安価な『iPhone8 / 8 Plus』は2020年も活躍できるエントリーモデル | iPhone、スマホ、携帯を売るなら【リンクサス買取】

tel

0120-916-570

toptel

2019年9月20日に発売した最新モデルのiPhone 11(アイフォーン イレブン)シリーズの登場によって従来の旧型モデルは値下げされる事になりました。特に2世代前の旧型モデルiPhone8(アイフォーン エイト)シリーズは新品でも、手に取りやすい価格帯となりました。

現在でもiPhoneを取り扱う店舗では売れ筋の商品になっている様です。今回は値下げされた事でエントリーモデル的な存在になったiPhone8シリーズについて紹介していきましょう。

iPhone8シリーズの発売日は2017年9月22日

『Apple(アップル)』は毎年9月の時期になるとiPhoneやiPadの最新モデルを発表しており、iPhone8シリーズも例に漏れる事なく発表から1~2週間程度の2017年9月22日に発売しているのです。

毎年おおよその販売時期が特定出来るため、都心部のアップルストア(特に東京都)では、1~2週間前に並んでいる熱烈なアップルファンもいる程です。販売が始まり列の先頭に並んでいた人がテレビのニュースのインタビューを受けるのは恒例行事になっています。

また、2018年4月13日には新色である「(PRODUCT) RED Special Edition」モデルが販売され、人気カラーとしても注目を集めました。パステルカラー系の色彩を好むアップルの製品としては珍しく鮮やかなカラーリングで、現在でも度々話題になります。

iPhone8は価格が値下げされた”今の時期にこそベスト”なモデル

最新機種が発表されると旧型モデルは当然値下げされます。

その為”特に最新機種を狙う必要がない人は安くなった旧型モデルに買い替える”という人も少なくありません。iPhone 8シリーズであれば、最近のiPhoneシリーズに標準化されている

「IP67等級の防水機能」
「交通系電子マネーの使用」
「高出力アダプターによる急速充電」
「ワイヤレス充電」

などの日常生活でも活躍してくれる主要な機能をカバーしています。入手しやすくなった旧型モデルを購入するというのは十分選択肢に入れても良いと思います。

『iPhone8』と『iPhone7』の比較

それではiPhone 8は前モデルであるiPhone 7と比べて何が変わったのでしょうか?

毎年新世代のNEWモデルが登場する度に面白い変化を見せてくれるiPhoneシリーズですが、最近では基礎スペックとカメラ性能の上昇が顕著なだけで、あまり大きな変化は中々見られません。

しかし、iPhone 8シリーズはここに来て新たな可能性を見せてくれました。

  • SOCプロセッサーの性能が上がり約30%高速化した
  • 本体ストレージの容量がiPhone 7【32/128/256GB】に対してiPhone 8【64/256GB】の2種構成になった
  • 4K撮影では30fpsのみの撮影から24・30・60fpsの3種類を設定可能に
  • Bluetooth 4.2→Bluetooth 5.0へ
  • カラーバリエーションが減った
  • ディスプレイに”True Toneディスプレイ”を採用した
  • 本体の背面がガラス仕様になった事で”Qi規格”のワイヤレス充電に対応した

上記の変化を改めて振り返ると、iPhone 7からiPhone 8への進化には大きな変化が幾つも見られます。唯一、カラーバリエーションとストレージモデルが1つ減った事がネックな部分です。

本体のボディーにはケースを着用しているユーザーが多いので、中古品でもそこまで外観に傷がある物は少ない様です。

『iPhone8 /8 Plus』のバッテリー容量&サイズ感について

iPhone8シリーズは前モデルのiPhone 7シリーズに比べて”バッテリーの容量が少ない”事が分かっています。iPhone8は【1,821mAh】上位モデルのiPhone8 Plusは【2,692mAh】という結果になっていました。

しかし、ディスプレイの変化やSOCプロセッサーの世代交代による進化で消費電力が少なくなったというのがアップル社の見解です。つまるところ実際の電池持ちや使用感は前世代モデルとほぼ同じという事です。

サイズについては前世代モデルとほぼ同じサイズ感になっているので、シリコンケース・ラバーケース以外にもそのまま使用可能なアクセサリーが多いようです。

  • 『iPhone8』【横幅67.3㎜×高さ138.4㎜×厚み7.3㎜×重さ148g】
  • 『iPhone8 Plus』【横幅78.1㎜×高さ158.4㎜×厚み7.5㎜×重さ202g】

