ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

『iPhone X 中古の最安値比較 3選』中古スマホは買いなのか?売る時の買取価格・相場一覧付き

2019年9月20日に発売した最新モデルの『iPhone 11(アイフォーン イレブン)』シリーズが登場した事で従来の『iPhone 8(アイフォーン エイト) 』シリーズ、『iPhone X(テン)』といったモデルは廉価版として値下げされる事になりました。

しかし、そのおかげで旧型モデルも日本全国のアップル製品を取り扱うお店では手に取りやすい価格で新品を購入でき、中古の『iPhone X(テン)』についてもその出品数が過去最大規模になりました。今回はそんなiPhone Xの中古について最安値比較や2019年11月現在でお買い得、買うべきスマホなのか?という事についてご紹介していきます。

目次 非表示

『iPhone X 中古最安値』メルカリの28000円が最も安い!!!(2019年11月21日現在)

iPhone X 中古は、ヤフオク・メルカリ・ラクマがジャンク品や故障したスマホ本体などを含めると相当安く出品されています。 iPhone X 中古最安値比較の結論から申し上げますと、メルカリの28000円が2019年11月21日現在では最安値です!!!

ただヤフオクやメルカリで、iphone X中古を素人の方が買われるのは非常に危険です!まずメルカリ・ラクマの2つの中古市場で売買するユーザーさんの一部は、かなりコミュニケーションを取りづらく出品と違うものが届いたり。購入後に商品の重大な損傷が発覚するなどトラブルが絶えません。

それに比べて、まだヤフオクの方がある程度の出品物への担保がされています。とはいえ、これらのサイトで中古スマホを買うならば安く自分でもしくは安くて間違いないiphone修理をしてくれる業者さんを知っている方で無ければ間違いなく”安物買いの銭失い”となるでしょう。この商品を事例に、その理由を簡単にご紹介します。

メルカリ・ラクマは商品説明が腰が抜けるほど少ない。。。

シンプル・イズ・ベストとは言いますが。メルカリやラクマの出品者さんの説明は、驚くほど情報量が少ないです。極端な場合は、ほぼ説明無しの一言などもあります。このiphone X中古スマホの最安値の、メルカリ出品者さんの説明を見ていただくと分かりますが。購入することに間違いなく躊躇してしまうかと思います。。。

ジャンク品レベルなのか、不具合もしくは軽度の故障なのかというのも判断がしづらいのです。しかも、これらについて確認するために問い合わせをしますが。メルカリやラクマでは、詳しく聞きすぎると極稀にブロックされます。。。安いから、色々聞かずに買いなさいということなのでしょうが。

メルカリ・ラクマはコミュニケーションが取りづらい

メルカリ・ラクマの良さでもあり、難しいところでもあるのですが。コメント機能があるのは、説明で不足する情報を確認するのに非常に重宝する機能であることは間違いないのですが。出品者のユーザーさんから返ってくる返事の内容が、質問の回答になっていなかったり。返事自体が帰ってこず、催促するとブロックされたりなどする場合があります。

iPhone X 中古を買うなら保証付きの中古スマホ販売専門店

iPhone X 中古を安く安心して買うなら、やはり保証がついている中古スマホ販売を専門とするお店で購入することをおすすめ致します。中古スマホ販売専門店は、iphoneの状態やグレードによってはメルカリ・ラクマ・ヤフオクで購入するのとあまり変わらないぐらいの価格帯のものもあります。

GEO・ゲオモバイル:中古iPhoneX[64G] 46,836円(税別) 最安値

引用元: 【中古】【安心保証】 docomo iPhoneX[64G] シルバー

中古iPhoneX[64G] 46,836円(税別)となっており、ヤフオク・ラクマの最安値と遜色ありません。しかもスマホ本体の汚れや傷などの状態についても、写真だけではなく詳しい説明箇所で案内されているためにある程度の状態をイメージしたうえで購入ができます。また安心保証など、中古スマホ販売店ごとにもうけられている保証があるために購入して使えない。予定と違うものになったなどのトラブルも起きづらく安心出来ます。

