最適なスマホ選びとは?SIMフリースマホのおすすめを紹介! | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel
最適なスマホ選びとは?SIMフリースマホのおすすめを紹介!

スマホを選ぶ時には、何を基準に選んでいますか?

スマホの価格や性能、機能、デザインなどそれぞれだと思いますが、docomoやau、Softbankuなどキャリアを利用するのではなく、SIMフリースマホを購入して格安な料金でスマホを楽しんでいるという人も増えてきました。

そこで本記事では、改めてSIMフリーとはどういうものなのか、最適なスマホ選びやおすすめのSIMフリースマホを紹介していきます。

 

SIMフリーとは

simフリースマホ

simフリー、格安simや格安スマートフォンなどとも呼ばれます。格安simは大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりも通信費用を比較的安く抑えられるのが特徴です。

これら大手3キャリアを総称して「 MNO(移動体通信事業者)」 と呼ぶのに対し、大手3キャリアの通信回線の一部を借入て格安simを提供する会社を「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と言います。

MVNOは自身で通信回線を所有しないので”仮想移動体通信事業者”というくくりなのです。

かつて多くのユーザーがキャリア会社に縛られた通信回線でのみメールや音声通話を利用していました。

このことで、他社スマートフォンは利用できないような仕組みになっていましたが、simロック解除の制度やsimフリーモデルのスマートフォンが導入されたことでユーザー側の選択肢が広がりました。

 

SIMフリースマホのメリットとデメリット

simフリースマホ

SIMフリースマホのメリット

simフリースマホは、キャリアでも購入・契約できますが、MVNOとの契約でより自由度の高い契約プランを組むことができます。

結果的に、ユーザーに必要最低限のプランだけを組めるので、月額料金を大幅に抑えることが可能です。

また、MVNOで取扱うスマートフォンも比較的ロープライスな端末が多いのも特徴です。

 

SIMフリースマホのデメリット

  • ・実店舗がほとんどない
  • ・サポート体制が不安
  • ・一部機能が搭載されていない端末も多い

simフリースマホの購入を検討する場合、実機をさわれる店舗が少ないことが多いです。

キャリアで販売している端末なら家電量販店などで確認することもできますが、インターネット通販などでしかあまり見られない端末も存在します。

また、MVNOと契約した場合のサポート面は少し慎重になるべき点です。実店舗もほぼない状態なので、トラブルが起きた際のサポート対応は、公式サイトへ問い合わせるしかありません。

しかし、楽天モバイルやマイネオなどの一部特殊なMVNO業者に関しては、実店舗数も増えていますので、そのような業者を選んで利用するとデメリットな部分も軽減させることが可能です。

 

最適なスマホ選びについて

スマホで検索する様子

実際にsimフリースマホを利用する場合、スマートフォン端末は一体どのような機能に注目して選ぶといいのでしょうか。

スマートフォンの性能や機種ごとの特徴を比較検討することは大切ですが、誰もがスマートフォンに対して詳しいという訳でもありません。

例えばゲームアプリを頻繁に遊ぶユーザーはスマートフォンのSOCプロセッサ-とバッテリーの容量などを気にすると思います。しかし、スマートフォンに求めているのは最低限機能と考えているユーザーには、端末の性能よりも本体の価格を重視することでしょう。

スマートフォンはパソコンと同じで、端末の機能や性能を追及すれば価格も大きく上がります。スマートフォンを選ぶ際には、利用する方自身が、どういったニーズを求めているのか把握しておくことが大きなポイントです。

 

最適なスマホ選びのポイント① 防水・防塵機能などを重視

防水・防塵機能のついたスマホ

AppleのiPhoneシリーズやSAMSUNGのGalaxyシリーズなどを筆頭に、高級志向のスマートフォンには防水・防塵対策が施されています。

特に「IP67」等級などの技術的な水準をクリアした端末もあれば、最低限の生活防水のみに対応しているスマートフォンもあります。

本体の剛性やIP等級に認定されている仕様そのものを、スマートフォンの強みとする”タフネススマートフォン”と呼ばれる機種も存在しており、アウトドアや厳しい環境下での利用を想定した製品なども販売されています。

