045-326-6922

toptel

【iPhone Xを”賢く”手に入れる。】端末の最新価格・中古価格などを徹底比較!スペックも。

  2020/9/26
【完全ガイド】iPhone Xを”賢く”手に入れる。端末の最新価格・中古価格などを徹底比較!スペックも。

iPhoneX(10=テン)の発売は2017年11月、さらに1年後の2018年9月には休止(販売終了)しているので、短命なモデルと言えそうです。そのスペックやイメージは、そのままXSに引き継がれ、さらに11シリーズに至っています。

そういう意味では、短命ながらiPhoneの新たな方向性を示したモデルだったとも言えりかも知れません。人気のモデルを賢く入手しましょう。

iPhoneSE2が売れているらしい。

iphonese2

引用:phone Arena.com

ある調査会社の報告によれば、2020年第2四半期(4~6月)に最も売れたiPhoneは、2019年秋に発売されたiPhone11シリーズ(11/11 Pro/11 Pro Maxの内訳は不明)で、全体の65%を占めているそうです。

しかし奮闘したのが2020年4月末に発売されたiPhone SE2で、販売期間わずか2カ月強で19%のシェアを占めたというのです。同モデルの高い人気を裏付ける結果となりました。

さらに興味深いのは、すでに製造・販売が終了したiPhone8/8 Plusが8%のシェアを固持している点です。今年の傾向として、機種別の売上が分散していると言えそうです。さらにiPhoneSE2に買い替えたユーザーを調べてみると、その73%がiPhoneを3年以上買い替えていないことが分かりました。

実はこうした傾向が強まっているという調査報告があり、2016年第1四半期(1月〜3月)では、同じiPhoneを3年以上使い続けているユーザーは全体の12%ほどでしたが、その傾向は年々強まり、2020年第1四半期(1月〜3月)には28%まで上昇しているのです。

もちろん相当数のユーザーが1年〜2年以内に新機種への買い換えをしていますが、3年以上長く所有する層が確実に増えているのです。

買い換え需要が伸びない理由のひとつが、機種代金の高さにあると言われています。機種代金は年々高騰していて、iPhone X以降ではもっとも安い機種でも7万円前後です。11ProMaxのでは17万円というモデルまでエントリーされています。

なかなか気軽に買い換えできません。そのためiPhone Xシリーズ、iPhone11シリーズでもっとも売上シェアを占めたのはそれぞれの基幹モデルでした。高額な価格が買い換えのネックになっているようです。

新しいモデルに換えたくても、思うようにいかない。そうしたユーザーにヒットしたのがiPhoneSE2というモデルだったようです。4万円代から購入でき、しかも片手操作したすいサイズ感、iPhoneのアイコンとも言えるホームボタンが復活、さらにハイスペック。

3年以上使い続けているモデルは、iPhone8/8plu以前であろうと想像できます。低い価格設定もさることながら、iPhoneらしさが残る意匠が買い換えという需要を押し上げたのかも知れません。

iPhone X おすすめスマホケース

iface

引用:iFace

もちろんデザインや色使いも大切ですが、スマホケース選びで優先したいのは耐久性とフィット感ではないでしょうか。

そうした観点でお勧めしたいのが、iPhone X/XS向けに開発されたiFace(アイフェイス)です。世界累計販売数1300万個を突破したHamee(ハミィ)の人気スマホケース・スマホグッズ・iPhoneケースブランドで、有名人などの愛用者も多く、年代を問わず高い人気を誇っています。

【特徴】

・ポリカーボネートとTPUの2重構造により、優れた耐衝撃性を実現

・液晶が地面に触れない、落下保護構造

・小さな女性の手にもフィットするグリップ感、安定の持ちやすさ

・人気キャラクターデザインも豊富(ディズニー・スヌーピー・ムーミンなど)

