『iPhone7』の中古品が人気!!その理由とは…? | スマホ・携帯・iPhoneを売るなら【リンクサスモバイル買取】

tel

0120-916-570

toptel

iPhone 7(アイフォーン セブン)』は2016年9月16日より『Apple(アップル)』から発売された第10世代モデルに位置する製品です。『iPhone 6(アイフォーン シックス)』と同様に『iPhone 7(アイフォーンセブンプラス)』の2モデルがリリースされました。

1世代前の『iPhone 6s(アイフォーン シックスエス)』と似た形状の外観ながら、iPhoneシリーズ初の”耐水・防塵”をうたっており、IP67等級に適合した製品になります。

また「Apple Pay(アップル ペイ)」にも対応していることから近年広まりつつあるキャッシュレス決済の先駆けにもなった立役者でもあるのです。

今回は未だに人気の衰えないiPhone 7について紹介していきます。

 

『iPhone7』シリーズが何故いまだに人気なのか?

毎年9月になると新型のiPhoneが発表されるのは世界的にも恒例行事です。もちろん、毎年最新モデルに買い替えるアップルファンもいれば、そうでない人も大勢います。

しかし、流行りに流されたことで、経済的にも精神的にも疲れてしまったというiPhoneユーザーの中には旧モデル(所謂”型落ち”)に買い替える人もいるのです。

特にiPhone 7シリーズはSNSでも話題になる通り、シリーズ初の生活耐水に対応していることと、採用されているSocプロセッサのパフォーマンスがいまだに高いことから中古品の人気モデルです。

普段使いから多少の重い作業でも難なくこなせてしまうスペックがあるので、余程マニアックなユーザーでもない限りはその性能を使いこなせる人もいないと言われています。

 

前世代モデルと比べるとどうなのか?『iPhone7』と『iPhone6』

iphone6

iPhoneシリーズのパフォーマンスについてですが、実はiPhone 6s/6s Plus(アイフォーン シックスエス/シックスプラス)』と『iPhone SE(アイフォーン エスイー)』から採用されたSocプロセッサから”一種のブレイクスルー”とも言えるほどの性能上昇が起きたことで、処理能力に飛躍的な向上が見込まれました。

さすがに、現行機種である『iPhone 11(アイフォーン イレブン)』と比べてみると2倍以上の性能差がありますが、それでもiPhone 7のスペックを日常使用で使い切るのは困難です。

また、iPhone 7シリーズは前世代のモデルと比較してみると多くの進化を遂げており、2019年で一躍トレンドになったBluetoothイヤホン『AirPods(エアーポッズ)』を生み出す布石になったとも言えるモデルになりました。

  • ・前モデルになかった耐水・防塵(IP67等級)に適合した
  • ・何故か日本向けモデルのみ日本国内でApple Payを利用可能にするFeliCaが有効になっている事
  • ・パフォーマンスの上昇した
  • ・カラーバリエーションが増えた
  • ・3.5mmイヤホンジャックが廃止された
  • ・静電容量方式のホームボタンになった
  • ・カメラ性能が上昇した

 

『iPhone 7』シリーズにはイヤホンジャックが”存在しない”

スマホとイヤホンジャック

iPhone 7が、注目を集めた理由のひとつに、イヤホンジャックがなくなってしまったこともあげられます。これについては、iPhone 7本体の耐水性・防塵性を高めるため、余分な端子を減らしたのではないかと言われています。

しかし、発表当時は様々な憶測や噂が飛び交い「iPhone 7からは標準備品に無線イヤホンが付属する」といった誤解が広まったことで、悪い意味でも話題になったことがありました。

もちろんBluetoothイヤホンを使うことは可能ですが、実はiPhoneの充電口”Lightning端子”に差し込むことでイヤホン端子に変換する変換アダプタ付属していたため有線接続は可能だったのです。

Bluetoothイヤホンが標準で付属すると考えていたユーザーは落胆していましたが、それ以上に充電口がひとつしかないため、充電しながらイヤホンが使えないという不安の方が大きかったことを覚えています。

 

『iPhone7』にオススメしたいイヤホン

イヤホンをつけている男性

記事で紹介している通り、iPhone 7シリーズとそれ以降のモデルにはイヤホンジャックの廃止が標準になります。当然手持ちにあるイヤホンなどの資産を活かすためには、Lightning端子に接続する変換プラグ・ケーブルが必要です。

しかし2019年現在、Bluetoothイヤホン『AirPods』 を筆頭に数多くのワイヤレスイヤホンが発売されています。そこで本筋には少し脱線しますが、コストパフォーマンスに優れたおすすめイヤホンをご紹介していきます。