スマートフォンは基本的に防水・防塵仕様になっている訳ではないので、防水・防塵の端末を求めているユーザーは事前にメーカーや機種などを確認しておきましょう。

中国メーカーの格安スマートフォンなどIP等級に適合していないスマートフォンでありながらも、防水・防塵を謳っている場合が稀にあるようですが、端末の価格だけを気にせずに事前の製品レビューとSNSの確認は推奨しておきたいところです。

 

最適なスマホ選びのポイント② 「おサイフケータイ」&「Apple Pay」などの”FeliCaポート”は搭載されているか

スマホで買物するイメージイラスト

iPhoneシリーズでは基本的に備わっている機能ですが、Android端末では”FeliCa(フェリカ)”未対応の製品が多く存在しています。

電子マネーを使用しないユーザーにとってFeliCaの存在はあまり馴染みがないかもしれませんが、JR系列の交通電子マネー「Suica」や株式会社セブン&アイ・ホールディングスの提供する決済方式「nanaco」など、生活に欠かせないサービスを手軽に利用できる点は大きいのではないでしょうか。

特に、楽天Edyなどユーザー利用数の多い電子マネーは、付随するサービスなども比較的利便性が高いので、日常的に使用しているのならば外せない機能でしょう。

しかし、決済方法については「PayPay」などといったQR/バーコード決済の普及が浸透していきているので、今後はあまり重要視されない機能になる場合とも考えられそうです。

 

最適なスマホ選びのポイント③ ゲームやアプリケーションの動作が快適であるか

ゲームやアプリケーションなどを楽しむ機会の多い方のスマートフォン選びは慎重になるのではないでしょうか。

メーカーの機種ごとにSOCプロセッサーは違います。また、端末本体のRAM容量が少なければ当然動かなくなることもあるでしょう。

ユーザーが最も遊びたいゲームの動作は快適であることを前提に考え、今後リリース予定が決まっている最新のゲームアプリが動作することも視野に入れるべきです。

ゲームアプリに限った話しではなく、端末の動作が遅くなればストレスも溜まります。

スマートフォンの種類も千差万別なので、口コミやスマートフォンの情報に詳しいホームページをチェックしておくのがおすすめです。

 

最適なスマホ選びのポイント④ カメラ機能などは充実しているか

pixel スマホ

カメラ機能などを重視して選ぶ事で美しい写真も手軽に撮影できます。その場合、あらかじめ留意しておくべきポイントは、画素数でしょう。

1200万画素以上のカメラを搭載しているものならば、写真を印刷しても見栄えの良いものになります。

他にも「ダブルレンズ」や「望遠レンズ」などの機能を搭載しているスマートフォンを選ぶようにすると、より質の高い画像や動画を撮影することができます。

 

最適なスマホ選びのポイント⑤ バッテリーの稼働時間から選ぶ

スマホ

バッテリーの容量は、端末ごとに異なりますが、おおむね3000mAh以上のものが平均的な数字です。

旅行や出張が多いユーザーや、1日の中でスマートフォンを使う時間が長いユーザーは、バッテリーの容量と稼働時間を重視するのがおすすめです。

 

最適なスマホ選びのポイントは、「自分の使い方にあったものを選ぶこと」

ユーザーごとにスマートフォンの使い方は変わります。自分自身はどのような使い方をしているのか自己分析し、用途に合ったスマートフォンを探してみましょう。

 

コスパ重視という人に最適・おすすめのSIMフリースマホ

ここからは、SIMフリースマホの中でもコスパを重視したおすすめの機種を紹介していきます。コスパ重視でスマホを選びたい人必見です!

