iPhone12ProとiPhone12Promaxの違い。最新のiPhone13シリーズと徹底比較! | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel
iphone12 pro max difference

iPhone13が2021年9月に発売されてから、2020年に発売されたiPhone12や、iPhone12シリーズの中でも遅れて発売されたiPhone12Proなどとの違いも比較検討し、どのシリーズのiPhoneを選ぶべきかを考える人は少なくありません。

そこで本記事では、iPhone12Proと比較検討されることの多い、iPhone12Promaxとの違いと、最新のiPhone13シリーズとの比較を行ってみました。

また、それと併せて買取実績10年以上のリンクサスモバイルが、お得な買い替え方法についてもお届けします。

 

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proの大きな違いは「カメラ性能」

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Pro
引用:NTT docomo

iPhone 12 Pro Maxと、iPhone 12 Proの最大の違いはカメラの性能

iPhone 12 Pro Maxは、これまで採用されてきた機能が拡張し、新しい機能も追加されています。例をあげてみましょう。

  • ・望遠カメラの性能アップしたことで、ズームの距離が上がった。
  • ・イメージセンサーが大きくなり、写真や動画の色彩がより鮮やかに。
  • ・LiDERスキャナ機能を追加したことで、瞬間的に空間認識が可能に。
  • ・Apple Pro RAW機能によって、現像する前の写真データを編集できるように。

Proシリーズ自体に初めてトリプルカメラ(超広角・広角・望遠)が搭載されたため、それ以前のiPhone 12やiPhone 12 miniと比べてもカメラの性能が格段に良くなっています。

 

【比較表】発売日・基本スペック

まずは、スペック表をご覧ください。

  Pro Max Pro
発売日 2020年10月23日 2020年11月13日
ディスプレイサイズ 6.7インチ 6.1インチ
重量 226g 187g
バッテリー 20時間 17時間
トリプルレンズ 超広角
広角(47%拡大)
望遠(2.5倍)
LiDARスキャナ
超広角
広角
望遠(2.0倍)
LiDARスキャナ
CPU A14Bionic A14Bionic

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone 12 Proより重量が大きくディスプレイサイズも大きめなので、その分バッテリー・カメラの性能があがっているのが特徴です。

 

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proの使用感の違い

「iPhone 12 Pro Max」と「iPhone 12 Pro」
引用:youtube

これまでと比べて、性能が上がった「カメラ」。実際の使用感はどれくらい違うのかをみていきましょう!

 

ポートレートモード

iPhone 12 Pro Maxは、iPhon 12 Proに比べて、被写体により迫力を持たせた美しい撮影が可能です。

その理由は、ズーム機能と広角レンズ。iPhone 12 Proのズームは2.0倍までですが、iPhone 12 Pro Maxは、2.5倍まで可能。また、広角レンズのイメージセンサーは47%も大きくなっています。

イメージセンサーとは、レンズから入った光を電気信号(データ)に変えるセンサーのこと。サイズアップしたことでより多くのデータが取り込めるようになり、焦点距離が長くなりました。

ポートレートモードなどの比較的近い距離でも、バックがよりキレイにボケさせられます。

 

夜間・暗所撮影

iphone12 pro max

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone 12 Proに比べて夜間や暗所での撮影にも強くなっています。

iPhone12 Proシリーズから背面カメラに新しく搭載された「LiDER(ライダー)スキャナ」は、レーザーを飛ばして跳ね返ってきたレーザーの速度を測り、空間を瞬時に認識する装置。被写体をより認識しやすいことから、暗闇でもオートフォーカス速度が早くなっています。

さらに、iphone 12 Pro Maxだけに搭載された改良後のイメージセンサーは光を受け止める面積が大きく広角レンズが取り込む光の量は27%もアップ!暗所でも、より多くの光と色が取り込めるようになりました。

iPhone 12 Pro Maxは、夜間や暗所でも明るい場所と同じように被写体を瞬時に認識。そして、より明るく発色の良い撮影が可能なんです。 

 

動画・ゲームの迫力

iPhone 12 Proのディスプレイサイズは、これまでのiPhoneにも採用されてきた6.1インチ。比べて、iPhone 12 Pro Maxは、歴代のiPhoneの中で最大の6.7インチを搭載しており、より迫力のある動画やゲームが楽しめるようになりました。

今回のiPhone 12シリーズは、iPhone 11シリーズまで採用されてきた液晶ディスプレイではなく、色鮮やかな映像が映し出せる有機ELディスプレイが使われています。

有機ELディスプレイとは、電気を流すと光る有機ELを利用した薄型ディスプレイのこと。素子自体が自ら発光できるので、バックライトに邪魔されがちだったディスプレイの白さがなく鮮明な色が映し出せます。

そのため、ゲームやスポーツなどの激しい動きをする映像をよく見る人は、iPhone 12 Pro Maxがおすすめ。 色鮮やか&鮮明な大迫力が味わえますよ!

