ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

2020年10月最新版【Appleの名作タブレット『iPad』シリーズの買取大全集】

早速ですが、皆さんは新しいiOSデバイスを購入しようと思った時、既に所持されているiOSデバイスはどうしていますか?

日々進化していくiOS端末は、最新のモデルがリリースされる度に我々に大きな興奮と驚きを与えてくれます。しかし、Apple社の製品はその魅力と引き換えに決して購入し易いプライスではありません。

もしも、所持しているiPadから最新のモデルに「買い替える」ことを検討しているのなら、所持しているiPad端末を買取査定に出してみるのはいかがでしょうか。

さて、今回は旧型モデルを含むと数多くの種類が存在しているiOSデバイス達の中から「iPad」シリーズの買取に焦点を当てていきたいと思います。具体的にはiPadの買取方法などについて解説していきます。

目次 非表示

『iPad』を手放す時は…

新しいiPadを入手したら、まず所持している旧型モデルのデータ移行やコピーなどのバックアップ作業を行います。

Wi-Fi環境下でデバイス同士に直接コピーしたり、契約しているクラウドストレージサービスへバックアップデータの転送を行うなど、スムーズな使用環境の移行作業を行う必要があります。また、ユーザーの持つ”データ”は、財産にもなるので第三者の手に渡らない様、本体の初期化設定を行う必要もあります。

これらの作業を終えた上で、古い端末を使用しないのであればそこで初めて「譲る・売りに出す・下取りに出す」といった選択肢に移ることができます。もしバックアップを取らずに第三者に渡してしまえば、当然新しい端末へのデータ移行もできません。初期化をせずに渡してしまえば、悪意を持つ第三者の手によって犯罪に利用される可能性もあります。

知人や家族に譲るというのは資産の有効的な活用法の一つに過ぎません。しかし筆者としては、その選択肢の中でもApple製品だからこそ買取に出すのがおすすめなのではないかと考えます。

ですが、端末を買取に出すという機会もそう多く無いのが現実で、不安が大きいというユーザーが大多数ではないでしょうか。買取に出すお店側と気持ちの良い取引を成功させる為には、最低限の事前準備と綿密な情報収集が大事です。

『iPad』シリーズの”世代”とは?

自分が所持しているiPadはどの種類・どの”世代”のモデルなのかを事前に把握しておくことで、大まかな買取査定額の検討がつきます。

それではiPadの「世代」とはどういうものなのでしょうか。

iPadシリーズには「iPad(通常)」「iPad Pro」「iPad Air」「iPad mini」と複数のラインナップが存在しており、2010年に初代iPadが発売されてからそれぞれのモデルを合わせて20種類近く及ぶ機種が発表されてきています。ややこしい事に、見た目に大きな違いがなく、オークションなどに出そうと思った時には詳しい型番が分からずに戸惑ってしまうものです。

勿論「iPad(通常)」シリーズの最新モデルでは対応している「Apple Pencil」が、一つ前の「iPad(通常)」モデルでは使用できないといった機能的な違いもあるので、自分の使用していたiPadが何「世代」のどのiPadシリーズなのかという事まで事前に把握できるように調べておきましょう。

買取査定に出す前に確認しておくべき『iPad』の”モデル番号”

iPadシリーズには、端末の背面にAからはじまる4桁の数字が書いてあります。これが「モデル番号」で、自分のiPadが何世代のモデルなのかを知る事が出来る型番になります。

《iPad(通常)》

  • iPad第1世代 「Wi-Fiモデル・A1219」「Wi-Fi+3Gモデル・A1337」
  • ・iPad第2世代 「Wi-Fiモデル・A1359」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1396&A1397」
  • iPad第3世代 「Wi-Fiモデル・A1416」「Wi-Fi+3Gモデル・A1430&A1403」
  • ・iPad第4世代 「Wi-Fiモデル・A1458」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1459&A1460」
  • ・iPad第5世代 「Wi-Fiモデル・A1822」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1823」
  • ・iPad第6世代 「Wi-Fiモデル・A1893」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1954」