 

「HUAWEI nova 5T」

HUAWEI nova 5T

カメラ機能を重視の人にもおすすめな機種が「HUAWEI nova 5T」です。4800万画素という高い画素数を誇り、超広角カメラやマクロカメラも搭載しています。

”夜景モード”での撮影も可能です。遠距離からの撮影も難無くこなし、旅行先での撮影や暗所でも活躍してくれます。

また、端末のデザイン性も少し様変わりで「nova」の文字が浮かび上がるモノグラムデザインがとても個性的です。

「ミッドサマー・パープル」カラーのみにはなりますが、攻めたデザインは他のメーカーにはない独特の個性を感じられます。

”人と同じものなんてつまらない”というユーザーには触れて欲しい端末です。Google Playにも対応している端末です。

 

「Google Pixel 3a」

「Google Pixel 3a」

見た目はGoogleらしいとてもシンプルなデザインです。現行機種の「Google Pixel 4」が販売されている為、「Google Pixel 3a」の価格帯は”50,000円”程度で購入できます。

カメラ機能も優秀で、”夜景モード”を使えばハイクオリティな写真も撮影できます。

FeliCaにも対応しているので”おサイフケータイ”の使用もできます。ゲームアプリなど概ね動作するので、あまりストレスを感じさせずに操作できます。

「Google Pixel 4」と比べると少し型落ち感は否めませんがミドルクラスのスマートフォンとして見れば優秀です。

 

「moto g7 plus」

モトローラのリリースする中でも最上位にあたる「moto g7 plus」は”38,800円”という価格設定です。処理の重いゲームやアプリでなければ快適に動作します。

性能と価格帯を考慮してもバランスの良いスマートフォンです。カメラも優秀で色鮮やかなで美しい鮮明な写真を撮影できます。

ズーム機能を使用してもあまり荒くならないのもポイントです。

 

「VAIO Phone A」

「VAIO Phone A」

少し大きめのディスプレイサイズで電子書籍や動画を閲覧する際にも便利なサイズです。

外観はサラッとした質感で高級感があります。最低限の使用用途であれば難無く作業をこなせる端末です。

 

「AQUOS sense3 plus」

AQUOS sense3 plus

防水機能・FeliCaにも対応した端末です。外観はシンプルで丸みを帯びたボディがとても持ちやすいです。

防水機能が非常に優秀で、水に一定の時間浸けても問題が無い IPX5/IPX8等級になります。Dolby Atmos対応の音声で臨場感のあるエンターテイメントを楽しむことができます。

また、バッテリー容量が大きいのも特徴です。

 

カメラ機能を重視したい人に最適・おすすめのSIMフリースマホ

スマホを持つならコスパよりも、カメラ機能を重視したいという人におすすめのSIMフリースマホは以下の機種がおすすめです。

 

「Essential Phone」

「Essential Phone」

1300万画素のカメラを搭載し、ポートレートモードによる撮影が背景をぼかしたい時などにも便利です。デザイン性も高く、ノッチレスでシャープな印象を受けます。

ディスプレイも大きいので動画も見やすい端末です。

 

「ASUS Zenfone 5」

zenfone5

「ASUS Zenfone 5」もトレンドのノッチレスなデザインです。カメラにはAIによるサポート機能が搭載されており、16種類にも及ぶ撮影モードがあります。

これらをすべて自動で切り替えてくれるので、シーンを選ばない撮影がすぐに行えます。

 

「HTC U12+」

「HTC U12+」

ポートレートモードのぼかしが自然で、一眼レフカメラで撮影したかのような写真が撮れます。被写体と背景の境目をソフトウェアが処理することで実現しているようです。

また、10倍近いズーム時の粗さも目立たない優秀な端末です。ただし、他社のスマートフォンと比較すると明るさが強調されています。

 

「OPPO Reno 10x Zoom」

OPPO Reno 10x Zoom

メインカメラは4800万画素の高い画素数と望遠カメラ・広角カメラを備えたスマートフォンです。デジタルズーム機能を使用すれば最大で”60倍”もの拡大が可能です。

 

ゲームやアプリなど快適に使いたい!人に最適・性能重視の人におすすめのSIMフリースマホ

スマートフォンで性能を重視したい人向けの端末を紹介していきます。

ゲーミングスマホと呼ばれる類の端末などは、特に高性能なSOCプロセッサーを搭載していることで、処理の重いアプリケーションも快適に動作します。

 

「ASUS ZenFone 5Z」

ASUS ZenFone 5Z

3Dのオンラインゲームアプリや高いグラフィック性能を要求するアプリも問題なく実行することができます。

また、ASUS独自のゲームアプリケーションに適した環境を最適化してくれるAI機能もあるので、ライトなゲーマーにおすすめしたい端末です。

 

