045-326-6922

toptel

『壊れたiPhone・スマホ ジャンク品』は買取りで売れるのか?

  2020/11/08
引用元:壊れたスマホ

iPhone11など毎年、新しいモデルのiPhoneが発表されています。その度に毎回買い換える人もいれば「まだ使えるから」と数年間使用する人も多いことでしょう。どちらの使い方をするユーザであっても必ず訪れる悲劇が「使っているiPhoneが壊れる。」です。

さくら少額短期保険の調べによると、「購入してから1年以内にiPhone・スマホを破損したことがある」と答えた人は10人中に3人とそれなりに多いことがわかります。

ちょっとした傷やヘコミであればケースやフィルムを貼ってごまかせますが、

「画面の反応が鈍くて使いにくい…」
「起動してもすぐ電源が落ちる…」

などと言った場合、手元に置いていても持て余してしまいます。

「売れれば次の機種代に充てられるのに…」と考えた所で、「こんな状態なのに売れるのか?」についての判断はある程度の知識がないと難しい所。今回は様々な破損状況を経験した筆者が、状態に応じたベストな買取方法を紹介します。

壊れたiPhoneの状態を確認!

この記事を読んでいる読者の方々、今一度 手持ちの壊れているiPhoneを確認してみましょう。その上で下記の条件のいずれに当てはまるか、ケースごとに確認して行きます。

iPhoneは起動するが、一部機能が作動しない

よくある事例は、
「落としてしまってからカメラが起動しない」
「ボタン類の反応がかなり悪い」
というケースです。

実はこれらのケースが一番「壊れてしまったiPhone」の中でサルベージ(復旧)できるまでの確率が高い状態でもあります。方法としては、

1、「Apple純正やケータイキャリア会社の保証を使う」
2、「非正規の修理業者に依頼する」

の2パターンから選べます。

1の「Apple純正やケータイキャリア会社の保証を使う」については、あくまで「AppleStoreやケータイキャリア会社から」iPhoneを購入した上で「保証期間内で保証対象内」の範囲で収まれば、「最も安心で信頼出来るサルベージ方法」なのです。

ただし、保証が切れてしまっている場合は利用できません。

iOS13以降を搭載したiPhoneであれば、設定>一般>情報 から保証状況を詳しく確認出来るし、それ以外のiPhoneならApple純正の「サポート」Appからも確認できます。

もしくは「ケータイキャリア独自保証」を利用している場合は、各キャリアのオンライン手続きサイトもしくは店頭にて確認が可能です。保証内容や修理箇所によりますが、平均的に 1,000円から 11,800円ほどで修理できる上にApple認定の修理保証での対応が可能なのです。

2の「非正規の修理業者に依頼する」については、1のような「Apple純正もしくはキャリア保証」に加入していない、或いは保証が切れている場合にオススメな修理方法です。ただし、修理店舗によっては「非正規店にて修理をした」という扱いになるので今後AppleStoreにて有償修理サービスを受けられなくなります。

また、稀に非正規の修理業者によっては「仕入れたパーツの品質」にバラつきがあるので「お金を出して修理したのに、また不具合が出た」という事例もあります。(店舗に依存するが独自で保証期間を設けている場合もあり)そしてパーツによっては高額な値段になったり、そもそも交換できない場合などもある。(iPhone5s以降のTouchIDなどが当てはまる)

iPhoneは起動しないが、形を保っている

もし手元にある壊れてしまったiPhoneが、
「充電ケーブルを繋げても起動しない」
「防水でないiPhoneを水没させてしまった」
という場合は、前述の修理業者だと内部の基盤(ロジックボード交換)となる可能性があるので、修理費が軽く1万円台を超えてしまいます。

純正の保証も無く、街の修理業者でも修理を断られてしまった場合は、「地力でパーツ交換を試みる」という方法もあります。実は意外なことに、iPhoneはAndroid端末に比べ「比較的修理がしやすい端末」なのです。

分解方法もYoutubeや高解像度の写真付きのサイトも用意されています。(その証拠に街の至る所にiPhone修理店を見かけるはずです)

私も幼い頃からプラモデルやちょっとした手芸をしてきたお陰もあってか、iPhoneのバッテリー交換や割れた液晶パネル交換であれば1時間かからない位で出来るようになりました。

メリットとして「非正規修理店よりはるかに安い値段で不具合が治ること」です。

修理業者を利用して基盤丸ごと交換になった際、通常2〜3万円以上も掛かってしまう所が1万円前後で治る場合もあります。実質半額の値段です。(値段は修理する端末に寄ります)

ただし、自分でパーツ交換をするので「すべて自己責任」になるのと、もちろん保証サービス関連も一切なくなるので「有償でも良いからAppleStoreで修理して欲しい」といった場合に一切サービスが受けられません。手先の器用さに自信がない人が安易に分解すると破損する場合があるので注意が必要です。

1-3 iPhoneは起動しないどころか原型を保っていない

私も経験があるのですが、

「落としてしまい車に轢かれた」
「屋外で作業中に重機に巻き込まれてしまった」

などによって「iPhoneが原型を留めていない程”折れ曲がる”」場合もあります。ここまで大きく破損してしまうと修理そのものが出来なくなってしまいます。

ただし、諦めるのはまだ早い。こんな状態であっても買い取って貰える方法がちゃんとあります。

2.こんな状態でも、金額がつくの?