・多彩なカラーバリエーション、洗練されたデザインで個性を演出

・シンプルでスタイリッシュ

・価格も3000円前後なので求めやすい設定になっています。

iPhone Xのスペック概要

iphonex

引用:iPhoneX

項目iPhoneX
カラーシルバー/スペースグレイ/レッド
ディスプレイ5.8インチSuper Retina HDディスプレイ OLED Multi-Touch
液晶画面2,436×1,125
解像度458ppi
高さ/幅/厚さ143.6/ 70.9/ 7.7mm
重量174g
プロセッサA11 Bionicチップ、M11モーションコプロセッサ、Neural Engine
ストレージ容量64/256GB
メインカメラ1200万画素 裏面照射型センサー F1.8 (広角)+1200万画素 裏面照射型センサー F2.4(望遠)
ビデオ撮影連続オートフォーカスビデオ、
Face ID(顔認証)対応
Apple Pay対応
防水/防塵IP67
水深1mで最大30分間の耐水性能 
対応SIMnanoSIM
コネクタLightningコネクタ/ヘッドホンジャックなし/Qi規格によるワイヤレス充電
キャリアSoftBank/au/docomo

iPhone Xの参考価格 

お金のイメージ

正規販売店の場合 ※発売当時の価格

キャリアiPhone X 64GB同 256GB
au-円-円
docomo-円-円
Softbank-円-円
Apple Store112,800円129,800円

既に終売しているモデルなので通信キャリアの価格(発売当時)は確認できませんでした。アップルストアのみ掲出しますが、取扱いの有無は確認できません。正規販売店からの購入は困難のようです。

実店舗で未使用新品のiPhone Xを購入する。

冒頭に記述した通りiPhone Xは2018年9月に販売を休止しているため、公式ショップ、各キャリアでの購入は不可能のようです。そのためリセール市場を探すしかありません。

秋葉原だけでなく、新宿や渋谷などターミナル駅近くには多くのスマートフォン買取店があります。買取った商品を修理・クリーニングした上で、再販売することで経営が成り立っています。再販店、リセール店と呼ばれる業態です。

終売したiPhone Xが付属品も揃ったまったくの未使用状態で入荷することがあります。ネットショップも持っているので、マメにチェックしましょう。

ネットで未使用新品のiPhone Xを購入する。

ネットショップでの購入は2つに分けられます。実店舗を持つ業者のネットショップで購入する(実店舗を持たずネット店舗だけで販売する業者も含まれます)、もうひとつは個人間の取引=オークションやフリマサイトで購入する方法です。それぞれの参考価格は以下の通り。

リセール店舗の参考価格 ※SIMフリーまたはSIMロック解除済み

業者名iPhone X 64GB同 256GB
ムスビ―72,103円~84,086円~
じゃんぱら
モバイルステーション72,980円~

個人取引の参考価格 ※オークションやフリマサイト

サイト名iPhone X 64GB同 256GB
ヤフオク60,000円~-円~
メルカリ46,500円~52,550円~
楽天ラクマ50,000円~38,500円~

中古品を購入する方法

前述の新品未使用品を購入する方法と同じです。実店舗またはネットで購入可能です。

リセール店舗の中古参考価格 ※ネットショップ価格

iPhone Xの中古価格

iPhone X 64GBの場合

業者名最安値
イオシス34,800円~
Wowma!37,800円~
ダイワン38,800円~
ムスビー39,047円~
じゃんぱら39,800円~

iPhone XS 256GBの場合

業者名他最安値
ムスビー39,047円~
イオシス39,800円~
Wowma!39,800円~
じゃんぱら41,800円~
ダイワン47,800円~

未開封・未使用品ですが、“中古品”として販売している業者もいます。思わぬ良品に巡り合う可能性もあります。さらに希望する色やスペックと合致することも。

個人取引の参考価格 ※オークションやフリマサイト

iPhone X 64GBの場合

サイト名最安値
楽天ラクマ35,000円~
ヤフオク43,754円~
メルカリ25,000円~

iPhone XS 256GBの場合

サイト名最安値
メルカリ33,000円~
楽天ラクマ33,000円~
ヤフオク33,980円~

ネットワークに利用制限に注意

ネットワークに利用制限に注意

 “ネットワーク利用制限”の状態は要チェックです。docomo、au、SoftBank及び関連会社でも採用していて、機材個別にIDを設け、盗難など不正な利用が発覚すると強制的に通信ができない仕組みになっています。その他にも機材の残債の支払いが遅れている場合も利用制限がかかる場合があります。