《iPad Pro》

  • iPadPro 12.9インチ第1世代 「Wi-Fiモデル・A1584」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1652」
  • ・iPadPro 9.7インチ 「Wi-Fiモデル・A1673」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1675」
  • ・iPadPro 10.5インチ 「Wi-Fiモデル・A1701」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1709」
  • ・iPadPro 12.9インチ第2世代 「Wi-Fiモデル・A1670」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1671」

《iPad Air》

  • iPadAir第1世代 「Wi-Fiモデル・A1474」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1475&A1476
  • iPadAir2 「Wi-Fiモデル・A1566」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1567」

《iPad mini》

  • iPadmini第1世代 「Wi-Fiモデル・A1432」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1454&A1455」
  • ・iPadmini2 「Wi-Fiモデル・A1589」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1490&1491」
  • ・iPadmini3 「Wi-Fiモデル・A1599」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1600」
  • ・iPadmini4 「Wi-Fiモデル・A1538」「Wi-Fi+Cellularモデル・A1550」

『iPad』を中古買取・買取査定に出す流れ~買取額を上げる為に~

実際にiPadシリーズを買取に出す流れを紹介していきます。

各買取業者ごとにサービスや違いがありますが、おおまかな流れはどの店舗でも共通しています。

  1. 「初期化する(バックアップを取る)」
  2. 「付属品の用意・クリーニング」
  3. 「梱包発送・来店・査定」
  4. 「買取完了」

高価買取のコツとしては、手間が掛かりますが複数の店舗にメールで問合せてみたり、店舗の公式ホームページで大まかな買取金額の確認・事前の簡易査定が大事です。中古市場で一定の相場は存在しているものの、当然のことながら買取会社によって大きく金額が変わる場合がほとんどです。抱えている在庫数や買取・割引キャンペーンなど店舗固有のサービスの違いが生じているからです。

例えば、学校が多い地域の店舗であれば入学準備期間に学習用途の購入需要が増して、中古品・リファビッシュ品などのアウトレット系「iPad」の供給を増やすかもしれません。また、会社全体での在庫管理が行き届いている大手の店舗ほど買取査定額が高いという傾向もあります。

①端末本体に必ずやっておくべき「初期化」について

端末本体の「初期化」は必ず行います。

これは個人情報の漏洩を防ぐ意味合い以外にも、買取査定に出す際の金額にも影響する話です。お店側から事前に本体の初期化をするようにお願いされる場合がほとんどですが、お店に売る商品なので自身でしっかりと管理するようにしましょう。※ 買取業者次第ではトラブル回避の為に、初期化されていない端末の査定は拒否される事があります。

・初期化前に

  1. 設定ページのiCloudの欄から「iPadを探す」をオフにする。
  2. Cellularモデル(SIMカードなどで単体での通信が可能なモデル)の場合はネットワークの利用制限のチェック。
  3. チェック時には「IMEI(製造番号)」 が必要なので、設定ページから確認しておく。
  4. 15桁の数字を各キャリア(docomo・au・Softbank) の”ネットワーク制限確認サイト”で入力して確認する。

・初期化

  • 設定>リセット>すべてのコンテンツと設定を消去

ネットワーク制限の結果が「〇」であれば買取額に影響もなく問題もありません。「△」や「×」は買取業者によっては買取不可となります。国内版のSIMフリーモデルは、全ての結果が「-」である必要があります。また、SIMカードは忘れずに必ず抜いておきましょう。

②「付属品の用意」と「クリーニング」について

昨今では付属品が無くても減額対象にはならないサービス・キャンペーンを行う買取業者も増えてきました。

しかし、減額対象にはならずとも”査定額が増額する”という可能性はあります。手元付属品がある場合は、出来るだけ揃えて査定に出しましょう。特に純正の”充電器”などは査定額に響く事が多いです。

