ご質問ご相談、お気軽にお問い合わせください。

045-326-6922

各モデルの詳細はこちらから

該当する商品はありません。

世界規模ではダントツのスマホ出荷台数を誇るサムスン電子株式会社を紹介

サムスン電子株式会社は、世界最大級の電子製品メーカーとして有名ですが、スマホ出荷台数を世界規模で見てみるとAppleのiPhoneを抜き、世界第1位を獲得しています。サムスン電子は、韓国最大の企業として有名で、韓国を象徴する企業として知名度は抜群です。

家電製品、工業製品をはじめ、軍事製品まで幅広い電子機器の製造を行っていますが、社員数は30万人、世界に生産法人は65社、販売法人は130社を展開している驚くほど大きな規模の会社となっています。日本では、日本法人のサムスン電子ジャパン株式会社として東京都千代田区に本社を置いています。

 

【歴史】

サムスン電子の創業は1938年と古く、創業当初は食品と衣服を主力として扱っていました。その後、1969年に三星電子工業株式会社が設立され、現在のサムスン電子株式会社へと成長していきました。1988年には、携帯電話の開発を行い、現在の主力製品となる商品もこの頃開発されたと言われています。

 

【取扱商品と特徴】

サムスン電子から販売されているスマートフォンは、基本的には縁が狭く画面を広く感じることのできるベゼルレスが特徴となっています。また、Galaxy Noteシリーズではポピュラとなっているタッチペン(Sペン)が搭載されていて、Sペンを使ってスマホに書き込むことができるというのもユーザーには高い人気となっています。サムスン電子から販売されているスマートフォンは、Galaxyシリーズが中心となっており、Noteシリーズなども人気で多くのファンがいます。

 

【このメーカーのタブレットを選ぶメリット・デメリット】

サムスン電子から販売されているタブレット、GalaxyTabletは、機種によってメリットデメリットには違いがありますが、全般的に言われているサムスン電子のタブレットを実際に利用した場合に感じるメリット・デメリットを紹介していきます。スマホとは別に少し大きい携帯端末が欲しいという人におすすめのタブレット選びに迷ったらぜひ参考にしてみてはどうでしょう。

 

メリット

・軽くて使いやすい
・処理速度は十分
・手頃な金額で購入できる
・指紋認証やPen機能が充実している
・LTEが搭載されている
・有機ELも搭載されているので画面がきれい

 

デメリット

・機種によっては高額なものもある
・画面の指紋認証が微妙なときがある
・初期設定に手間がかかる
・日本で正式販売されていないものもある