じゃんぱら:中古iPhoneX[64G] 47,800円(税別) 最安値

引用元: Apple SoftBank iPhone X 64GB スペースグレイ MQAX2J/A じゃんぱら

中古iPhoneX[64G] 47,800円(税別) となっておりゲオモバイルと比べて、約1000円程度の違いと誤差レベルで非常にお安くなおかつ1ヶ月保証もついています。数千円の違いであれば、間違いなく保証付きの中古スマホ販売専門店を選ぶのが間違いなく一番安全・安心の購入方法ですね。

iPhone Xシリーズの発売日は2017年11月3日

『Apple(アップル)』がiPhone 8シリーズを2017年9月22日に発売してから約1ヵ月半後にiPhone Xが販売されました。iPhone 8を発表した2017年9月12日のスペシャルイベントの最後に告知された最上位モデルこそiPhone Xなのですが、当時の価格は税別にして”11万2800円”と歴代モデルでも比較的高価な部類になりました。

このプライスは先に発表したiPhone 8の最安価モデル”7万8800円”と比べて”3万4000円”も高いという物でした。また、iPhone X以降からiPhoneシリーズのホームボタンが撤廃されるようになり、大画面ディスプレイによる迫力あるユーザー体験を一層強調するコマーシャルを打つようになりました。

iPhone Xは値下げされたiPhone 8とマストなモデルではあるが…

後継機種の『iPhone XS/XS Max/XR(アイフォーンテンエス)』といったモデルが2018年9月13日に販売されてから、アップル公式ホームページでの販売は終了したものの、アップル製品を取り扱うお店ではiPhone 8と価格が下げられて販売を続けられていました。更に最新モデルのiPhone 11が今年、2019年9月10日販売された事で価格は更なる減少傾向を辿る様になりました。

最新機種が発表・販売されてからおよそ2世代前の旧型モデルから乗り換えるという人も多く、中古市場でも多くの数のiPhone 8&Xが流通しています。また、iPhone 8の上位機種に当たるモデルの為「IP等級の防水機能」「交通系電子マネーの使用」「高出力アダプターによる急速充電」「ワイヤレス充電」といった基本スペックも当然あるので、iPhone 8と並ぶ今が狙い目な旧型モデルではありました。

しかし、現在なら両モデルの後継機種にあたる『iPhone XR(アイフォーンテンアール)』を選ぶという選択肢もあるので購入は一度踏み留まるべきなのではないかと筆者は感じています。その理由については後述していきます。

iPhone XとiPhone 7の比較

iPhone Xで採用されている機能の殆どは同世代モデルのiPhone 8と変わりがありません。しかし前世代のiPhone 7と比べてみると、世代交代に相応しい多くの変更点が一目瞭然なのです。下記にはザックリと変更点を挙げてみました。

  • SOCプロセッサーの性能が上がり約30%高速化した
  • 画面解像度が2,436×1,125(458ppi)になり、当時はiPhone史上最高の解像度になった
  • 本体ストレージの容量がiPhone 7【32/128/256GB】に対してiPhone X【64/256GB】の2種構成になった(※ iPhone 8も同じ)
  • 4K撮影では30fpsのみの撮影から24・30・60fpsの3種類を設定可能に
  • Bluetooth 4.2→Bluetooth 5.0へ
  • カラーバリエーションが減った
  • ディスプレイに”True Toneディスプレイ”を採用した
  • 本体の背面がガラス仕様になった事で”Qi規格”のワイヤレス充電に対応した
  • 広角・望遠レンズ双方に光学式手ぶれ補正機構が内蔵された
  • ホームボタンの撤廃

これらの変更点自体はiPhone 7→ iPhone 8 の変化と殆ど同じ内容のものになっていますが、iPhone 8とXでの違いという変化も見られます。例えばホームボタンが撤廃され『Face ID(フェイスアイディー)』と呼ばれる顔だけでロックの解除が可能な画期的な認証システムを搭載している事なども挙げられます。

iPhone Xのバッテリー容量&サイズ感について

iPhone XはiPhone 8シリーズに比べてバッテリーの容量が多い傾向にあります。ちなみにiPhone 8は【1,821mAh】、iPhone 8 Plusは【2,692mAh】また、iPhone Xに関しては【2,716mAh 】です。こうして見比べてみると、iPhone 8 Plusとは微々たる誤差ではありますが、同世代モデルの中でも最もバッテリー容量が多いという結果になっていました。