・iPadの付属品

  • 充電器・ケーブル
  • マニュアル
  • SIMカード取り出し用ピン(3GとCellular版のみ)

iPadの端末本体や付属品のクリーニングも大事な作業工程です。出来るだけ綺麗な状態にしておきましょう。柔らかい布や少量のアルコール・消毒スプレーなどを使用し、指紋や手垢汚れを拭き取りましょう。傷は出来るだけ少ない方が高価買取が期待出来ます。

シールやカバーが貼ってある場合には綺麗に剥がしましょう。シールはドライヤーで熱を加える事で綺麗に剥がす事ができます。また、端末のカスタマイズや刻印、柄・カラー変更がされている場合には基本的に買取不可となります。

③買取業者を見極める「買取査定」について

基本的に査定だけを無料で行っているという買取業者がほとんどです。

宅配買取など、郵送するような査定方法ではキャンセル料や返送料が発生します。また、少しでも高価買取査定を狙うのであれば複数の会社に査定依頼を出す必要があります。各買取業者の公式ホームページでは、端末の型番・世代の記載と共に買取目安の金額が掲載されていることも多いので、そのデータを参考にするのが良いかもしれません。

宅配サービスでは、申込み後に梱包素材などが入った宅配査定キットが自宅に送られてきます。査定に出す端末と身分証明書のコピーを同封して送り返すのが基本的な流れです。自身で梱包材料を用意し、指定の住所に発送するという場合もありますが、昨今では査定キットが送られてくる場合の方が多い印象を受けます。

もし、梱包材料を用意するのであれば、端末や付属の箱に対して大き過ぎない段ボールを探しましょう。衝撃吸収の為に緩衝材や丸めた新聞紙なども準備しておくとスムーズに梱包できます。発送中に端末が故障しないような最低限の対策は、査定に出すユーザー側で行うようにしましょう。

④「取引完了」について

買取金額に納得がいかなければキャンセルして、次の店舗へ査定依頼を出します。

買取金額に満足がいく結果が出れば、買取金をその場で受け取る・後日振り込みをしてもらう等の対応して貰い取引完了となります。もし、悪質な業者であれば買取金額の振込がされないなどのトラブルが発生します。個人経営のお店では多いケースなので、取引が完了するまでは気を抜かないようにしておきましょう。

『iPad』を大手キャリア(docomo/au/SoftBank)の下取りサービスに出す流れ

iPad・iPhoneでも、大手キャリア(docomo・au・Softbankなど)やApple Storeで端末を購入していた場合、購入した古い端末は「下取りサービス」の対象になります。同じキャリアで新しい端末を購入する事が条件ですが、自分で買取業者を選別する必要が無いので比較的手軽な方法です。

お金に替えるという感覚ではなく、

「新しい端末への割引になる」
「ポイントに交換出来る」

というシステムになっています。このサービスは各キャリアで実施していて、新しい端末をApple Storeのオンライン通販で注文する際に「値引き下取り価格」が確認出来ます。各キャリアで割引の形態は異なりますが、端末本体の価格や毎月の支払額がお得になります。

このサービスは店舗で簡単に申し込みが可能です。キャリア以外でも、ビックカメラやヨドバシカメラ・ヤマダ電気などの一部店舗でも「下取りサービス」を行っています。

最新機種へのモデルチェンジを決めていて、買取までの流れが面倒な場合には下取りサービスがとても手軽な手段です。付属品の有無や細かいルールは店舗によって変わりますので、気になる場合は一度問い合わせてみるのが良いでしょう。

中古品iPadシリーズ買取店舗

iPadシリーズの買取をしている業者はとても多く存在しています。

しかしその中には「残債がある端末」の確認が不十分で買取を行っていたり、「赤ロム(ネットワーク制限の掛けられてる端末)」でも買取を実施している業者もあります。

そのような買取業者ではトラブルが起こりやすく、届出を出さない違法な業者の場合も多いので注意が必要です。他にも査定の金額と実際の振り込み金額に差異があったり、発送した後に連絡が途絶えたりという場合もあります。

少しでも「怪しい・おかしい」と感じた業者は利用しないようにしましょう。今回は買取業者の中でも買取実績が多く、査定額が高めな大手のお店をいくつかご紹介していきます。