 

『NUARL』NT110 ¥10,890

『NUARL』NT110 
引用:NUARL

IPX7等級の防水・耐汗仕様でスポーツなどの運動にも最適なモデルです。連続再生時間は9.5時間に及び「片側紛失保証」をメーカーが謳っているのでサポート体制は中々良いメーカーではないかと思います。

流行りの”ノイズキャンセリング機能”と”グラフェン振動版”を採用している非常にコストパフォーマンスに優れたモデルです。対応コーデックもaptX/AAC/SBCなのでiPhone 7シリーズ以降のモデルでも快適に使用することができます。

 

『NOBLE』FALCON ¥16,800

『NOBLE』FALCON
引用:Noble Audio Japan

こちらの製品もIPX7等級の水没に耐えられる防水仕様で、連続再生時間は10時間と長く、急速充電にも対応しているようです。

また、メーカーの独自技術「High Precision Connect Technology」でBluetoothデバイスとの安定した接続を可能にします。

ノイズキャンセリング機能はこちらのモデルも搭載しており、対応コーデックについてはaptX/AAC/SBC/TWS+となっています。

 

『Apple』AirPods Pro ¥27,800

『Apple』AirPods Pro

こちらは、IPX4等級の耐水・耐汗仕様ですがアップル”純正製品”ということもあり、iPhoneシリーズとの相性は抜群です。またミニマルで無駄の少ないデザイン性に心惹かれるファンも多いことでしょう。

連続再生時間は5時間程度ですが、ノイズキャンセリング機能の評判は非常に良いようです。こちらのモデルは”Pro版”という位置付けなのでプライスは少し張りますが、アップルブランドの最新アイテムと考えると安く感じてしまいます。

 

『iPhone7』と『iPhone7Plus』の違い

iphone7plus
引用:Apple

iPhone 7も前モデルに続き、大型モデルの7 Plusという2モデルの同時販売という商品展開がされています。具体的な違いと言えばディスプレイ・及び本体の大型化、バッテリー容量の上昇、重量の増加、望遠レンズのカメラを搭載といった特徴があります。

また、付属品についても通常のiPhone 7と変更点はなく、特に変わるといったこともありません。当時はフラグシップモデルのような扱いだったため、発売当時は価格も高額な製品でした。

 

『iPhone7』シリーズはいつ頃まで使えそうか

iphone7

iPhone製品の寿命は、バッテリーの容量や普段の使い方にも左右されますが、平均的では”3年くらい”で買い替える人が多いです。

そのため、市場に中古で出回る製品は使用感もそこそこあって、バッテリー部分がへたれている可能性も高いでしょう。

しかし、iPhone 7で採用しているSOCプロセッサ「Apple A10 Fusion」のパフォーマンスは現在でも通用する性能のスペックです。バッテリー交換といった修理で延命すれば、まだまだ活躍できることは間違いありません。

何と行っても日本国内で急速に普及しているキャッシュレス決済(強いては「Apple Pay(アップル ペイ)」)といったサービスにも対応していること、最低限の生活防水に耐えられる上「IOS(アイ・オー・エス)」の最新バージョンがサポートされていることなど、iPhone 7がサブ端末としてではなく、十分現役のメイン機種としても扱えることから、本格的に5G通信が普及する前までは問題なく使用できるのではないかと思います。

 

『iPhone7/7Plus』のバッテリー容量&サイズ感について

iPhone 7で採用されているバッテリーの容量は【1,960mAh】とやや控え目な数字になっています。一方7 Plusについては 【2,900mAh】と平均以上の容量でした。

しかし最近では、iPhone・Androidスマートフォンで採用しているSOCプロセッサの性能向上と消費電力の低下に伴って、少ない容量でも長時間のバッテリーライフを実現できるようになっています。

引用:which?

また、iPhone 7については、インターネット利用時の稼働時間は”615分”という調査結果がありました。

同時期リリースしていたAndroidスマートフォンと比べてやや心許ない稼働時間ですが、最新バージョンの”IOS13”への更新とシステムインターフェース部分の”ダークモード化”などでバッテリーの稼働時間を伸ばすことは可能です。

iPhone 7のサイズは、横幅67.12㎜×高さ138.29㎜×厚み7.1㎜で、重さが”138g”です。また、大型モデルの7 Plusは、横幅77.9㎜×高さ158.22㎜×厚み7.3 ㎜、重さが、191.25gとなっていました。購入時の参考になればと思います。

 

『iPhone7』シリーズの中古品相場価格

電卓

 

