iPhoneの初期化~iPhoneのリセット・バックアップ・復元の全手順を紹介 | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel

iPhoneの初期化は、iPhoneの買取や下取りなどiPhoneを売る時に必ず必要な作業です。個人情報を守るためにも忘れずに初期化作業を行うようにしましょう。

そこで、本記事ではiPhoneの初期化の方法を中心に、iPhoneのリセットの仕方、バックアップの取り方や復元の方法などを解説していきます。

 

iPhone初期化の前にやるべきこと

backup

iPhoneの初期化を行う前にやるべきことは、

1.iPhone内にあるデータのバックアップを取る
2.iPhoneを探す機能をOFFにする
3.iCloudからサインアウトする
4.Androidスマホに機種変更する場合は、iPhoneでiMessageを解除する
5.Apple Watchを使用している場合は、ペアリングを解除する

などがあります。どうせiPhoneの初期化をするのだから、applewatchのペアリング解除の必要はないのでは?と思うかもしれませんよね。

ですが、何らかの不具合によって、データが残ってしまう可能性もあるので、「無駄かも。」と思うことも、ひとつずつ行っておくようにしましょう。

では、iPhoneの初期化を行う前にやるべきことをもう少し詳しく手順なども解説していきます。

 

 1.iPhone内にあるデータのバックアップを取る

iPhone内にあるデータのバックアップは、iCloudからサインアウト及び「iPhoneを探す」機能をOFFにする前に行う必要があります。

バックアップの方法は、

・iCloudを利用する
・iTunesを利用する

という2つの方法があります。パソコンをお持ちの場合は、itunesを利用したバックアップがおすすめですが、iCloudを使用したバックアップを利用する場合は、できるだけWifi環境の中でバックアップを取ることをおすすめします。

 

iCloudを利用したバックアップ方法

icloud

使用しているiPhone本体をWi-Fi環境のネットワークへ接続します。

1.iPhoneの「設定」→「ユーザ名」の順に選択し「iCloud」を選択します。
2.「iCloudバックアップ」をONにします。
3.画面下に表示されている「今すぐバックアップを作成」を選択します。

バックアップ中はクラウドサーバーとやり取りを行っている状態なので、バックパックが終わるまではWi-Fiの接続を切らないように注意して下さい。また、バックアップ中は、進行状況を確認することができます。

前回のバックアップの作成日時は、「今すぐバックアップを作成」という画面の下部に記録されているので、前回バックアップした日時を知ることもできます。

 

 iTunesを利用したバックアップ方法

使用しているパソコンに接続します。

Macでは、Finderを開きます。Windowsのパソコン、macOS Mojave 10.14以前を搭載したMacは、iTunesを開きます。

パソコンとデバイスの接続時、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合やiPhone本体のパスワード・パスコードの入力を求めるメッセージが出た場合には画面に従い入力して下さい。

1.パソコン側で接続しているiPhoneデバイスを選択します。
2.「今すぐバックアップ」を選択するとバックアップが始まります。

定期的なバックパックを日頃から心がけておくと、iPhoneの紛失時や破損時などいざという時にも安心です。

 

2.iPhoneを探す機能をOFFにする

スマホとoffの文字

iPhoneの初期化を行う前に、絶対に忘れてはいけないのが、iPhoneを探す機能をOFFにすることです。

iPhoneを探す機能をOFFにせずに、iPhoneの初期化を行った場合、次にそのiPhoneを使用する人の初期設定ができないという事態に陥ってしまいますので、忘れずにしっかり行うようにしましょう。

 

 3.iCloudからサインアウトする

iPhoneを探す機能をOFFにしたら、引き続き、iPhone本体から「設定」を開き「iCloud」を選択します。

下にスクロールすると「サインアウト」があるので「サインアウト」を選択します。「iPhone から削除」を選択します。

iPhone本体上に現存するデータ、Safariのブックマークデータやカレンダー、電話帳の連絡先、リマインダー設定など「残す」か「削除」するかを選択します。

最後にApple IDのパスワードを要求されるので入力後「オフにする」を選択します。IOS 10.3以降はiPhoneを探す機能やiTunes StoreとApp StoreもiCloudのサインアウトですべてOFFになります。

また、iCloudをサインアウトせずに買取に出すことはできませんので注意が必要です。

 

4.Androidスマホに機種変更する場合は、iPhoneでiMessageを解除する

iPhoneからiPhoneへ機種変更したり、自宅に保管してあった使わないiPhoneを初期化する場合に行う必要はありません。

ですが、iPhoneからAndroidスマートフォンに機種変更をする人でiMessageを利用していた場合、その設定を解除する必要があります。

解除設定をせずに、機種変更をした場合、新たなスマホでSMS機能の利用ができない場合があるので、もしもの時を考えてiMessageは解除しておきましょう。

 