【じゃんぱら】の買取方法について

北海道から九州まで実店舗も多い【じゃんぱら】は買取査定に出す手順や、サイトに載っているおおよその査定金額表記が見やすい特徴があります。買取査定の経験が無くても簡単なガイドに沿った取引ができます。売却が決まってから”一週間以内”で買取金額の振り込みを完了してくれます。

《買取事例》

・iPad Air2

  • 21,000円~24,000円

・ iPad mini4

  • 22,000円~27,000円

・ iPad Pro(9.7インチ)

  • 31,000円~

・iPad Pro(12.9インチ:第3世代)

  • ~106,000円

【じゃんぱら】の買取方法は「店舗買取・通信買取(宅配買取)・おまかせ買取・ケータイおまかせ買取」の4種類にも及びます。公式ホームページには「無料買取見積もりサービス」というメールフォームがあるので、一度査定金額の問い合わせをしてみましょう。他社との比較にも便利なサービスとなります。

次に「おまかせ買取サービス」とは、見積もり結果が1万円を超えたら宅配ドライバーが自宅まで引き取りに来てくれるサービスです。時間指定も可能なので、忙しい合間でも対応が可能となります。買取査定の合計金額が1万円以上であれば申し込みが可能となりますので是非利用しておきたいところです。集荷の手配も必要なく、送料もじゃんぱら負担になります。

「ケータイおまかせ買取」は、1万円以下でも先ほどの「おまかせ買取サービス」が可能となります。中古のスマートフォンやA4ワイドサイズ以内のパソコンやタブレットなら、無料で発送する事が可能です。集荷も宅配ドライバーに自宅から渡すだけなので簡単です。梱包の手間だけなので便利なサービスです。

買取金額の表示や買取方法の他にも、【じゃんぱら】には様々なキャンペーンがあるので一度チェックしてみて下さい。

iPad買取・じゃんぱらの特徴とサービス

【じゃんぱら】では、中古買取以外にも「新品・未使用」端末の買取も実施しています。「新品・未使用」端末と言えばコピー品やサンプル・盗品などトラブル回避の為に、店舗側では新品・未使用の端末を買取不可としている場合が多いです。【じゃんぱら】では中古より高い金額で新品・未使用のiPadを買取実施しています。

【じゃんぱら】には「分割買取サービス」が存在します。「支払いが残っているけど買い替えたい」という場合でも、じゃんぱらは買取を実施してくれます。完済後に売却するより断然お得と人気のサービスです。キャリアはdocomo・au・Softbankが対象です。それぞれのスマートフォン・タブレットなどが対象になっているので、iPadシリーズも対象になっています。

また、それぞれのキャリアの「ネットワーク利用制限確認が〇判定」又は「じゃんぱらで購入した端末」であれば完済済みの商品として認定されます。

完済済みとして扱われると、買取金額の100%の支払いを受ける事が可能なのです。もちろん分割支払いも可能なので、前金を受け取った後に端末代金を完済。その後に二度目の買取代金を受け取る事も可能です。結果的に最終的な金額はどちらも同じですが、自分に合った方法を選択出来ます。

店舗名じゃんぱら 秋葉原本店
公式HP URLhttps://www.e-daikoku.com/
営業時間10:30 ~ 19:30
定休日年中無休(年末年始を除く)
電話番号03-3254-5351
メールアドレス
住所〒101-0021東京都千代田区外神田1-11-7 秋葉原家松ビル
アクセス秋葉原駅から徒歩3分
支店神田東口店/有楽町イトシア店/水道橋店/新宿西口店/新宿思い出横丁店/高田馬場駅前店など

【ソフマップ】の買取方法について

https://twitter.com/sofmap_official/status/1205053946554765313

【ソフマップ】iPad買取は、現在「ラクウル」という公式サイトで可能となっています。

ビックカメラグループと共にラクウルは運営されているので、ビックカメラの対象店舗での問い合わせも簡単になっています。ラクウルでは申し込み後、予定日に宅配ドライバーが集荷に訪問します。査定金額はメールとウェブサイトでの通知になり、確認後の売却もそのサイトで可能です。

