iPhone 6 / 6 Plusのジャンク品と不動品

2019/9/19

記事タイトル:iPhone 6 / 6 Plus


アイフォン6 / 6 Plusの機種を使用していた方も多いかと思います。

毎年、新機種を購入している方はもちろんのこと、特にiPhone 6 Plusは大画面でのスマホとして使用できたことから注目度が高かったです。

そのため、現在この機種を所有している方は中古品をお持ちの方がほとんどかと思います。

その中でも、中古品よりも買取価格が下がってしまいがちなため、なかなか売ることに踏ん切りがつかないという方が多いのがジャンク品です。

ジャンク品とは、通常の意味の通り壊れている品です。

ただし、アイフォーンの場合は動作には問題はないが壊れている品を主にジャンク品と呼びます。

例えば、本体に大きな擦れた傷があったり液晶画面に割れがあったりするものですね。

特に持ち歩いている際に落としてしまったりしたアイフォーンはジャンク品になってしまう可能性が高いですね。

ジャンク品の場合、修理もしくは部品の回収をすることで価値が出ますので買取は可能になります。

あまりにも売ることができなそうなアイフォン 6 / 6 Plusでも、相談をしてみれば思いの外高値で売ることができるかもしれませんよ。

iPhone 6 / 6 Plusの不動品とは?

iPhone 6 / 6 Plusの不動品とは、その名の通り動かないアイフォーンのことです。

アイフォーンでは少ないトラブルかもしれませんが、水没させてしまったりするとスマホや携帯は動かなくなってしまう可能性がありますよね。

このような品を不動品と呼び、売ることができないと思っている方も多いかと思います。

しかし、実は不動品のiPhone 6 / 6 Plusにも需要はありかなりの価値がある場合もあるのです。

家に不動品のアイフォーンがあっても仕方がないですよね?

そんな時は、買取専門店などに査定を依頼してみると良いでしょう。

家にあっても処理に困っていたアイフォーンが実は数千円〜数万円の価値を見出すかもしれませんよ。

«