5.Apple Watchを使用している場合は、ペアリングを解除する

apple watch

Apple Watchを使っている方はバックアップやiPhoneの初期化をする前にペアリングの解除もしておきましょう。

また、Apple PayでSuicaなど電子マネーの設定がある場合には削除することも忘れないようにしましょう。

Apple PayでSuicaなど電子マネーの設定を削除しても、チャージしている残高が失われることはないので心配無用です。

 

iPhoneに登録しているApple Watchデバイスとの接続を外す方法

1.iPhone側で、Apple Watch Appを開きます。
2.「マイウォッチ」を開き、画面の上部でお使いの「Apple Watch」選択します 。
3.ペアリングを解除するApple Watch横に表示されている情報ボタン(”!”のボタン)を選択します。
4.「Apple Watch とのペアリングを解除」を選択します。

これで、iPhone本体とApple Watchのペアリングを解除することができますが、「Apple Watch(GPS+Cellular )」モデルを使用している場合には、通信プランを維持するか・削除するかを選ぶ必要があります。

今後使用していたApple Watchを再ペアリングしないのであればプランの削除を行います。利用している通信業者に問い合わせた後にモバイルデータ等のデータ通信プランを解約しましょう。

 

iPhone本体が手元にない場合は?

iPhoneが手元になく上記の手順でペアリングを解除することができない場合、Apple Watch単体側の設定にて保存されているすべてのコンテンツデータと設定を削除することができます。

Apple Watchの「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に選択していきます。最後に「すべてを消去」を選択して確定します。

これで、Apple Watchは工場出荷時の状態にリセットされます。さらに、「Apple Watch(GPS+Cellular )」モデルの場合には、忘れずにプランの解約と削除をしましょう。

 

iPhone初期化の手順

スマホを持つ女性の手

iPhone初期化の前に行うべきことをすべて終えたら、いよいよiPhoneの初期化を行います。

初期化する方法には、iPhone端末単体で初期化する方法とiTunesを使用する方法があります。基本的にはどちらも変わりないのでiPhone端末で初期化できる方法を紹介しますね。

iPhone初期化は、以下の手順で進めていきましょう。

1.「設定」を開く
2.「設定」から「一般」を選択
3.「一般」から「リセット」選択
4.「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択
5.パスワードを入力
6.「iPhoneを消去」を選択

これで、iPhoneの初期化が開始します。

 

 iPhoneに不具合が起きて復旧したい時の対処方法

error

iPhoneを使用していると、ある日突然、不具合を起こすことがあります。

例えば、

・タッチパネルの反応が悪い
・電波が入りづらく圏外や検索中になる
・Wi-Fi、Bluetoothがうまく接続できない
・画面が頻繁にフリーズしてしまう
・電源が入らない、充電ができない、充電が増えない

などで、今まで普通に使えていたのに、壊れてしまったのかと焦りますよね。そんな時に試してみるべき対処方法を紹介します。

 

iPhoneの電源をオンオフしてみる

不具合が起きた場合に、まず最初に試して頂きたいのが、iPhoneの電源のオン・オフです。

1分もかからずに試せる復旧方法ですので、まずは電源をオフにして、改めて電源をオンにしてみましょう。

 

iPhoneの強制再起動

iPhoneの電源をオンオフしても不具合が解消されない場合は、強制再起動を行います。強制再起動は、iPhoneの端末のシリーズごとに手順が異なります。

 

iPhone X以降、iPhone 8/8 Plusの強制再起動の手順

iPhoneX以降とiPhone8、iPhone8Plusを強制的に再起動する方法は、

1.音量を上げるボタンを押して放す
2.音量を下げるボタンを押して放す
3.サイドボタンを抑えたままにする
4.アップルロゴが画面表示されたらボタンを放す

 

iPhone 7/7 Plusの強制再起動の手順

iPhone7とiPhone7Plusを強制的に再起動する方法は、

1.音量を下げるボタンと、スリープとスリープ解除ボタンの両方を押さえたままにする
2.アップルロゴが画面表示されたらボタンを放す

 

iPhone 6s/6 PlusまたはiPhone SEの強制再起動の手順

iPhone6sとiPhone6Plus、iPhoneSEを強制的に再起動する方法は、

1.スリープとスリープ解除ボタン、ホームボタンの両方を押さえたままにする
2.アップルロゴが画面表示されたらボタンを放す

 

iPhoneのすべての設定をリセット

iPhoneの再起動・強制再起動を実行したのに不具合が続いている場合は、「すべての設定をリセット」してみましょう。

「すべての設定をリセット」は、iPhone端末側で行ったWi-Fi設定、パスワード・コードといった各種設定はリセットされますが、iPhone内にある連絡先やアプリ、音楽・写真などの個人的なデータは削除・リセットされません。

iPhoneの設定を残してリセットしたい場合は、iPhoneのデータのバックアップを取る方法をおすすめします。

「設定」→「一般」→「リセット」と選択していきます。

リセットしたい項目を選択して、不要な情報を削除します。

ひとつ注意したいのは、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択しないことです。これを選択してしまうと、iPhone内にあるすべての情報・コンテンツが削除されてしまいますので、気を付けましょう。