もしキャンセルをする場合でも、送料・査定料・キャンセルによる返送料金は全て会社負担となるので心配はいりません。

《買取事例》

・iPad Air2

  • 16,000円~20,000円

・ iPad mini4

  • 18,000円

・ iPad Pro(9.7インチ)

  • 29,000円~33,000円

・iPad Pro(12.9インチ:第3世代)

  • ~105,000円

iPad買取・ソフマップ(ラクウル)の特徴とサービス

ラクウルの特徴は売却代金が独自のシステムである「ウォレット」に貯まるという点です。まずウォレットからは、現金で受け取る銀行振り込みでの選択。そしてビックカメラグループ(ビックカメラ・コジマ・ソフマップ)各店舗での買い物に利用出来る「ビック買取マネー」での受け取りが存在します。

ビック買取マネーからの買取代金の引き出しは、それぞれビックカメラグループのポイントカードへチャージ(入金)が可能です。そして現金での受け取りよりも、ビック買取マネーの方がお得になっています。

https://twitter.com/hiro_karren/status/1204362089579470850

ビック買取マネーは「基本増額」というシステムがあり、査定金額より5%多く受け取る事が出来ます。そしてキャンペーンを実施しているので、その時期だと更に5%増額などになります。そうなると、実質10%増額になるのでとてもお得に次のお買い物に充てられます。ビックカメラは家電・生活用品・おもちゃなど、とても幅広いアイテムを取り扱っています。ポイントや買取マネーで他のお買い物の選択が充実しているのも、ラクウルで買取をする魅力になっています。

https://twitter.com/bic_hamamatsu/status/1202496824449196033

ビック買取マネー入金に関しては手数料は一切発生しませんが、現金で受け取る銀行振り込みには別途250円の手数料が発生します。そしてビック買取マネーからでも、現金での受け取りの為にも使用する「ウォレット」は保有期間が180日間なので注意が必要です。ビック買取マネーの有効期限は、最後にビックポイントカード・買取マネーを利用してから2年間となります。

ラクウルはサイトで買取サービスを依頼する他にも、店舗買取・ラクウルポストが一部店舗で実施されています。ラクウルポストとは、買取申し込み用紙に記入をし依頼品と一緒に投函するだけのサービスです。ラクウルポストに入れるだけで、査定後にショートメールで結果が届きます。iPadに関しては故障の心配が拭えませんが、他のアイテムであれば待ち時間の無さや非対面式でプライバシーを守れるというメリットがあります。

店舗名ソフマップAKIBA①号店
公式HP URLhttps://www.sofmap.com/
営業時間10:00 ~ 20:00
定休日なし
電話番号【店舗総合案内受付】フリーコール 0077-78-9888/携帯・PHS・IP電話から(有料)050-3032-9888
メールアドレス
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田3-13-12 IMYビル
アクセス
支店<秋葉原>2号店(パソコン総合館)/3号店(Mac Collection)/4号店(アミューズメント館)/5号店(中古デジタル館 買取センター)/池袋東口店/新宿店/立川店/町田店 他

【GEO(ゲオ)】の買取方法について

【GEO(ゲオ)】でのiPadの買取は、ゲオモバイルやスマーケットで行います。これらは【GEO(ゲオ)】が運営する専門の買取店・サイトなので安心できます。ゲオの店舗は全国に多く展開しているので、実際に自分の足でお店に行く事も簡単です。

インターネットでの申し込みと宅配買取にも対応しています。

スマーケットで宅配買取を依頼すると、段ボールなどの梱包素材や買取説明書・買取申し込み書が送られてきます。自分で梱包材料の準備をしなくても良い点は嬉しいポイントです。身分証明書のコピーと必要書類・査定するiPadを準備し箱詰めしたら、あとは送るのみです。

こちらの希望日時に宅配ドライバーが受け取りに来てくれるので、総合的に見て【GEO(ゲオ)】の買取は手間が一番少ないと思います。

《買取事例》

・iPad Air2

  • 15,000円~18,000円

・ iPad mini4

  • 20,000円27,000円

・iPad Pro(12.9インチ:第3世代)