『iPhone8』と『iPhoneX』の比較

前世代モデルとの比較をしましたが、iPhoneシリーズ第11世代モデルになる後継機種のiPhone X(アイフォーン テン)との違いも比べてみました。

  • 『iPhoneX』からはホームボタンが廃止された
  • 本体の大型化
  • ディスプレイ解像度の上昇【iPhone 8:1,331×750(4.7インチ)/326dpi/Retina HD】→【iPhone X:2,436×1,125(5.8インチ)/458ppi/Super Retina HD】
  • バッテリー性能が上昇【iPhone 8:最大12時間】→【iPhone X:最大15時間】
  • カメラ性能の上昇(※画素数に変化は無いが、光の吸収率が上昇した為に夜間の撮影に向いている)
  • 生体認証機能の変化【iPhone8:Touch ID】→【iPhone X:Face ID】

2018年で最も売れたiPhoneは『iPhoneX』ではなく『iPhone8』という事実

上記でも比べている通り性能面に劇的な変化も乏しく、 2017年11月3日発売の『iPhone X』は最上位モデルという事もあり、iPhone8で満足してしまったユーザーが多い様子でした。結果的に2018年にも売れた端末は、iPhone8が不動の1位というランキングになりました。

引用:BCN+R

iPhone XiPhone8の最上位機種ではありますが、次世代の新機種ではないという点がマイナスな印象です。当然、iPhone8の発売から数ヶ月で次世代機種がリリースされるなんて事があれば、企業としての信用問題にも関わる事になりかねません。

実際、iPhone8を発表したイベントの最後にiPhone Xの発表をされて、失望したユーザーも多かった様です。

『iPhone8』の防水性能は?

iPhone 7から引き続きIP67等級に適合しているiPhone8の防水性はどの程度の実力なのでしょうか?

左の画像で定められている「第1記号」とは【IP67等級】における”6”を表しています。内容については「粉塵が内部に侵入しない」です。右の画像「第2記号」は【IP67等級】 における”7”になります。こちらの内容は「既定の圧力、時間で水中浸漬(しんし)しても有害な影響を受けない」という事でした。参考までにiPhone 8とiPhone 7の防水性をテストした動画も紹介します。

こちらを参考にされた方がイメージは沸きやすいかもしれません。

『iPhone8』におすすめしたいケース3選

“IP67等級に適合しているiPhone”と言ってもQi規格に対応したワイヤレス充電機能を実現させる為、iPhone 8については背面が”ガラス仕様”になっています。ガラス仕様のボディーは肌触りが良くて高級感を感じられる仕様ですが、指紋や汚れが目立ち易いという欠点もあります。そこでiPhone 8シリーズにオススメしたいケース3選を紹介してみます。

▼ 『i Face』First Class ケース for iPhone8/7 ¥2,800

iPhoneシリーズのハードケースと言えば、世界累計販売個数1000万を超える程のシェアを持つ『i Face(アイフェイス)』が有名です。iPhoneシリーズのデザインを損なう事なく、”お洒落でいて持ち易いオマケに頑丈”というケースに求められるニーズを全て満たしています。iPhoneシリーズが好きな若い世代の人達からの支持も大きく、ケース選びで困ったらこのケースがオススメです。

▼ 『ROOT CO.』Gravity Shock Resist Case Pro. [iPhone8/7] ¥4,000

アウトドア系のアクセサリーを展開する”箱根生まれ”『ROOT CO.(ルートシーオー)』からミリタリー顔な耐衝撃ケースです。”MIL規格”に適合した堅牢さはアウトドアシーンから日常使いでも頼りになります。122cmの高さから26方向の落下試験をクリアしており、カラーバリエーションが多いのが魅力的です。

▼ 『GALGANO』BADALASSI CARLO社製牛革使用 [iPhone8/7/6s/6 ケース] ¥7,000

イタリアのタンナー「BADALASSI CARLO(バダラッシ・カルロ社)」のミネルヴァ・ボックスレザーにはファンも多く、革のエイジングによる経年変化でとても美しい表情を見せてくれると評判です。「バケッタ製法」と呼ばれる伝統的な手法を用いて、革に多くの油分を含ませているのが特徴です。