「Xiaomi Black Shark 2」

Xiaomi Black Shark 2

処理の重いアプリケーションを長時間利用していると本体は熱くなりがちです。

この端末には、独特な冷却システムがあるので、端末内部の熱を効率よく外に廃棄してくれます。

RAMは12GBという容量で複数の作業が可能です。バッテリーの容量も4000mAhという数字で長時間の作業にも向いています。

 

「SONY Xperia 5」

「SONY Xperia 5」

SONYの端末ということもあり、プレイステーション4用のコントローラーとしても使用可能な端末です。また、プレイステーション4をリモートプレイするための 「PS4 Remote Play 」のアプリもあります。

機能面だけでなく「Snapdragon 855」などハイエンドモデルのSOCプロセッサーを搭載していいます。Xperiaシリーズはキャリアからでも購入できるので、店舗によってはサンプルもあるでしょう。

 

「ASUS ROG Phone」

「ASUS ROG Phone」

ASUSのゲーミングスマホとして作られたのがこの端末です。2020年にリリースされているほぼすべてのゲームアプリもストレスゼロで利用できるでしょう。

また、最新の超高速無線LAN規格などにもにも対応し、遅延の発生もまったく感じさせません。

 

「OPPO Reno A」

「OPPO Reno A」

低価格路線をうたいながらも、ゲーミングスマホとしては非常に優秀でコストパフォーマンスに優れた端末です。

SOCプロセッサーは、Snapdragon 710のミドルハイというスペックですが、6GBのRAMと高品質なカメラもあります。

メインカメラは1600万画素と200万画素であり、インカメラはそれを越えた2500万画素です。

 

『中古のSIMフリースマホを買い取ります!』買取査定は横浜のスマホ買取専門店リンクサスモバイルへ!

リンクサスモバイル公式HPトップ

引用元: 横浜のSIMフリースマホの買取専門店 リンクサスモバイル

中古のSIMフリースマホなどをはじめ、壊れてしまったスマートフォンやタブレット・Galaxyシリーズなどはどのように処理されていますか。

売らずに捨てるか、キャリアに回収・市役所(区役所)の回収箱にそのまま捨てるという方も多いのではないでしょうか。

リンクサス・モバイルでは、処分でお困りになった多くの法人様・お客様からSIMフリーのスマートフォン・タブレットなどの買い取りを行っています。

 

壊れたスマホを高く売る・高価買取してもらうためには

一体なぜ壊れてしまったスマートフォンや、タブレット・ジャンク品扱いのSIMフリースマホが売れるのでしょうか?

その理由には”純正の部品・パーツに価値があるから”です。

旧型の端末を治すために、部品やパーツを必要としている修理屋であれば、もちろんジャンク品や損傷がひどいスマートフォンでも高値で買取ってくれるというちょっとした”裏技”があるんです。

一度売ることを諦めていた端末も、試しに買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

 

壊れたSIMフリースマホなどのジャンク品も含め”横浜で10年間”の高価買取実績があるから安心

横浜のスマホ買取専門店 リンクサスモバイルでは、SIMフリースマホをはじめ、iPhoneやスマホ、タブレットなどの修理・買取に創業以来10年間の実績を持っています。

修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けており、独自の流通ネットワーク網を活用することができるため、お客様の製品を高額査定にかけても利益を作れるようなシステムがあるのです。

店舗名 iPhone・スマホ買取 リンクサスモバイル
公式HP URL https://linx-as.co.jp/
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 なし
電話番号 0120-916-570
メールアドレス info@linx-as.net

 

まとめ

カフェでスマホをいじる女性

今回はキャリアに縛られない、おすすめのsimフリースマートフォンを紹介しまいた。SIMフリースマホは、iPhoneなどと同じく常に新しい機種が誕生しています。

そのため、現時点では最新だったとしても、数か月後には新たな機種が発売されるものですが、自分にとってSIMフリースマホに求めるものを満たしていれば、新機種にこだわらずに手にしてみてはどうでしょう。

«
買取強化商品