  • ~92,000円

・iPad Pro(12.9インチ:第3世代)※ 未開封

  • ~127,000円

iPad買取・ゲオ(Smarket)の特徴サービス

【GEO(ゲオ)】は店舗数が多く、大手の買取業者です。個人情報・プライバシーの管理から実際の査定まで、独自のシステムを採用している為、安心感があります。査定額が低い場合でも大手の特有の安心感に勝るものはないのではないでしょうか。

【GEO(ゲオ)】では、頻繁に買取強化キャンペーンを行っています。通常の買取査定額に3,000円を上乗せするなど、わかりやすい条件なので気軽に利用できるのは【GEO(ゲオ)】ならではです。

https://twitter.com/GEO_mobile_jp/status/1205396988704907265
店舗名ゲオ 八柱店
公式HP URLhttps://geo-online.co.jp/
営業時間10:00 ~ 18:00
定休日年中無休
電話番号047-330-1181
メールアドレス
住所〒270-2253 千葉県松戸市日暮3丁目19番地の18
アクセス
支店北小金店

【BOOK-OFF(ブックオフ)】の買取方法について

【ブックオフ】もメジャーな買取業者として有名です。

店舗数も多く、ネットでの申し込みで宅配買取・出張買取も実施しています。22時までの申し込みであれば、最短翌日の集荷が可能となっています。梱包材料は自分で準備する必要がありますが、集荷から査定終了まで3日程度とスピーディーな対応が期待出来ます。

iPadなどの通信端末に関して「データ消去作業」に力を入れています。不正な動作を行っていてもデータが読み取られないように、上書きを行うプロデクトを実施。さらに他のスタッフが確実に消去が完了しているかどうかのダブルチェックを行います。

【ブックオフ】では他社の買取業者とは違い、買取金額を基本的に開示していません。ただ、iPadやタブレットはいずれも買取強化を実施しています。査定に出向く為のリアル店舗も多いので、一度試してみるのも良いかと思います。

iPad買取・ブックオフの特徴サービス

ブックオフでは、他の買取業者には無い特徴があります。

それは、減額対象にはなりますが「ネットワーク利用制限」の表示への寛容さです。各キャリア(docomo・au・Softbank)端末のネットワーク利用制限の表示が「〇か△」であれば買取の対象になる点です。

通常ネットワーク利用制限は「〇」でなければ買取の対象にはなりませんが、ブックオフであれば「△」でも減額対象ではありますが買取が可能なのです。他社では買取が出来ないと諦めていた場合には、とてもありがたいサービスとなっています。

【TSUTAYA】の買取方法について

CDやDVDなどのレンタルのイメージが強い【TSUTAYA】ですが、買取にも力を入れています。

店舗ではレジの無人化やセルフでバーコードの読み取りでの支払いなど、様々な工夫と顧客へのサービス提供に力を入れています。タブレットやスマートフォンの買取査定を行っている店舗は全国で約150店舗あり、ネット宅配買取も実施しています。そして【TSUTAYA】と言えばのTポイントの付与やキャンペーンも実施されています。

iPad買取・TSUTAYAの特徴サービス

【TSUTAYA】では、他社では断られてしまうような古い端末の買取も実施しています。

例えばiPhoneであれば、持っている人の方が少ないのではないかと思うようなiPhone3Gの買取などです。古いモデルでも査定金額が高めになっています。まだ現役で使用出来る自分の古いiPadシリーズも、この機会に買取査定に出すのも良いかと思います。

そして、外装の傷などが3段階のランク制になっているのも特徴です。傷なし未使用品・傷アリ・破損品となっていて、傷んでいても買取対象になります。また、支払い済みである「〇」マークと、未完済・支払い中の「△」での買取も可能となっています。