状態は〇△×の三つで表示され、〇であれば問題ありません。また△であっても通信は可能ですが、残債の支払いが遅れたなど理由から×に転じる場合があります。各キャリアでは×状態になった端末機材は二度と利用できません。

中古品を購入するのであれば、〇または△状態を選びましょう。△状態でも通信は可能ですから、認識して購入すれば大きな問題にはなりません。

リセール業者によっては、△から×に転じる可能性の低さを表示している場合があります。さらに万が一×に転じた場合は同様機種と無償交換するという条件をつけているものもあります。少しでも安く購入したのであれば△でも良しとし、利用制限がかかった場合の対処を確認しておくと安心です。個人取引では、こうした点の保障が曖昧なので注意が必要です。

SIMカードの状態を確認しましょう。

SIMカードの状態を確認しましょう。

日本の通信会社で購入したスマートフォンは、自社回線でしか使用できないような仕組みになっています。docomoで購入したiPhoneはdocomoのSIMカード以外では使うことが出来ません。このようなスマートフォンを”SIMロック”状態と呼びます。

一方、海外では機材とSIMカードは別々に扱われることが多く、規格さえ合えば自由な組み合わせが可能です。このように通信会社に帰属しない機材(スマートフォン)は“SIMフリー”と呼ばれています。iPhoneの場合、日本のアップルストアまたは正規プロバイダで販売するものは、“SIMフリー”です。

ロック状態を解除したものは“SIMロック解除済み”と呼ばれ、 “SIMフリー”と同じように通信会社に関係なく利用できるようになります。新品であれ中古品であれ、この確認は必ず確認してください。

使用中のスマートフォンの処理について

SIMカードの状態を確認しましょう。

iPhone Xの購入と同時に、現在使用中の機器の処理方法も考えておきましょう。

下取り依頼

ネットショップであっても実店舗を利用するのであれば、下取り依頼する方法が一般的です。様々な特典も用意されています。

ヤフオク・フリマアプリで売却

購入するときと同じで、すべて自己責任になります。

買取業者を利用する

買取に特化した業者が増えています。高額査定が魅力です。他の方法では値段がつかないものでも、修理可能であれば買取対象になります。買取業者の多くは修理部門を持っているためです。そのような買取業者を厳選しました。

おススメの買取業者 5社

iPhoneXを賢く手に入れるために利用したいおすすめの買取業者を厳選して5社紹介します。一番利用しやすそうな業者を選んで利用してみましょう。

おススメの買取業者 5社

携帯少年

携帯少年

引用:携帯少年

携帯少年は上記イオシスが展開する、買取専門サイトのブランド名です。サイトの買取申し込みがしやすいようなコンテンツが充実しています。

その一つが買取価格の査定システムで、キャリア名、機種名を入力し、サイトの指示に従って進むと、だいたいの査定額が表示されます。その査定で納得すれば、そのまま買取申し込みが可能です。正式な買取価格は現品を確認してからなので注意してください。

店舗情報

店舗名携帯少年
公式HP URLhttps://kaitorishonen.com/
営業時間10:00 ~ 19:00
定休日土日
電話番号【買取】0120-196-304
メールアドレス
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目14-9
アクセス銀座線 末広町駅から徒歩2分/各線 秋葉原駅から徒歩6分
支店

バイヤーズcom 新宿

バイヤーズ.com

引用:バイヤーズ.com

”バイヤーズ.com”は全国に50店舗をもつ”iPhone修理で有名なダイワンテレコム”と系列関係にあります。

バイヤーズで買取ったiPhone・Xperia・Galaxy・iPadをダイワンテレコムで修理して販売するというシステムが構築されています。そのため画面割れや、バッテリーの持ちが悪くなっているiPhoneでも高値での買取可能です。現在店舗数は東京近郊に4店舗ほどですが、2020年末までに30店舗以上を展開予定です。