『iPhone7』の中古品相場価格

Yahoo オークション ¥19,900
ラクマ ¥26,000
mercari ¥20,500

 

『iPhone7Plus』の中古品相場価格

Yahoo オークション ¥23,000
ラクマ ¥28,000
mercari ¥23,000

価格については両モデル共に中古品でも”20,000円以上の価格”と思って良いかもしれません。

オークションでは5,000円スタートで始まることが多く、結局20,000円前後の金額で落札というケースが見られました。また、状態が良くてSIMロックフリーのモデルは30,000円以上の値段が付いていました。

ここでの価格帯は、2019年11月15日時点での筆者調べによるものです。今後iPhone 7の人気が更に高まれば当然のことながら金額は上昇する傾向になるでしょう。

消費税の増税をキッカケに増え続けていくキャッシュレス決済サービスを筆頭に、日本国内では”ミニマリスト”的な考え方を持つ人々が増えてきたことも、型落ちモデルが人気となる理由のひとつなのかもしれません。

 

『iPhone7』は値下げされた新品もオススメ

下がるイメージ

iPhone 7シリーズの中古品は本体の根強い人気故に、未だ高い水準での価格で取引されています。

そして現行機種とは世代も大きく離れているために、廃盤モデルという扱いになっています。しかしながら、新品未開封の在庫も多く抱えていたお店もあったため、現在でもそういった新品を購入することが容易なモデルでもあるのです。

もしも中古品に抵抗がある場合には値引きされた新品の購入を検討するのも良いかもしれません。

 

『iPhone7』シリーズにはSIMフリー版がある

smartphone sim

iPhone 7シリーズは大手3キャリアとアップルストアから販売されました。

また、アップルストアではSIMフリー版が販売されており当時は格安SIMが広く普及してきたこともあって、アップルストアで購入する人が多かったのです。

docomo/au/SoftBankの3社も売り上げを伸ばすために、様々な料金プランを提案し、客離れを食い止めようと必死になっていた記憶があります。

SIMフリーモデルが多く流通している理由にはこういった経緯があるのです。

 

まとめ

スマホを見る女性

iPhone 7シリーズが今でも人気な理由には、5G通信が本格的に普及するまでのメイン端末として活躍できる高いパフォーマンスがあるということでした。

OSのサポートもまだ続いているのでセキュリティから見ても安心感があります。iPhoneシリーズは世界的にもスマートフォンシェアの割合が非常に多いので、修理部品の入手も簡単でしょう。

そのため、中古品価格はいまだに20,000円を超える相場ですが、画面が割れた格安中古品などが出品されていたらお得かもしれません。

”修理屋さんに依頼しても良し、自分で修理しても良し”なので、あえてジャンク品を狙って見るのも賢い選択だと思います。

 

番外編:『iPhone7』シリーズ買取価格・相場一覧

▼『 iPhone 7 』発売日:2016年9月16日

32GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場: 27,000円
  • ・中古品買取相場:15,700円(端末の状態によって価格増減)

 

32GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場: 25,000円
  • ・中古品買取相場:14,050円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場:32,000円
  • ・中古品買取相場:18,150円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場:30,000円
  • ・中古品買取相場:16,500円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場:37,000円
  • ・中古品買取相場:21,250円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場:35,000円
  • ・中古品買取相場:19,000円(端末の状態によって価格増減)

32GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:30,000円
  • ・中古品買取相場:18,150円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:37,000円
  • ・中古品買取相場: 21,250円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:42,000円
  • ・中古品買取相場:23,800円(端末の状態によって価格増減)

 

▼『iPhone7Plus』発売日:2016年9月16日

32GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場: 35,000円
  • ・中古品買取相場:21,250円(端末の状態によって価格増減)

 

32GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場: 33,000円
  • ・中古品買取相場: 19,000円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場:37,000円
  • ・中古品買取相場:22,950円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場:35,000円
  • ・中古品買取相場: 21,250円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 docomo 】

 

  • ・未使用品買取相場:42,000円
  • ・中古品買取相場:27,200円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 au / SoftBank 】

 

  • ・未使用品買取相場:40,000円
  • ・中古品買取相場:25,500円(端末の状態によって価格増減)

32GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:40,000円
  • ・中古品買取相場:23,800円(端末の状態によって価格増減)

 

128GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:42,000円
  • ・中古品買取相場: 25,500円(端末の状態によって価格増減)

 

256GB【 SIMフリー版 】

 

  • ・未使用品買取相場:47,000円
  • ・中古品買取相場:29,750円(端末の状態によって価格増減)

 

«
買取強化商品