 

iPhone12ProとiPhone12Promaxを比べた結論は…。

iPhone12ProとiPhone12Promax
引用:NTT docomo

カメラでキレイな撮影がしたい、iPhoneでしか写真は撮らない。そんな人ならiPhone 12 Pro Max!

それぞれの発売価格を比べてみても、差は11,000円しかありません。

  Pro Max Pro
128GB 117,800円 106,800円
256GB 128,800円 117,800円
512GB 150,800円 139,800円

※価格は税込

でも、そもそも10万円以上の買い物はためらいがちですよね。買い替えを断念する人も多いのではないでしょうか。

 

iPhone12ProとiPhone13シリーズを徹底比較

iPhone13
引用:Apple

2021年9月に発売されたiPhone13シリーズは、iPhone12シリーズと同様で共通点も多いのが特徴ですが、新シリーズとして発売したからには、同じ共通点があったとしても、その進化は止まりません。

そこで、これからiPhoneの購入を検討している人に向けて、iPhone12ProとiPhone13シリーズの違いについて比較していきますので、購入時の参考にご活用ください。

 

iPhone13シリーズに共通した進化とは?

iPhone13シリーズは、iPhone12ProをはじめとするiPhone12シリーズと比べても大きな違いを感じることはありません。

全モデルに5G対応はもちろん、デザインにも大きな変更点はないものの、見えない細かな部分において、進化しています。

iPhone13シリーズは、どの程度進化しているのかについて紹介していきます。

 

サイズとデザインは変化なし、重量のみ微増

サイズとデザインに変化はありませんが、iPhone12とiPhone12mini、iPhone13とiPhone13miniの見た目の違いとして、デュアルカメラの配置が縦から斜めに変更となりました。

変更が期待された、Lightning端子やFaceID認証などに変更はなく現状維持となっています。重量は、それぞれのシリーズで約10g程度は増えており、厚さもわずかですが、iPhone13シリーズが厚くなっています。

ノッチはiPhone13シリーズの方が縮小されているので、ディスプレイを広く感じることができます。また、ディスプレイ輝度もiPhone13シリーズで向上し、より鮮やかで見やすいディスプレイに進化しています。

カラーバリエーションは、ピンクとスターライトを加えて、ミッドナイト、ブルー、(PRODUCT)REDの5色展開となっており、年齢や性別を問わず自分好みのiPhoneを選びやすくなっています。

 

カメラ構成に変化がない一方で、新機能を搭載

iPhone13のカメラ部分
引用:Apple

iPhone12ProをはじめiPhone12シリーズに搭載されているカメラ構成は、iPhone13シリーズにもそのまま搭載されています。

iPhone13とiPhone13miniには、デュアルカメラ。iPhone13ProとiPhone13Promaxにはトリプルカメラが搭載されているという構成です。

カメラ構成は変わらないものの、それぞれ新機能をiPhone13シリーズでは搭載しています。具体的には、

・iPhone13シリーズ全モデルに、フォトグラフスタイル、シネマティックモードの搭載
・スマートHDR4へバージョンアップし、ひとりひとりの人物に合わせた修正可能になった

この他にも、光をより多く取り込むことができるようになったり、広角カメラにセンサーシフト光学式手ブレ補正なども搭載され、より使いやすいカメラ機能が搭載されています。

 

・フォトグラフスタイル

様々な条件を設定して好きなテイストの写真を撮影できる機能で、フィルター機能とはちょっと違うのが特徴。

例えば、人物の色味を変えずに背景だけに変化を加えて調整できるなどの機能のことを言います。

 

・シネマティックモード

動画を撮影する場合に、最適なフォーカスコントロールを行う機能です。撮影後にフォーカスを自在に変えることができるなどの機能のことを言います。

 

プロセッサが進化

iPhone12シリーズでは、「A14 Bionic」の搭載となっていたプロセッサですが、iPhone13シリーズでは、「A15 Bionic」という最新のプロセッサを搭載。

バッテリー駆動時間は、最大で1時間半~2時間半長くなり、iPhone13シリーズの使い勝手がかなり良くなっています。

ストレージ容量は、iPhone13シリーズから、128GB / 256GB / 512GBの3種類に増えています。

 

どちらも値段が高い!不要なiPhone・スマホは買取専門店へ

リンクサスモバイル公式HPトップ

「カメラは魅力的だけど、値段が高いから買い替えられないな・・・」と感じたら、今お使いの不要なiPhone・スマホはお金にチェンジ!