 

iPhoneからすべてのコンテンツと設定を消去する

iPhoneの再起動、強制再起動、iPhoneのすべての設定をリセットと順を追って試しても、iPhoneの不具合が改善しない場合は、最後の手段として「初期化」があります。

初期化は、これまでの操作とは違い、iPhone内にあるすべての情報が削除されてしまい、iPhoneは、購入した直後の状態になってしまいます。

そのため、初期化を行う前には、必ずiPhone内のデータのバックアップを取り、保存しておくようにしましょう。

iPhoneの初期化の方法は、

1.「設定」→「一般」→「リセット」と選択します。
2.「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。
3.「iPhoneを消去」を選択します。
4. さらにもう一度「iPhoneを消去」を選択します。

※ 上記の3、4の手順でiPhoneを削除しなければ、ストレージからデータは完全に消えません。

ここまでの一連の流れでも不具合が解消しない場合には、修理に出した方が良いでしょう。

 

iPhoneの初期化とは?

セキュリティ 鍵のイメージ

iPhoneの初期化は、購入した時の状態・工場出荷時と同じ状態にリセットすることを言います。

iPhone本体の”OS(オペレーティングシステム)”=『IOS(アイオーエス)』を最新版のものにバージョンアップしている場合は、初期化してもOSが戻ることはありません。

iPhoneの初期化は、端末のバージョンを含むすべてが工場出荷時の旧バージョンに戻るという訳ではないのです。

・iPhoneの初期化で消えるもの

・iPhone端末内に保存してある全データ(写真・ビデオ、音楽等のメディアデータ、連絡先、メッセージ、メール、メモなど)
・iPhone端末の全設定(Apple ID、端末に設定しているパスコード・パスワード、Face ID/Touch ID、スクリーンタイム(機能制限)、Wi-Fi、Bluetoothのペアリング設定、位置情報など)

・iPhoneの初期化で消えないもの

・IOSのバージョン

iPhoneの初期化には、このほかにも「リカバリーモード」と「DFU復元」がありますので、どのようなものなのかを解説します。

 

iPhoneの「リカバリーモード

iPhoneのリカバリーモードは、iPhone内にあるすべてのデータ・iPhone使用時、使用中に行った設定、IOSが初期化リセットされるもので、OSの初期化を含めた初期化方法です。

データのバックアップ後、買取や下取りに出す場合は、リカバリーモードを行うのが一般的です。

 

iPhoneの「DFU復元」

iPhoneの「DFU復元」

 

DFU復元は、DFUモードとも言います。Device Firmware Update(デバイス・ファームウェア・アップデート)の略でiTunesを介してiPhoneを強制的に初期化やiPhoneのOSを強制的にアップデートさせる際に使う機能です。

 

iPhoneの初期化はどういう時に必要なのか?

iPhoneを初期化するのはどういう時なのか?必要な状況に応じて最適な方法で行うiPhoneの初期化について紹介していきます。

 

iPhoneを業者やお店に買取・下取り・売却、または第三者に譲渡する場合

iPhoneは買取や中古市場での人気が非常に高い製品です。最新機種のリリースに合わせて査定や下取りに出す方も非常に多い代表的な製品と言っても過言でははありません。

例えば『ヤフオク!(ヤフーオークション)』『mercari(メルカリ)』『ラクマ』といった個人間での取引ができるインターネットオークション・フリーマーケット市場では毎日多くの取引がされています。

ヤフオク!
引用元:ヤフオク

ZOZO買収で注目されている『Yahoo!(ヤフー)』が運営する『ヤフオク! 』では、約5万件にも及ぶiPhone本体の出品があります。(※ 2019年10月末現在調べ)

当然、これらの出品されているiPhoneには個人情報を特定されない様に初期化をしているものがほとんどです。また、買取業者に売る際にも事前に初期化するようにと指示があると思います。

具体的には、今まで使用してきたLINE(ライン)やFacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム )などのSNS・電話帳などの個人情報の多くが含まれるサービスと連携を切った上で、iPhoneの初期化が必要となります。

iPhoneの初期化を適切に行うことで、これまで使用していたiPhone本体に残るすべての情報を消去し、リセットすることができるので、iPhoneの初期化はとても大切で必要な作業となります。

 

まとめ

スマホを飲み物を持って町を歩く女性

iPhone買取の査定や下取りに出す際には事前に初期化するように注意されますが、慌てて初期化して大事な連絡先が入った電話帳や、仕事でも使っていた重要なデータ・アプリなどを消してしまわないように定期的なバックアップを取ることも大事です。

少しでもリスクやトラブルを避け、是非新しいiPhoneを心から迎えられるようにしましょう。

«
買取強化商品