iPhone減額に関する注意点 | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel
down

iPhone買取の査定額に大きく影響するポイント、買取時に減額対象にされないための注意点をまとめてご紹介致します。iPhone・スマホ買取をご検討中の方はぜひチェックしてみてください。

 

iPhone買取の減額に大きく影響するディスプレイ

画面に傷が入ったiphone

iPhone・スマホ買取で、買取価格を大きく左右する液晶画面ディスプレイについて減額査定になる注意すべきポイントをご紹介致します。

 

ディスプレイのひび割れや欠けが目立つ

iPhone・スマホの画面液晶ディスプレイにひび割れ、欠けがある場合は買取価格が大幅減額される場合が多いです。買取店舗によっては、買取不可となる場合もあります。

将来的にiPhone・スマホ買取を考えている方は、できるだけ液晶画面を保護するため保護シールやカバーを利用するなどしディスプレイのダメージに注意しましょう。

 

ディスプレイの表示に赤みや黄ばみ・色ムラがある

iPhone・スマホは、使っていく中でディスプレイの表示がやや赤っぽかったり、黄ばみ・色ムラが出る場合があります。

こちらも買取価格の減額になりますのでご注意ください。状態によっては買取不可となる場合もあります。

 

iPhoneの画面に焼き付き

液晶画面の改善により焼き付きの事例は減りましたが、それでもiPhoneを利用する際に、ディスプレイの点けっぱなしや同じ画面の長時間表示などにより焼き付きが起きる場合があります。こちらも大幅減額や買取不可となる場合があるので注意が必要です。

 

ディスプレイのバックライト故障

ディスプレイは、非常にデリケートで上記でご紹介したトラブル以外にバックライトの故障も起きる場合があります。原因は様々ですが、スマホ端末を落としたり物にぶつけるなどの衝撃で故障するなどしますのでご注意ください。

 

iPhoneの画面浮き

iPhone・スマホの画面浮きは、液晶画面が浮いたようになる不具合です。スマホを落とした衝撃や、バッテリーの膨張などの原因により発生します。

買取価格の減額だけではなく故障やトラブルの原因ともなりますので、できるだけ早く修理されることをおすすめいたします。

 

iPhone買取査定で減額対象になる注意点(機能)

iphoneでカメラをとる男性

買取査定の際には、必ず動作チェックを行いiPhone・スマホの機能が問題なく使えるかをチェックします。機能で減額となるケースをご紹介します。

 

バイブレーション機能

バイブレーションが正常に動作しない場合、買取査定は減額となります。普段から、落下や衝撃に注意するなど取り扱いに注意しておくことで防げます。

 

カメラが正常に動作

iPhone・スマホにとっては、欠かせないカメラ機能。当然ですが、カメラ機能が正常に使えない故障している場合は大幅な買取価格の減額になります。

また機能に問題がない場合でも、カメラレンズ部分に傷があったりひび割れしているなどの場合も減額または買取不可となります。

 

各ボタン・ディスプレイの反応

液晶ディスプレイのタッチ操作や各種ボタンが正常に反応、動作しているかをチェックいたします。反応しない、動作しない場合は減額となります。

 

スピーカーが正常に鳴るか

スピーカーは、音楽を聴くだけではなく通話や着信音などiPhone・スマホを使う上では欠かせません。

ちゃんと着信音が鳴る、通話の声が聴こえるだけではなくスピーカーが鳴らない場合・ノイズが混じる場合も減額対象になります。

 

iPhone買取査定で減額対象になる注意点(その他)

スマホと水のイラスト

次の付属品類が揃っているかで買取査定に大きく影響します。

・化粧箱(外箱)
・取扱説明書
・simピン
・ACアダプタ
・データ転送および充電ケーブル(Lightningケーブル)
・イヤホン・イヤホンジャックアダプタ(iPhone7以降)

買取店によっては欠品数や消耗度、汚れで査定に影響が出ます。

 

水没について

水没については、iPhone・スマホ買取価格を大きく減額させてしまいます。水没した記憶がなくても水没マークに水没判定があると、買取時には水没扱いとなりますのでご注意ください。

 

まとめ

ベッドでスマホを見る女性

今まで使用してきたiPhoneを少しでも高く買取専門業者へ売却するためには、今回紹介したiPhone減額に関する注意点をしっかり理解したうえで、事前に対策してみてください。

ひとつでも多く対策することで、買取査定金額に期待を持つことができなかったiPhoneも、想像以上に高値で売却することが可能となります。

少しでも高値で売却できるように、減額にならないための対策をしっかり行ったうえで買取査定を受けてみてくださいね。

«
買取強化商品