『iPhone8』にオススメしたいお洒落なイヤホン3選

iPhone 7シリーズ以降のモデルには耐水・耐塵性を向上させる為、本体からイヤホンジャックが無くなり廃止になりました。もし、今まで使用していたケーブルイヤホンを使う場合には、本体のLightning端子に接続する変換プラグ・変換ケーブルを使用しなければなりません。しかしLightning端子から伸びているオーディオケーブルというのは中々に不格好です。

現在、Bluetoothイヤホンが主流になりつつあるiPhoneユーザーには『AirPods(エアーポッズ)』が最適解です。

実際、多くのユーザーに愛用されているイヤホンですが「耳からうどん」という不名誉なあだ名を付けられており、気にする人も多いのではないかと思います。そこでiPhoneシリーズにデザイン負けしないお洒落なイヤホンも合わせて紹介する事にしました。

▼ 『Apple』AirPods Pro ¥27,800

引用:Apple

「耳からうどん」ではなく「耳からドライヤー」という、あだ名までグレードアップを果たす事になりました。

本体はIPX4等級の耐水・耐汗仕様で、ノイズキャンセリング機能が優秀と多くのユーザーから太鼓判を押されている製品です。また、オーディオマニアからの評判も良いのが大きいところです。

連続再生時間は5時間ですが、5時間近く耳に付けたままという人はあまり多くはないでしょう。ワイヤレス充電にも対応しているのは便利な部分です。

▼ 『BANG&OLUFSEN』Beoplay E8 2.0 ¥38,703

引用:バング&オルフセン ジャパンオンラインストア

こちらは高級オーディオメーカーの『BANG&OLUFSEN(バング&オルフセン)』から販売されているBluetoothイヤホンです。充電用ケースには”革張り”仕様になっています。画像はブラックですが、他にもiPhoneに合わせやすい複数のパステル系カラーを取り揃えています。

連続再生時間は3.5時間~4時間とやや少なめですが、デザイン性の高さとアクセサリーを身に着けるようなファッション性がiPhoneシリーズと調和します。こちらの製品もワイヤレス充電に対応しており、”本革仕様のワイヤレス充電機”も存在しています。筆者個人としてスペック的にもバッテリーの取外しが可能な同ブランドのヘッドフォン『Beoplay H9 3rd GEN』をオススメしたいです。

↑筆者も絶賛愛用中
引用:バング&オルフセン ジャパンオンラインストア

▼ 『MASTER&DYNAMIC』MW07 True Wireless Earphones ¥33,330

引用:MASTER&DYNAMIC

ピース本体にはアセテート素材用い、ハンドメイド仕上げで丁寧な加工がされています。ステンレス製のチャージケースも入念かつ丁寧に磨き上げられた職人が作るワイヤレスイヤホンです。IPX4等級に適合し、aptXのコーデックにも対応しています。工芸品の様な美しさがありファッションアイテムとしても活躍できます。

『iPhone8 シリーズ』の中古品相場価格

『iPhone8』の中古品相場

  • Yahoo オークション ¥28,250
  • ラクマ     ¥33,500
  • mercari       ¥40,200

『iPhone8 Plus』の中古品相場

  • Yahoo オークション ¥33,800
  • ラクマ     ¥39,000
  • mercari       ¥46,000

価格は通常モデルが中古品で30,000円近く、iPhone 8 Plusの方は39,800円台が平均的な価格の相場ラインとなっていました。また人気色の「(PRODUCT) RED Special Edition」モデルは中古品でも50,000円近くの値が掛けられているのを確認しています。オークションであれば40,000円台のラインから60,000円台近くまで上がった後に落札というケースも見られました。

本体ボディー部分の状態が良く、SIMロックフリーのモデルは+5,000円相当の値段になっています。※ ここでの価格帯は2019年11月17日時点での筆者調べによるものです。

『iPhone8』は値引率の高いアウトレットがオススメかもしれない

iPhone8シリーズは現在でもアップルストアで取扱い・販売が続いています。中古品の価格が30,000円~45,000円台、場合によっては50,000円を超えている現状を考えると、アップルストアで販売されている新品を買うのが正解かもしれません。もし、旧型モデルを所持している場合は相応の下取りサービスも受けらるので更にお得に購入できます。

引用:Apple

iPhone 8はIOSのサポートがまだまだ続きそう

iPhone 8は2019年9月20日リリースの最新版OS『IOS 13(アイオーエス)』をサポートしています。また、発売時期がそこまで離れていないiPhone Xで採用しているSOCプロセッサーと同型モデルを使用している為、iPhone XとiPhone 8の関係は切っても切れない関係性にあると言っても良いでしょう。