店舗名TSUTAYA
公式HP URLhttps://tsutayamb.com/
営業時間10:00 ~ 23:00
定休日なし
電話番号03-5459-2000
メールアドレス
住所〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21‐6
アクセス渋谷駅A6(東側)出口から徒歩約0分/渋谷駅ハチ公口から徒歩約2分/渋谷駅西口から徒歩約3分
支店勝どき店、中目黒、南砂店、大森町駅前店、二子玉川 蔦屋家電 他

本人確認書類の準備

査定には、買取に出す端末を「所持している本人」かどうかの確認があります。

iPadやiPhoneは特に、本人以外の買取を実施していない買取業者が多いです。ネット査定の発送の場合は指定身分証のコピーを、持ち込みの場合には指定の身分証を持参しましょう。

本人確認書類は、顔写真付きの身分証があれば確実です。例としては、免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・身体障害手帳などがあります。買取業者によっては、上記の証明書がなくても住民票や印鑑証明などの書類・公共料金の支払い証明書に住所が記載してあるものなど、対応可能な本人確認書類の種類は異なるので事前に確認しましょう。

壊れた・使えなくなったジャンク品のiPhone・スマホは買い取ります!売るなら高額査定が魅力な横浜のスマートフォン買取専門店”リンクサスモバイル

引用元: 横浜の iPhone・スマホ 修理専門店 リンクサスモバイル

壊れてしまったスマートフォンやタブレット・ジャンク品扱いのiPhoneはどの様に処理されているでしょうか?

市役所の回収BOXに入れたり、捨ててしまうという人もいるのではないでしょうか。実はそんな不要になった端末を高額で売る方法があるのです。

「大手の有名な中古スマートフォン買取店」「家電量販店に買取って貰えば良いのでは?」なんて安直な考えではいませんか? しかし現実では買取拒否なんて日常茶飯事。大手のお店だからといって高く買取って貰える保証はどこにもありません。

壊れたスマホ・iPhoneを高く売る、ジャンク品を買取って貰う為に

壊れたスマートフォン・iPhoneやジャンク品が売れる理由には”純正の部品・パーツに価値があるから”なんです。旧型の端末を治す為に部品やパーツを求めている修理屋であれば、当然ジャンク品や損傷が酷いスマートフォン・iPhoneでも高値で買取ってくれる”裏技”があるんです。

壊れたスマホ・iPhoneなどのジャンク品も含め”横浜で10年間”の高価買取実績を持っています!

横浜iPhone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルは創業から10年間、iPhone・iPad、Androidスマートフォンの修理・買取に実績を持つリンクサス・モバイルでは、修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けています。独自の流通ネットワーク網を活用し、お客様の製品を高額査定に掛けても利益を作れる様なシステムがあるのです。

『壊れたiPhone・スマホでも安く修理出来ます!』横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せを!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーの寿命切れからスマートフォンの割れてしまった液晶画面の修理まで安価で、素早い対応が可能なサービスをご提供できます!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルは修理に必要な部品・パーツを製造している工場から直接仕入れる事ができるからなんです。日本国内でも広く見られる多くのスマートフォン修理店様に、部品・パーツの卸なども行っている為、他社の修理店様よりも非常に安価な金額で直す事ができます。

まとめ

今回は『iPad』シリーズの買取についてご紹介してきました。

多くのラインナップが原因で、iPhoneシリーズよりも少し分かり難い世代モデルが特徴的なiPadですが、ビジネス用途からエンターテイメントまで幅広くこなせる優秀なタブレット端末です。

クリエイター向けのアプリケーションも充実しており”スマートフォンはAndroidでタブレット端末はiPad”というユーザーも多い様です。そんなiPadシリーズの中古需要は安定して高い傾向にあり、旧型モデルでも一定の買取額がキープされているのが現状です。

この機会に新型モデルへの買い替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Sliding Sidebar

About Me

About Me

スマホペディアは、iphone・スマホ買取専門店 リンクサスモバイル が監修・運営しております。

”お得で快適なiphoneライフ”

を満喫できるように最新iphoneのリリース情報から、iphoneで発生しやすい修理の問題(画面割れ、起動しない、ホームボタン)について対処方法からお店選びなどの解決方法までお届け致します。