さて、まずは自分の壊れたiPhoneの状態を確認頂けましたでしょうか。状態を踏まえた上で、それぞれの状態に合った買取方法を見ていきましょう。

 2-1 起動するならパーツだけ変えてしまえば良い

起動するならば、「正しく動く状態まで」修理できれば一番高く買い取って貰える可能性が高いのです。もし修理して動くようになれば、フリマアプリやスマホ買取店でも買い取って貰えるでしょう。

ただし、「AppleStoreやケータイキャリア会社」と「アップル認定サービスプロバイダー」以外の「非正規修理店」や「自分で修理した」場合は買取りが出来ないことが多いので注意が必要です。

 2-2 起動しない場合、原因を突き止める必要あり

手元のiPhoneが起動しない場合、「パーツの交換をして復旧するのか」もしくは「修理不可」なのかを判断する必要があります。一番簡単なのは、インターネットから「AppleStoreの修理窓口(ジーニアスバー)」にて「修理できるか」の確認をしてもらう方法です。

もしジーニアスバーにて「修理できる」という判断が降りれば、前述の通り「保証が残っていれば保証を使って修理」もしくは「非正規店にて修理をする」方法をとれば良いのです。

そして、ジーニアスバーにて「修理不可」と判断されてしまった場合は、「ジャンク品」として値がつく場合があります。「ジャンク品」とは、簡単に説明すると「故障品、壊れたもの、ガラクタ」という意味です。

「ジャンク品」といえど、
「タッチパネルの反応がせず、ホームボタンが使えないけど背面は綺麗」
「外見は比較的綺麗だけど電源が点かない」
と言った場合も含まれるので、機種によっては1万円以上で買い取って貰える場合もあるのです。

ただし、もし本体の損傷がひどい場合(四隅もすごくボコボコにヘコんでいる、本体が歪んでいるなど)は、後述の”原型を留めていないなら”の方法で買い取って貰えます。

2-3 原型を留めていないならパーツだけという手も

本体が折れ曲がってしまっている、キズだらけで起動しない。そんな状態でも買取を行ってくれる店舗も存在します。先程記述した通り、「iPhoneは修理が比較的行いやすい」ということを覚えていますでしょうか。

どれだけ折れ曲がっていたり、傷だらけで起動出来ないとしても「どこか無傷のパーツ」がある場合があれば、修理業者としては「部品取り」としての価値があります。非純正のパーツより、中古であっても純正パーツの方が安定性が高いからです。

実際に、「ジャンク品」の状態や「起動しない状態」のiPhoneから「使えるパーツ」だけを集めて「整備済iPhone」として利用されています。(実際に私もそんなiPhoneを数台、パーツ取り用に購入して他のiPhone修理に充ててました)

買取りしてくれるサイトはココ!

iPhoneの状態によっては買取してもらうことができないケースもありますが、ジャンク品や整備済みのiPhoneなら買取してくれる店舗、ジャンク品でも買取OKの店舗などがあるので、買取に不安なiPhoneをお持ちの方におすすめの店舗を紹介しますね。

起動するiPhone・スマホならGEOゲオモバイル!

ビデオやCDレンタルで有名なゲオが運営している中古スマホ販売店です。全国様々な場所に店舗があり、見積もり後すぐ現金に換金もして貰える上にPontaポイントも貯まります。また、ホリデーシーズンなどに「買取金額アップ」のキャンペーンを行う時があるので買取額アップのイベント時が狙い目です。

店舗名ゲオモバイル アキバ店
公式HP URLhttps://geo-mobile.jp/
営業時間11:00 ~ 20:00
定休日年中無休
電話番号03-3251-7004
メールアドレス
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田1-14-1
アクセスJR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分
支店ゲオつつじヶ丘駅前店、ゲオひばりヶ丘店、ゲオボート店、ゲオモバイルアキバ店、ゲオモバイルラパーク瑞江店、ゲオモバイル中野ブロードウェイ店、ゲオモバイル八王子ユーロード店 他

起動しない場合はココ

イオシス買取

中古販売店では有名なイオシスも買取を実施しています。店舗が各地にある上に、端末によっては先述のゲオモバイルより買取り額が高い場合があるのと海外で購入したiPhoneなども買取可能なので、玄人にも嬉しい仕様です。中古販売で大手ということもあって安心して手放せます。