しかし、ディスプレイ解像度の上昇と大型化・SOCプロセッサーがiPhone 8シリーズと同じ事、バッテリー容量に僅かな誤差しかない点を考慮すると、実際の電池持ちについてはiPhone 8 Plus方が勝っているという結果が明確に明かされている状態になっています。

引用:iPhone Mania

続いてサイズについてですが、iPhone 8は“横幅67.3㎜×高さ138.4㎜×厚み7.3㎜×重さ148g”、iPhone 8 Plusで”横幅78.1㎜×高さ158.4㎜×厚み7.5㎜×202g”、iPhone Xが”横幅70.9㎜×高さ143.6㎜×厚み7.7㎜×174g” という値になっています。iPhone 8よりも大きくiPhone 8 Plusより小さく・軽量の為【iPhone 8 < iPhone X < iPhone 8 Plus】というサイズ結果になりました。

iPhone Xの防水性能は?

iPhone 8と同様で前世代モデルiPhone 7に続いてIP67等級の防水性を調べてみました。

上記記載の画像を例に取ってみます。画像左の表で定められている「第1記号」というのは【IP67等級】における”6=十の位”を表しています。性能については「粉塵が内部に侵入しない」と記載されています。画像右の表「第2記号」は【IP67等級】 における”7=一の位”です。こちらの性能基準は「既定の圧力、時間で水中浸漬(しんし)しても有害な影響を受けない」という内容になっていました。

Amazonで買えるiPhone Xにおすすめしたいケース3選

今回は『Amazon.co.jp(アマゾン)』で販売されている安価で人気のあるiPhone X用のケースを集めてみました。スマートフォン落としてディスプレイを割ってしまう人も多く、iPhoneはその最たる例でしょう。もしiPhoneを裸で使用しているのであれば、 是非とも安いケースであっても保護して使って欲しいところです。

▼ 『Woqatac』iPhone X/XS PC素材ケース ¥1,099

引用:Amazon.co.jp

商品説明については具体的な概要しかありませんが、本ケースの対応機種はiPhone X/XS の二種類。PC(ポリカーボネート)素材でマットな質感が指紋や油汚れを防いでくれるようです。価格も安くユーザーの評判も良いので最初に購入するケースか予備のケースとして一つ持っていても良いのかもしれません。

▼ 『iwtbrich』iPhone X/XS シリコンケース ¥699

引用:Amazon.co.jp

こちらもiPhone X/XSに対応したシリコン製のケースです。シリコン素材のケースは非常に軽量でスマートフォンも持ちやすくしてくれるのが特徴です。値段も非常に安価ですが、この様なケースだけで落下時の衝撃に耐えられるかは眉唾物でしょう。一応、Amazonレビューでは比較的高い評価貰っている製品ではありますが、何も付けないよりはマシ程度だと思った方が良いのではないでしょうか。

▼ 『WYEPXOL』iPhone X/XS 米軍MIL規格二重構造ケース ¥1,298

引用:Amazon.co.jp

中国製のケースですが、プライスと頑丈そうな見た目に関して言えば非常に優秀です。また、カラーバリエーションも豊富でアウトドアやミリタリーといった言葉に弱い人には刺さるデザインとも言えるでしょう。本当に米軍のMIL規格に対応しているのかは分かりませんが、評判を読む限り頑丈な所は間違いないそうです。

Amazonで買えるiPhone Xにオススメしたいイヤホン3選

iPhone 7シリーズ以降ではどの最新モデルもイヤホンジャックがありません。アップルとしても自社のBluetoothイヤホンである『AirPods(エアーポッズ)』をリリースしている通り、あらゆる業界でも益々広がりを見せているワイヤレスイヤホンですが、Amazonから販売されている商品は中々コストパフォーマンスに優れた製品が多いと有名なので、ここでもAmazonのベストセラーを紹介していきたいと思います。

▼ 『OKIMO』IPX7完全防水 Bluetoothワイヤレスイヤホン ¥5,188

引用:Amazon.co.jp

5000円台でありながら、IPX7等級の完全防水に対応した中華製ワイヤレスイヤホンです。充電ケースも3500mAhという最早iPhone Xよりも多いバッテリーを備えた一台です。バッテリーの残量を確認できるLEDディスプレイを搭載しているのもユーザーにとっては嬉しい点です。気になるのは明らかな二重価格設定でセールを装っているところです。常時81%OFFから漂う怪しさが中華クオリティです。

