tel

0120-916-570

toptel
  2020/11/12

2019年9月に世界初の折畳み式スマートフォン「Galaxy Fold」をリリースしたばかりのSAMSUNGですが、2020年4月には新型のGalaxy Fold 2(仮)」を発売するという情報が世のガジェットマニア達を騒がせています。

新型Galaxyこと「Galaxy Fold 2(仮)」について

ハードウエアの不具合が原因で一度発売を延期したにもかかわらず、20万円以上という強気な価格設定を維持したSAMSUNGの戦略は功を奏したのか、発売から3ヶ月で全世界で目標の50万台近い売上を達成できたようです。

日本国内の中古市場には数こそ少ないですが、中古品でありながらも20万近い価格で販売されているケースもあり、国内モデルならば¥130,000~150,000の金額で買取ってくれるお店もあります。

引用:イオシス

そんな「Galaxy Fold」の実施的な新モデルは、SAMSUNGが中国のチャイナテレコムと共同出資をしている高級スマートフォンブランド”心系天下”から発売される「W20」というモデルになります。

https://twitter.com/HirayamaKurisu/status/1194164587618127873

しかし「W20」は高級スマートフォンと謳うブランドだけあって、価格も通常の「Galaxy Fold」から1.5倍以上の価格が設定されています。勿論、SAMSUNGが韓国国内でリリースするのかも怪しく、日本で流通する可能性もほぼないと言って良いでしょう。

ですが、現状リーク情報が出回っている「Galaxy Fold」の後継機種は”縦折り式”になると言われており、恐らく世界的にもSAMSUNGブランドから販売されるのは縦折り式の「Galaxy Fold 2(仮)」になると予想されています。

世界の”SAMSUNG”といえども”縦折り式スマホは微妙かも?

筆者が思うに「Galaxy Fold」を欲しがるユーザーとは、AppleのiPadに近いアスペクト比のタブレットになるスマートフォンが欲しいのであり、「Galaxy Note」シリーズの「Sペン」との組合せを期待しているユーザーが多いはずです。

更に縦折り式のスマートフォンは、2019年11月にMotorolaが「Razr」を正式発表しており目新しさにもやや欠けます。また、縦折り時のアスペクト比というのはやや特殊です。これは横折り時のような小型タブレットとしての用途の方が、あらゆるクリエイティブな用途にも向いているのではないかと思う次第です。

ただ、今後ハードウエアの構造が改善されたり、本体価格の低下などによって、縦折り式スマートフォンの普及率は高くなる可能性もあるでしょう。次期「Galaxy Fold 2(仮)」では「Galaxy Fold」で改善されるべき点を克服するべく、SAMSUNGも本腰を入れているようです。折り方を変更するというのは、SAMSUNGなりの回答なのかもしれません。

https://youtu.be/FC5FcfZf7xw

新型「Galaxy Fold 2(仮)」のまとめ

SAMSUNGも自社製品の強みである「Sペン」と「Galaxy Fold」の相性の良さについては検討している様で、韓国メディアの”The Elec”も次期「Galaxy Fold」は「Sペン」に対応するのではないかと報じています。

このことを裏付ける様に、SAMSUNGが折畳式のスマートデバイスで「Sペン」を使いやすくする為に特許を取っている事が明らかになっています。

ですが、残念なことに折畳式スマートフォンでも「Sペン」を使用するとなれば”縦折り””横折り”では、比べる間もなく横折り式の方が使い易いはずです。

実際に使い勝手に関してSAMSUNGは悩んでいたとリーカーの情報がありました。結局のところ、特許やプロトタイプの画像などこれまでのリーク情報の多くが”縦折り式のディスプレイを採用”しているという説が有力になっています。

  • 縦折り式のディスプレイを採用
  • ・SOCプロセッサーにQualcommの「Snapdragon 855 Plus」を採用
  • ・販売価格が10万円代に値下げ
  • ・「Sペン」に対応
  • ・5G通信に標準対応

日本国内でも2020年には本格的に5G通信サービスが始まることから、いち早く5G通信を体験したいユーザーも多く日本市場に本格参入を果たしたXiaomiの製品や、毎年9月発売予定の新型「iPhone」などのApple製品よりも、先見性の高さとSAMSUNGだけの強みをアピールできれば、スマートフォン業界でトップシェアを獲得することも夢ではないのかもしれません。

SAMSUNGの新型Galaxy発表イベントは2020年2月11日を予定

SAMSUNGは2020年2月11日に新型Galaxyの発表イベントを予告しています。

公式ツイッターが発表する製品のヒントとも言えそうな画像を公開しており、このツイートに対してSAMSUNGに関連した情報リーカーであるMax J.氏は、次期フラグシップモデル「Galaxy S11」に採用されると噂のカメラ形状と、「Galaxy Fold 2(仮)」のリーク画像の形状が一致している旨のツイートをしています。

『中古Galaxyギャラクシー買い取ります!』買取査定は横浜のスマホ買取専門店リンクサスモバイルへ!

引用元: 横浜のGalaxyギャラクシー買取専門店 リンクサスモバイル

Galaxyギャラクシーの買取で売ったお金で新作の『Galaxy Fold 2(仮)』を買おうと考えている方も多いと思います。

壊れてしまったスマートフォンやタブレット・Galaxyシリーズなどはどのように処理されていますか?

売らずに捨てるか、キャリアの回収・市役所(区役所)の回収箱にそのまま捨てるというユーザーも多いのではないでしょうか。

リンクサス・モバイルでは、処分でお困りになった多くの法人様・お客様からスマートフォン・タブレット・Galaxyの買い取りを行っています。

壊れたスマホ・Galaxyを高く売る・高価買取してもらうためには

一体なぜ壊れてしまったスマートフォンや、タブレット・ジャンク品扱いのGalaxyが売れるのでしょうか?

その理由には”純正の部品・パーツに価値があるから”です。旧型の端末を治す為に部品やパーツを必要としている修理屋であれば、勿論ジャンク品や損傷が酷いスマートフォン・Galaxy でも高値で買取ってくれるというちょっとした”裏技”があるんです。

一度売ることを諦めていた端末も、試しに買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

壊れたスマホ・Galaxyなどのジャンク品も含め”横浜で10年間”の高価買取実績を持っています!

横浜のGalaxy・スマホ買取専門店 リンクサスモバイルでは、Galaxy、Androidスマートフォン・Androidタブレットの修理・買取に創業以来10年間の実績を持っています。

修理用の部品・パーツの卸・販売も手掛けており、独自の流通ネットワーク網を活用することができるため、お客様の製品を高額査定に掛けても利益を作れる様なシステムがあるのです。

『壊れたGalaxy・その他スマホも安く修理出来ます!』横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せを!

横浜のGalaxy・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーの寿命切れからスマートフォンの割れてしまった液晶画面の修理まで、安価で素早い対応が可能なサービスをご提供できます!

店舗名 iPhone・スマホ買取リンクサスモバイル
公式HP URL https://linx-as.co.jp/services/brand/iPhone
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 なし
電話番号 045-326-6922
メールアドレス iphone@linx-as.net
住所 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2−81 新起企画ビル 1-B
アクセス 最寄り駅/JR関内駅北口
支店 最横浜店/川崎店

横浜のGalaxy・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由!

横浜のGalaxy・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由は、修理に必要な部品・パーツを製造している工場から直接仕入れることができるから。日本国内でも広く見られる多数のスマートフォン修理店様に、部品・パーツの卸なども行っている為、他社の修理店様よりも非常に安価な金額で直すことができます。

«