予約してから端末が届くまでの時間もムダになりませんよ。

 

高価買取「リンクサスモバイル」でiPhoneを売却したら…

linx-as

リンクサスモバイルは、今お使いのiPhoneやスマホを高価買取!実績10年以上、買取を熟知した専属スタッフがあなたのiPhone・スマホの価値をしっかり見極めます。

一例ですが、買取金額はこちら。

  傷なし 傷あり
iphone 12 Pro Max(256GB) 100,000円  50,000円~85,000円
iphone 12 Pro(256GB) 91,000円 45,500円~77,350円
iPhone 12(128GB) 65,000円 32,500円~55,250円
iPhone 11 Pro Max(256GB) 77,500円 70,500円
iPhone 11 Pro(256GB) 60,500円 47,500円
iPhone 11(128GB) 54,500円 42,500円
iPhone XS Max(256GB) 45,500円 34,500円
iPhone XS(256GB) 36,500円 28,500円
iPhone XR(128GB) 35,500円 27,500円
iPhone X(256GB) 32,500円 24,500円

※価格は税込(2021年12月現在)

例えば、iPhone 11 Pro Max(256GB)を買い替え費用にあてると、半額以下の4万円台で、iPhon 12 Pro Maxが買えちゃいます!

iPhoneのほか、

  • ・iPad
  • ・Xperia
  • ・Galaxy
  • ・Macbook

なども高価買取が可能です!こちらから、お使いのモデルの価格をチェックしてみてくださいね。

買取価格を検索してみる

 

先に、iPhone 12 Proを買ってしまった場合も…

スマホを持ち悩む男性

iPhone12シリーズは、10月にiPhone 12/12 Pro、11月に、iPhone 12 mini/12 Pro Maxと2回に分けて販売されました。

そのため、先にiPhone 12や、iPhone 12 Proを買ってしまい後悔している人もいるのではないでしょうか。

「iPhone 12 Pro Maxがどうしても気になる・・・」

そんなときも諦めないでください!

iPhoneやスマホの買取価格は、新しいモデルで状態が良いほど高くなるのが一般的。あまり使用していない今だからこそ、高価買取を実現させるチャンスです。

iPhone 12 Proの買取価格について、リンクサスモバイルと他の買取専門店を比較してみました。

※画像はクリックすると拡大できます

iPhone 12 Pro purchase price

※価格は税込

リンクサスモバイルが、新品も中古品も1番高値で売却できることが分かりますね!

修理が必要な破損品(ジャンク品)も、リンクサスモバイルなら高価買取可能。

中国にあるiPhoneシリーズの部品メーカーとパートナーシップを結んでいるため、修理のための部品を仕入れるコストが大幅に抑えられています。

関連記事:スマホ・iPhoneの買取査定は高価買取のリンクサスモバイルにお任せ!高額を出す5つのコツ

 

宅配買取が便利!

リンクサスモバイルの宅配買取

リンクサスモバイルの「宅配買取」を利用すれば、自宅にいるだけで不要なiPhone・スマホが売却できます。

送料は無料、申し込みは24時間全国どこでもOK!

「買取専門店ってどこにあるかわからない」
「店舗の営業時間内に来店できない」
「店舗まで行くのが面倒くさい」

というお悩みが一気に解決できる買取方法です。主な流れは以下の5ステップ。

1.リンクサスモバイルWEBサイトで買取金額の確認とお申込み
2.コンビニや宅配便から送料無料で発送
3.査定結果のお知らせを確認
4.査定価格に納得できたら、マイページにて必要情報・振込口座の入力
5.振込代金を確認

ぜひご利用くださいね。

「宅配買取」を詳しくみる

 

まとめ

iphone12を持つ男性の手

iPhone12ProをはじめとしたiPhone12シリーズは、2020年に4モデルが史上初として登場。その後、2021年にiPhone13シリーズがiPhone12と同じ4モデルとしてリニューアルされ登場しました。

新しいiPhoneが登場すると、「やっぱり最新のiPhoneが欲しい…。」という人は多いですよね。

しかし、iPhoneの性能が年々アップすることで、購入価格も高くなっているのが現実。新しいiPhoneを手に入れるのも大変…。という方は、ぜひリンクサスモバイルをご利用ください。

使わなくなったiPhoneやスマホを高額で売却し、最新のiPhone13の購入資金の一部として使用することで、手に入れやすくなると思いますので、ぜひご活用くださいね。

さっそく査定をしてみる

関連記事:初期化だけでは不十分!iPhoneを売る前には準備を万全に

«
買取強化商品