▼ 『Anker』Soundcore Liberty Neo ¥4,999

引用:Amazon.co.jp

モバイルバッテリーで有名な『Anker(アンカー)』から発売した最新モデルのBluetoothイヤホンです。価格も安価でエントリーモデルとしては非常に優秀です。また、アンカーは自社製品のサポート体制も万全なのでメーカーとしての信頼性も高い事でしょう。本当の意味でコストパフォーマンスに優れた製品である事は違いありません。

▼ 『JPRiDE』TWS-520 ¥4,740

引用:Amazon.co.jp

こちらはIPX5 等級の防水性能を謳った東京発のオーディオブランドから発売した製品です。軽量でBluetooth 5.0にも対応し、手に取りやすい価格でもあります。Amazonの商品ページでは日本のブランドだけに日本人オペレーターが日本語でサポートが対応をしてくれるとの事です。 レビュー評価も画像付きの評価と感情的な評価が多いので説得力がある為、比較的信頼できる商品なのではないでしょうか。

iPhone Xシリーズの中古品相場価格

『iPhone X』の中古品相場

  • Yahoo オークション ¥44,800
  • ラクマ     ¥49,500
  • mercari       ¥55,000

価格については一応iPhone 8シリーズの上位機種に当たる製品の為、中古品でも40,000円近い値が付く調査結果となりました。勿論この価格はあくまで平均的な数値ですので変動する事は大いにある事でしょう。また、本体の使用状況次第では30,000円台の中古品も多く出回っている状況ですが、価格帯がiPhone 8 Plusと同等かつそれ以上という事もあって実際にはどちらのモデルを狙うかで状況も変わりそうです。

iPhone Xは買わずに後継機種のiPhone XRを買うのが正解

引用:Apple

ここまでiPhone Xについての色々と紹介をしてきましたが、兄弟機であるiPhone 8シリーズは現在でもアップルストアの公式サイトで取扱・販売が続いており、上位モデルであるiPhone Xについては販売が終了しているという状況です。さらに中古品の価格が40,000円台近いという事もある為、仮に下取りに出す事が可能な旧型iPhoneが手元にある状態であれば、公式サイトまたはアップルストアで新品のiPhone XRを購入するべきだと思われます。

iPhone XはIOSのサポート今後も続きそう

iPhone XはiPhone 8シリーズと同世代であり、iPhone 8の販売も未だに続いている状況なので数年の間はOSの更新サポートを受ける事ができるのは確実です。これはiPhone 8シリーズで採用されているSOCプロセッサーが同じ物である事、世代が同じ事、2019年11月時点でアップル公式サイトでのiPhone 8の購入が可能である事が起因しています。

販売が正式に終了してから最低でも約3年間以上はIOSの最新バージョンに更新ができている過去モデルを考えると、OSのに余程の致命的なセキュリティホールが見つかりでもしない限りは大丈夫なのではないかという見立てです。あくまで筆者の持論であり、アップルが公式にその様な声明を出している訳でもないので留意しておいて欲しい点です。

もしiPhone Xを購入するなら256GBモデルを買うべきか?

iPhoneの機種変更で最もユーザーが悩みがちなストレージについてですが、iPhone XではiPhone 8と同様に今まであったストレージモデルが1つ減り64GBか256GBの二択になっています。結果的に価格の高いストレージモデルか安いストレージモデルのどちらかという事になり、micro sdカードを使用できないiPhoneでは非常に悩みどころです。もしクラウドサービスに抵抗がなければGoogle ドライブといったクラウド型ストレージサービスの利用を駆使する事でデータの紛失やバックアップ等のストレージ問題を解決する事も可能です。

iPhone XのSIMフリーについて

iPhone XもiPhone 8同様に大手3キャリア間でのSIMロックが掛けられているモデルが販売されています。その為、他の格安SIMに乗り換える場合(※ 回線が対応していなかったり)や他キャリアへ移行をする際にiPhone Xを移行先のキャリアで使う場合には手数料3,000円を支払う事でSIMロックを解除する事ができます。