店舗名イオシス 買取センター
公式HP URLhttps://k-tai-iosys.com/
営業時間11:00 ~ 20:00 ※買取最終受付は営業終了時間の30分前
定休日年中無休
電話番号03-5207-5945,【買取センター】0120-099-777
メールアドレスsupport@iosys.co.jp
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目14-8 新末広ビル2階 イオシス買取センター内
アクセス銀座線 末広町駅から徒歩2分/各線 秋葉原駅から徒歩6分
支店【東京】アキバ中央通ヨコ店/アキバ路地裏店/アキバ路地オモテ店【大阪】なんば店/日本橋4丁目店【愛知】名古屋大須店【福岡】福岡天神店

原型を留めていないならココ

ジャンクバイヤー for iPhone

オープンしてから10周年という長い歴史を持つ店舗です。実店舗は関西圏のみですが、宅配買取も行っており見積もりに掛かる送料も無料で利用できます。国内で販売している端末以外にも、分割金が残っていたりかなり古いiPhone3Gなどでも買取して貰える珍しい店舗です。勿論、専用のツールを使用してデータの消去も行なっているのでセキュリティ面でも安心。

「こんな状態じゃなぁ…」と諦めず、是非一度見積もりを出すだけでもいかがでしょうか。

店舗名ジャンクバイヤー 江坂本店
公式HP URLhttps://junk-buyer.com/
営業時間11:00 ~ 16:00
定休日毎週土曜日・日曜日
電話番号06-6170-8665
メールアドレス
住所〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-15 日本興業ビル7F
アクセス地下鉄御堂筋線江坂駅直結。南改札出て右すぐ。
支店梅田店

『壊れた、ジャンク品のiPhone・スマホも買い取ります!』横浜のスマホ買取専門店リンクサスモバイルへ!

壊れたスマホ・ジャンク品のiPhoneを高額で売る方法知っていますか?

大手の有名な、中古スマホ買取店や家電量販店に買取に行けば高く買ってもらえそうって思っていませんか?

実際には、大手だから高く売れるというわけではないんです!

壊れたスマホ・iPhoneを高く売る、買取してもらうためには

壊れたスマホ・iPhoneが売れる理由は、部品・パーツに価値があるからなんです。あとは、その部品やパーツを求めている企業であればあるほどジャンク品や壊れていて使えないようなスマホ・iPhoneでも高値で買取してくれるんです。

横浜で10年、壊れたスマホ・iPhoneなどのジャンク品も含め高価買取しています!

横浜のiPhone買取専門店 リンクサスモバイルは、創業から約10年以上ものあいだiPhone・スマホの買取から修理、パーツ・部品の卸・販売を一手に展開しております。高額買取できる理由は、創業から培った買取後の流通ネットワーク網から高額買取しても利益を作れる体制と

『壊れたiPhone・スマホでも安く修理出来ます!』横浜の修理専門店 リンクサスモバイルにお任せを!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルなら、バッテリーが壊れてて充電しない。。。スマホの液晶画面が割れてしまってそう探しづらい、、、などの故障でも安く、早く高品質な修理をご提供しています!

店舗名iPhone・スマホ買取リンクサスモバイル
公式HP URLhttps://linx-as.co.jp/services/brand/iPhone
営業時間11:00 ~ 20:00
定休日なし
電話番号045-326-6922
メールアドレスiphone@linx-as.net
住所〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2−81 新起企画ビル 1-B
アクセス最寄り駅/JR関内駅北口
支店最横浜店/川崎店

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが安い理由!

横浜のiPhone・スマホ修理専門店 リンクサスモバイルが、他のスマホ修理業者よりも安く出来る理由は修理に必要な部品やパーツを製造している工場から直接仕入れしているからなんです。日本のスマホ修理店さまに、部品やパーツの卸なども行っておりますので他のスマホ修理店よりも非常に安く故障を直す事ができます。

まとめ

毎日、常に持ち歩く上に「無いと困る」存在のiPhone。落として壊れてしまった際は焦りますよね。でも世の中には「どんな物にも価値がある」ので、こういったサイトの需要もあるんだろうと考えられます。

昔はよく「壊れたケータイ、捨てるのが勿体無い」と家で保管している事が多かったのですが、今は「どんなに壊れていてもパーツ単位で再利用できる」時代になりました。言い換えれば「どんな状態のiPhoneでも価値がある」という訳なのです。

手放す側としては「壊れているiPhoneがお金になる」のと、買い取り側としては「別のiPhoneに活かせる」という、お互いに良い関係が気づけている訳なのです。

機種変更をして使わなくなったiPhone、地面に落として壊れたままのiPhoneがもしあれば、一度「いくらになるのか?」見積もりを出してみるのはいかがでしょうか。

«