」を搭載しているので、動作で不満を感じることはありませんよ。

古いiPhone・スマホはリンクサスモバイルが買い取ります!

iPhone 11シリーズなどに買い替える際、古いiPhone・スマホはリンクサスモバイルで売却!買取実績10年以上、水没していたり画面が割れていたりするジャンク品も高価で買い取ります。

高価買取ができる理由

リンクサスモバイルでは、内部のパーツ1つずつまで丁寧に査定!iPhone・スマホの修理サービスも展開しており、iPhoneを熟知した経験・知識の豊富なスタッフがしっかりと価値を見極めます。

また、「高額査定」によりお客様の納得できる金額が提示できているので、高い満足度と信頼を得ています。おかげさまで、買取サービスをスタートしてから10年以上が経ちました。お客様からの嬉しいお声もたくさんいただいています。

買取方法は2つ

買取方法は、「店頭買取」と「宅配買取」の2つから選べます。あなたに合う方法でiPhone・スマホが売却できますよ。

店頭買取

直接お店に持ち込む方法。その場で査定結果が出るので、iPhoneがすぐに現金化できるのがメリットです。

顔を合わせた取引となので、「ネット上で、顔の見えない相手と取引するのは不安だな・・・」という方でも安心!急いで現金が欲しい方や、顔の見える相手と安全な取引をしたい方におすすめです。

2021年3月現在は、横浜関内店・横浜店・川崎店がございます。

店舗一覧

宅配買取

「時間がなくて直接お店に行けない」「買取金額が気になるけど、店舗が近くにない」という方には宅配買取がおすすめ!

お申し込みは、全国どこからでもOK。リンクサスモバイルのホームページにて、24時間いつでも受け付けています。

iPhone・スマホを発送したら、査定結果の連絡を待つだけ。買取金額に納得できたらメール内のURLにアクセスし、マイページにプロフィールや口座などを入力して振込みが確認できたら取引完了です。

発送作業以外は、ほぼ家から出ることなくiPhone・スマホが現金化できますよ。とてもラクな方法なので、忙しい方や買取に時間をかけたくない方は「宅配買取」がおすすめです。

関連記事:スマホ・iPhoneの買取査定は高価買取のリンクサスモバイルにお任せ!高額を出す5つのコツ

まとめ

  • ・iPhone 11はコスパがいい
  • ・iPhone 11 Proは高性能で片手操作しやすい
  • ・iPhone 11 Pro Maxは大画面と電池持ちが魅力
  • ・iPhone 11シリーズは値段と性能のバランスがいい
  • ・5Gを楽しむならiPhone 12
  • ・安さを求めるならiPhone SE
  • ・古いiPhoneはリンクサスモバイルで売却

iPhone 11シリーズは、それぞれのモデルに違った特徴がありましたね。iPhone11Proが高性能&高価格なのに対して、iPhone11は性能と価格のバランスがピカいちです。

最新のシリーズと比べてみても価格の割に高性能なので、「最新モデル」にこだわりがない方はiPhone 11を選んでおけば素敵なiPhoneライフが楽しめるでしょう。

今まで使っていた古いiPhoneやスマホは、リンクサスモバイルに売却して高額に現金化!買取金額を新しいiPhoneの購入に充てて、お得に高性能なモデルを手に入れましょう。

さっそく査定してみる

関連記事:初期化だけでは不十分!iPhoneを売る前には準備を万全に

«