しかし、SIMロック解除にはキャリア毎で特定の条件があったりする場合もあります。例えば、契約してから〇年の経過といった条件は3キャリア間で共通している条件だったりします。この点については特に注意が必要です。筆者としてはこの様なややこしい条件や細かいルールに縛られない為にも、アップルストアでSIMフリー版の端末をおすすめしたいところです。

iPhone Xのレビュー・口コミ評価

全体的な評価は高い傾向にありますが、iPhoneシリーズの中では評判が分かれる製品です。ストレージモデルが減った事・重く電池持ちが悪い・カメラが期待していた程ではない等厳しい意見もあり、11世代の最上位モデルにしてはガッガリ感が否めないという評価が多数ありました。しかし、ディスプレイの品質や本体のデザイン性・IOSのレスポンプといったインターフェース部分では高い評価もあったので、アップル製品のクオリティの高さは損なわれていないようです。

引用:価格.COM

まとめ:中古品のiPhone Xを買う前に…

今回の記事ではiPhone Xについて紹介してきましたが、現状アップルストアでもiPhone XRが取って代わる様な存在になっている事から、下取りのある価格では後継機種の新品が中古品のiPhone 8 PlusとiPhone Xよりもお買い得という不思議な現象が起きています。

そして、iPhone 8やXでしかできない様な作業や機能は殆ど無い為、余程の拘りがない限りはiPhone XRの新品を公式ホームページから購入するのが一番オススメです。iPhone Xの中古品を購入する前にもう一度よく考えてみるべきではないかと思います。

番外編:iPhone X買取価格・相場一覧

▼『 iPhone X』発売日:2017年11月3日

64GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場:55,000円
  • 中古品買取相場:40,800円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場:53,000円
  • 中古品買取相場:39,100円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場:65,000円
  • 中古品買取相場:46,400円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場:63,000円
  • 中古品買取相場:44,650円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:62,000円
  • 中古品買取相場:46,400円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:72,000円
  • 中古品買取相場:50,750円(端末の状態によって価格増減)

関連 iPhone・スマホ買取記事

スマホペディアは、iPhone・スマホ買取を中心としてipadやMacbookなど日本TOPクラスの買取査定を誇るスマホ買取専門店 リンクサスモバイルが運営しております。スマホペディアでは、買取のお得な情報はもちろんですが。iPhone、スマホライフにとって欠かせない有益な情報を日々配信しております。

【iphone買取準備マニュアル】スマホ端末のデータ初期化・リセット バックアップと復元の全手順

iPhone・スマホ買取前には、データの初期化を始めとしてリセット、バックアップなど必ずやっておくべき必要な作業があります。これらを iPhone・スマホ買取査定前に、やっておかないと買取ができないばかりか宅配買取等の場合は返却され買取店舗によっては送料を返却分を含めて請求もしくは着払いで返ってきます。

スマホ買取で高額買取をしてもらうどころか、かえって余計な出費を出してしまうことにもなりかねないため買取査定の前には必ず目を通してチェックされることをおすすめ致します。

『速報!楽天ペイ復旧』スマートフォン(スマホ)決済の楽天ペイと楽天カード復旧した模様

楽天ペイの不具合は、既に復旧しましたが。コンビニやスーパーなどで、レジであたふたされた方も非常に多かったようです。スマホ決済の中では、2016年にリリースされた老舗ということもあって楽天カードと合わせると約2000万人のユーザーを抱える業界大手の不具合・障害ということでTwitter界隈でも非常に多くの人がスマホ決済に楽天カードが使えないとつぶやかれていました。

2019最新【iPhone・スマホ買取 新宿区まとめ→10店舗】高額査定おすすめの買取店舗・買取価格 一覧付き

東京・新宿区はiPhone・スマホ買取店舗が非常に多く、日本のなかでも有数の都市ということもあってスマホ買取店舗も、大手の買取店であるTSUTAYA、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、イオシスや地場で展開されているiPhone(モバイル)ハウス 新宿店、バイヤーズ.com 新宿店など群雄割拠の買取激戦区でもあります。

出来るだけ高くスマホを売りたい人にとっては、どこに買取査定を頼めば良いのか分からないと迷われると思います。そんな方に迷わずに高値で買取査定出来るお店を比較しご紹介します。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar

About Me

About Me

スマホペディアは、iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル が監修・運営しております。

”お得で快適なiphoneライフ”

を満喫できるように最新iphoneのリリース情報から、iphoneで発生しやすい修理の問題(画面割れ、起動しない、ホームボタン)について対処方法からお店選びなどの解決方法までお届け致します。