店舗情報

店舗名バイヤーズcom 新宿
公式HP URLhttps://www.buyers-buy-mobile.com/
営業時間9:00 〜 20:00
定休日年中無休
電話番号0120-882-463
メールアドレス
住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目5 西口地下街1号 小田急エース内
アクセスJR新宿駅徒歩2分 小田急線新宿駅西口改札徒歩1分 京王線新宿駅徒歩1分 メトロ各線新宿駅徒歩4分
支店渋谷店/大森駅前店/東南口店

大黒屋 新宿買取センター

大黒屋

引用:大黒屋

“大黒屋”はiPhoneやスマートフォンに限らず多品種の買取事業を展開する、業界のフラッグシップ的存在です。店舗数も全国に200店舗以上。地方都市であっても抜群の知名度を誇っています。

都内だけでも相当数ありますが、ターミナル駅周辺には複数店舗を展開しています。どの店舗でも同じサービス・接客・査定で安心して利用できます。

主な店舗情報

店舗名大黒屋 新宿買取センター
公式HP URLhttps://kaitori.e-daikoku.com/mobile/
営業時間11:00 ~ 20:00
定休日年中無休(年末年始を除く)
電話番号03-5304-7191
メールアドレス
住所〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-8-5 新宿南口ビル1階
アクセス
支店池袋サンシャイン通り店/池袋西武前店/池袋グリーン大通り店/上野アメ横店 他

ヤマダ電機 LABI新宿東口館

ヤマダ電機

引用:ヤマダ電機

ヤマダ電機は中古パソコンの買取事業で実績のある “インバースネット”と連携して、iPhoneなどのスマートフォンの買取サービスを提供しています。

しっかりとした査定基準に基づいているので、満足の買取価格が提示されます。全国のほぼすべての店舗で買取可能、しかも買取価格は店舗によるバラつきがありません。気軽に相談可能です。

店舗情報

店舗名ヤマダ電機 LABI新宿東口館
公式HP URLhttps://www.yamada-denki.jp/
営業時間10:00 ~ 21:00
定休日年中無休
電話番号03-3359-5566
メールアドレス
住所〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目23番7号
アクセスJR各線 新宿駅東口より、西武新宿線 西新宿改札口より徒歩3分
支店新橋店/品川大井町/自由が丘店/渋谷店/池袋店/立川店/吉祥寺店など

iPhone・スマホ買取 リンクサスモバイル

リンクサスモバイル

iPhone・スマホ買取 横浜リンクサスモバイルは横浜関内で10年以上iPhone・iPadなどの修理に携わってきました。直せないiPhoneはないと言われるほどの高い技術が評判となり、遠方からもお客様がお見えになっています。

高い技術力は中国企業との連携で開発した”部品・パーツ“にあります。自店で使うだけでなく、他の修理業者へ卸販売しているため、最新の技術を導入することが可能なのです。

そうした技術力を生かしてiPhone・スマホ買取専門を併設し、丁寧な買取に務めています。店舗数が限られるので、手続き簡単な宅配買取の利用が増えています。

店舗情報

店舗名iPhone・スマホ買取リンクサスモバイル
公式HP URLhttps://linx-as.co.jp/services/brand/iPhone
営業時間11:00 ~ 20:00
定休日なし
電話番号045-326-6922
メールアドレスiphone@linx-as.net
住所〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2−81 新起企画ビル 1-B
アクセス最寄り駅/JR関内駅北口
支店最横浜店/川崎店

まとめ

最新モデルに比べるとカメラ機能、ビデオ撮影、ディスプレイ解像度などのスペックは多少劣るかも知れません。しかしヘビーユーザーでなければ充分なスペックです。程度のいい新品が見つかる可能性あり、です。

«