ちなみにiOS 13の更新では下記を筆頭に数多くの新機能が搭載される事になりました。

  • ユーザーインターフェースを暗くする”ダークモード”
  • Siriやショートカットアプリといったユーザビリティに関わる機能面の強化
  • WebサイトのログインにApple IDを使えるようになった
  • アップルの月額課金型ゲームサービス”Apple Arcade”への対応

筆者の憶測ではありますが、仮にiPhone 8のIOSサポートを終了する場合、同世代モデルのiPhone Xのサポートも打ち切らなければならなくなると予想しています。iPhone 8のユーザー数が世界的にも見ても膨大である事から、今後もしばらくはサポート供給が続くと思って良いのではないでしょうか。

『iPhone8』は64GBモデルを買うべきか?

iPhoneの機種を新しく変更しようする際、最も悩ませてくれるのはストレージの容量問題です。iPhone 8は今まであったストレージモデルが1つ減り、64GBか256GBの二択となってしまいました。また、価格が大きく変わってくるのも大きいところです。目安としては”現在自分が使用しているモデルのストレージ容量で満足に足りているか”という観点から判断するのが簡単です。

注意しておきたいのはiPhoneシリーズは全モデルが、micro SDなどのストレージ拡張ができない点です。その代わりにクラウドサービス等の相性は良く、今後もアップルとしてはmicro SDといった記録媒体スロットは設けないと言われています。その為、現在流行りの『Netflix』といった動画サービス、ゲーム・アプリのダウンロードで容量が厳しくなりそうな人は256GBを買うのが正解です。

『iPhone8』のSIMフリーについて

iPhone 8も大手3キャリア間のSIMロックが掛けられている為、他の格安SIMに乗り換える場合やキャリアの変更をする際には手数料3,000円を支払う事でSIMロックを解除する事ができます。

しかし、キャリア毎でSIMロック解除の条件があったりする場合も多いので注意が必要です。分割払いやプランの変更で安く購入するキャリアモデルですが、思わぬ所に落とし穴があるので、筆者としてはアップルストアで購入する事をおすすめしたいと思います。

レビュー・口コミ評価

iPhone 8の評判ですが、”ユーザー数が多い・安くてパフォーマンスが高い・防水防塵にワイヤレス充電対応に加えてiPhoneで最後の指紋認証機”という事で比較的満足度の高い製品になっています。Bluetooth5.0に対応、IOS13への更新といった部分も支持されている理由になっているかも知れません。

全体的に見ても口コミやレビューでの評判はとても高い製品でした。

まとめ:『iPhone8』はコストパフォーマンスに優れた優秀な1台

今の時期にiPhone 11以外の機種を買うのであれば、間違いなくiPhone 8も選択肢に入れて良いと思います。なお、iPhone 8の元々のパフォーマンスの高さから普通に使用していれば動作が重くなるといった事も起きないと思われます。スペック・デザイン・価格帯どれを取っても高水準にまとまったiPhone 8は、2018年に最も売れたスマートフォンと言っても過言ではない名機でした。

番外編:iPhone 8シリーズ買取価格・相場一覧

▼『 iPhone8 』発売日:2016年9月22日

64GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場: 35,000円
  • 中古品買取相場:25,500円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場: 33,000円
  • 中古品買取相場:23,800円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場: 43,000円
  • 中古品買取相場:32,300円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場: 41,000円
  • 中古品買取相場:30,600円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:42,000円
  • 中古品買取相場: 29,750円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:50,000円
  • 中古品買取相場:36,550円(端末の状態によって価格増減)

▼『 iPhone8 Plus』発売日:2016年9月22日

64GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場: 50,000円
  • 中古品買取相場:34,000円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場: 48,000円
  • 中古品買取相場:32,300円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 docomo 】

  • 未使用品買取相場: 60,000円
  • 中古品買取相場:39,950円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 au / SoftBank 】

  • 未使用品買取相場: 58,000円
  • 中古品買取相場:38,250円(端末の状態によって価格増減)

64GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:55,000円
  • 中古品買取相場: 38,250円(端末の状態によって価格増減)

256GB【 SIMフリー版 】

  • 未使用品買取相場:67,000円
  • 中古品買取相場:45,500円(端末の状態によって価格増減)
«